akikan「初めの一歩」

”台風一過”本日快晴です。

全体表示

[ リスト ]

”猿飛佐助”を知ってますか?

本や時代劇では「猿飛佐助は上州との国境、信州・鳥居峠の麓付近(現真田町)で生れ、山中で猿を相手に育ったそうです。今でも峻厳な角間渓谷には佐助修業の地とされる場所がいい伝えられています。
 日本一といわれる忍術は甲賀流忍術の名人戸沢白雲斎から教わり、免許皆伝の腕前。巻物をくわえ、手で印を結べばたちまちドロンと姿が消え、豪傑や家康の家来たちをケチョンケチョンにしてしまう痛快なスーパースター」と言われて、昭和28年に刊行された「漫画本」や近代の「時代劇」にも数多く登場していますがその由来とは・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_21?20061023012459.gif 猿飛佐助・・架空の忍術使い(真田十士の一人)で大正期の大衆小説で有名 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_29?20061023012459.gif

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_21?20061023012459.gif 生みの親・・池田蘭子氏(没.昭和51年79歳・・今治市山方町「観音弾寺」に眠る) https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_29?20061023012459.gif

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_21?20061023012459.gif 名前の由来・・西日本最高峰「石鎚山1982m」のふもとにある「国定公園 面河渓・・おもごけい」の
     奥深い通称「猿谷山」にある”猿飛谷””猿飛橋”を思い出しながら創造した。 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_29?20061023012459.gif

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_39835631_15?20061023011339.gif なんと!その由来の地(場所)が我が「故郷」です。

イメージ 1 面河渓谷入り口に設置されてる案内図                            (小さくてゴメン!!)
イメージ 2 霊峰”石鎚山”毎年7月1日のお山開きには多数の登山者が訪れる。               詳細は⇒石鎚山で確認下さい。
イメージ 3 面河渓谷 通称「亀腹」雨上がり時は岩肌から水が流れています。                詳細は⇒面河渓谷で確認下さい。
イメージ 4 ”猿飛佐助”発祥の地記念碑                                 平成7年10月25日に完成                                    https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_7?20061023012459.gif
イメージ 5 ”猿飛佐助”の由来                                     平成2年12月12日愛媛新聞のコラム「四季」で紹介された                   https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_40670486_44?20061023012459.gif
イメージ 6 この奥地に「猿飛谷」「猿飛橋」がある。                           しかし現在は観光客はもちろん地元の人でも存在を知らない人が多く、その道も”獣道”となっている。                                               当然!関連グッズも販売なし。                                 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_39835631_23?20061023011339.gif


我が故郷が”スーパースター”の発祥の地(場所)と知り、 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3e/40/akikan3672/folder/1461541/img_1461541_39835631_9?20061023011339.gif

"時間とお金"がありましたら是非訪れて見て下さい。


場所は文中の⇒面河渓谷で確認下さい。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

私が若かりし頃、石鎚山と剣山の山頂に立っています。あの頃は馬力(バカ馬力)がありました。面河渓谷も訪れているはずです。空き缶さんの 故郷とは知りませんでした。来年の春は、四国に出かける予定にしています。お遍路さん(現在風スタンプラリー)を行なう予定。私も歳か・・??

2006/11/5(日) 午後 3:26 oldman

顔アイコン

bitaminさん>本当に石鎚山のてっぺんに立った(恥ずかしながら、私はまだてっぺんに立っていませんが)事があるんですか?!私も初耳です。来年は一緒に我が故郷に行きましょうか?もちろん四国八十八ヶ所の一つ「第45番札所岩屋寺」が近くにあります。

2006/11/5(日) 午後 5:23 akikan

顔アイコン

私は、四国の最高峰は制覇しています。大歩危小歩危も行きました。 かずら橋も渡りました。石鎚には、私が訪れた頃は、道も砂利道で、非常に古いバスが走っていて、国民宿舎で一泊した記憶があります。 確か、岩屋寺の近くには温泉がありましたよね?今も宿と温泉はあるのでしょうか? 今はきっと、道もよくなっている事でしよう。会社に入社した頃の五月の連休を利用して、登り、水の一杯入った重いポリタンを背負って登ったら、まだ、山頂には残雪が残っており、悔しい思いをしました。

2006/11/5(日) 午後 6:22 oldman

顔アイコン

bitaminさん>「国民宿舎 面河」は健在で、現在(昔)も部屋にはテレビが有りません。聞こえるのは川の流れと野鳥の声だけとか?!(これが結構人気だそうです)岩屋寺の温泉も健在です。こちらは結構「近代化?」しています。

2006/11/5(日) 午後 9:46 akikan


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事