あそうあきこの活動日記

【無所属】元 墨田区議会議員あそうあきこの活動情報「レッツトライ!すみだ」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

墨田区緑小学校で開催されている【いきいきスクール】において

「ヒラメキゲーム」について視察いたしました。


今回、講師として活躍していただいたのは

下町の発明王の【関場純先生】です。


イメージ 2


関場先生は、【生涯学習の実践者】【団塊の世代の星】
として、墨田区において活躍していらっしゃいます。
子どもたちと一緒に、私もゲームに参加いたしました。

関場先生のご指導のもと、ゲームの説明がおこなわれました。
私は【たし算九九はさみゲーム】にチャレンジしました!

イメージ 3


内容としては、ゲームをしていくうちに、あららっ不思議と自然に
「たし算とかけ算」が覚えられてしまうというボードゲームです。

イメージ 4


表面のボードで「1〜9までのたし算」ができます。
裏面のボードで「1〜9までのかけ算」ができます。
サイコロを使って出た数字をたしたり、かけたりしながら、コマをボード
にさしていきます。
自分のコマで相手のコマをはさみこむと自分のものとして獲得できます。
じっくり、コマの置き場所考えないと、たちまち「自滅」してしまいます。
ここで、頭を使って考えることが求められます。
最終的には、ボード上に自分のコマをたくさん残した人が勝ちとなります。
その他にも、面白そうなゲームがたくさんありました。
ぜひ、一度遊んでみてください。
きっと、ゲームに夢中になることでしょう!

イメージ 5

関場純先生

関場先生は、墨田区にある会社「ヒラメキ工房」を経営されています。
数々の素晴らしいヒラメキのもと、子どもたちのために楽しくて、
とても役にたつゲームの開発に携っています。
先生の思いが込められた「ヒラメキ工房」とはどんな会社なのか!?

以下は「ヒラメキ工房」HP(http://www.b-info.jp/hirameki/)
より引用しました。
イメージ 7

〜理念〜
いいゲームは教育に役立つし人との交流になります。
子供や自信喪失の人が能力以上の人に頭脳ゲームで勝つと
自信や勇気がつきます。
子供が大人に、弱い人が強い人に、たまには勝てる簡単な
頭脳ゲームを多数商品化し、教育界や世の中の多くの人に
喜ばれ感謝されたいと考えてます。

〜将来の夢〜
発明ゲーム商品を世界の人に使ってもらい、言葉の違いを
乗りこえて、仲良くなれる、世界ゲーム大会を開催したい。
アイデア提案の商品化実現工房として認知頂く。
提案ある方は気軽にご相談ください。

イメージ 6

《視察後記》

子どもたちがコロコロと笑いながら、一生懸命にゲームに取り組んで
いるその姿は、とてもかわいらしくて、あっという間に、時間が過ぎて
しまいました!私も久しぶりに楽しい時間を過ごさせていただきました。

関場先生から【いつまでも夢を持って生きること】を学ばせていただきました!

一生懸命にゲームの説明をして、キラキラと輝く瞳で、子どもたちと共に遊び、
楽しんでいる先生の姿から「永遠の少年」を感じ、とても印象的でした。

純粋な心を持ち続け、夢を実現させていく行動力はすばらしいと思います。

発明家の仕事とは、たくさんのステキなアイデアを実現させ、みんなに明るい
笑顔と楽しい時間を与えていくことだと知りました。
 
関場先生の活躍は、週刊スパなどの雑誌にも取り上げられています。
雑誌の中で、関場先生は「ゲームはルール作りが発明そのもの」と、
おっしゃっていました。
まさにそのとおりだと思いました!

関場先生考案のゲームは、子どもたちに夢を与えることができて、現代に
希薄になってしまった、人と人とのコミュニケーション能力を楽しみなが
ら、自然と育むことができるのではないかと思います。

あそう あきこ

この記事に


.


みんなの更新記事