秋工レーシング〜夏のレース、第1弾!ミニ電気自動車レース開催!!

7/14ミニ電気自動車レース(MEVR大会)in横手市雄物川河川公園!21周の新記録と5連覇を目標に頑張ります!!

MEVR大会〜速報

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

7月14日(日)
第9回ミニ電気自動車レース(MEVR)大会

無事終了しました。

上位3台がパンクに見舞われましたが、秋工レーシング1、5連覇達成です!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新入部員レポ3

イメージ 1

イメージ 2

こんにちはオムレツです。

今回はスプリッタの製作をフライス盤でしました。

まず、フライス盤で形を縦12mm、横30mm、高さ25mmに整えました。

次に、M4、M5、M6、M7の順番で下穴を開けました。
M4だけは貫通させて、M5、M6、M7は深さ10mmの下穴になるようにしました。
最後に、M8の細目のタップでねじ切りをしました。

今回は初めてのスプリッタ製作でしたが、あまり上手くできませんでした。
下穴の位置がズレたり、スプリッタ自体の形を正確に整えることができなかったからです。

次回製作するときはもっと正確にできるようにしたいです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新入部員レポ2

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こんにちは、ゼロです。

今回は、通称、キノコの製作でミニ旋盤とタップをしました。

旋盤では、右片刃で目的の寸法にすることが、出来ました。
また、下穴を開けるために旋盤のドリルチャックで4个侶蠅魍けました。
ドリルがぶれることなくセット出来て、丸棒の中心に上手く穴を開けることが出来ました。

最後の、ネジ切りでは5个諒駄椶離織奪廚鮖箸い泙靴拭
タップが斜めることがなく最後までネジ切りをすることが出来ました。

今回はすべての作業を失敗することなく終わらせることができて良かったです。
早速、車体のフレームとカウルの固定に使用してもらいました。

2号車は昨年までの橋渡しのカーボンハニカムを取り除くことができたので、180cmのドライバーも搭乗できます。

今後の作業も失敗しないように気を付けていきたいと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新入部員レポ1

イメージ 1

イメージ 2

こんにちは ユーグレナです

自分はロッドエンドの製作をしています。

ロッドエンドはカーボンで、その先のアルミのネジ部分を作っています。

まず、丸棒を50mmくらいの長さに糸ノコで切りました。

つぎに50mmに切った丸棒をミニ旋盤で端面を整えました。
そして、直径6.1mmになるように右片刃バイトで切削しました。

そして万力に垂直になるように挟み、M6のダイスで右ネジを切りました。

垂直になるように水準器を使ってセットするのが難しいと思いました。

出来たロッドエンドはハンドルのステアリングに使用します。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

管理人です。

燃料電池始めましょう!

なぜかというと、秋田、長野、宮崎など18県の高校に支給決定しました!!

ここまでの支給計画に御尽力いただいた方々に感謝申し上げます!!!

3年間で全ての都道府県にレース用燃料電池が配置済みに。


3年後、2022年に平坦コースのWEM秋田かMOTEGIスーパースピードウェイで
「全国FC甲子園」を開催できれば幸いです・・・?!!!?

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

環境大臣表彰式

イメージ 1

地域環境保全環境大臣表彰

受賞しました。

多くの方々のおかげです。
感謝申し上げます。

これからも応援よろしくお願いします。

部員、一同より

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

管理人です。
本日はFeO君と明日12日の表彰式に出発しました❗

折角の上京です。寄り道、近道、遠回り、静岡県経由です。

今日の工業化学科の授業4時間の変わりに、3時間以上みっちりと実験をおこないました。
新しい産学連携の誕生です❗

今日訪問した企業は10年前に「環境大臣表彰」を授賞しています。
何かEco繋がりを感じています。

梅雨入りの大雨の予報の昨今、明日の表彰式が未来への安心感に繋がれば👍
青少年の団体の授賞の増大を願っています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

管理人です。

「環境大臣表彰」

6月5日付で正式に決定しました。(今朝の秋田さきがけ新聞にて知ることができました!)

当日は読売新聞「おらほ」の取材中でした。

秋工は
ソーラーカーチーム発足は26年前。
燃料電池で16年。
現体制で14年。
単3型乾電池は8年。・・・ついに今年はEne-1 GP MOTEGIへ。

まさに、「継続は力なり!」
創立115年。ラグビー部95年。には及びませんが、
EV、FC、Ecoの研究は永遠と思います。

これからも変わらぬ応援をお願いします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

秋田県高校生エコカー実行委員会では、レースの安全性の向上と製作技術の向上のために講習会を開催しています。

今回は新入部員3名のレポートを紹介します。

新人1号
今回の講習会でUDプリレグによるアングルとラテックスタイヤチューブの作り方を知れて楽しかったです。
ラテックスタイヤチューブが思っていたより頑丈だったので驚きました。
次回はハニカムカーボンパネルの作り方を知りたいです。


新人2号
こんにちは。
講習会に参加して安全な車を作りたいと思いました。
カーボンの材料についていろいろと知ることが出来ました。
転がり実験からタイヤの空気圧を高くするとよく進むことが分かりました。
講習内容のペースが早いのでもう少しゆっくりやって欲しいと思いました。
実演がとてもわかりやすかったのでもっと増やしてほしいと思いました。


新人3号
6月1日に行われた講習会でカーボンの種類やカウルの製作などをやりました。
カーボンの種類によって使い道が違うのが分かりました。
またカーボンを重ねて圧力を上げたり、加熱すると強度が増して硬くなったり、性質が違うようになることが分かりました。
いろいろなものの製作の仕方が分かったので、今後持つ続けてやっていきたいと思いました。
さらに運転中の危険なことや気を付けないといけないことを学びました。
また、タイヤチューブの製作など、いろいろな製作の仕方が分かったのでこれを今後の活動に生かして安全でより良い車を作っていこうと思いました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新ハブ製作

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

お久しぶりです。
ハシビロコウです。

私はWEMの後、新しいハブの製作をしていました。

ハブの製作には旋盤を使いますが、1年生の時に授業で習った内容だけでは完成させることができないので、先生に教わりながら練習をしました。

練習の際は実寸より全体が10mmずつ小さいものを製作しました。
練習用は2つ作りました。
その2つでしっかりと感覚と流れを掴み、本番を迎えました。

初めに右用ハブを製作しました。
平日の作業時間はあまり長くないため、火曜日から初めて金曜日に完成しました。
合計すると約4時間半での完成です。

右用が完成してすぐ左用の製作にかかりました。
これは金曜の午後から始めて土曜日の午前には終わり、約3時間半での完成になりました。
作業を繰り返していくうちに慣れていき、早く正確な製作をできました。

また、過去のハブは芯のブレが見られたため、それを少しでも減らすためにセンターを当てて作業しました。
結果、今までのものよりもブレの少ないものができたのではないかと思います。

ハブ全体が完成したあとは、タイヤ、ブレーキディスクを固定するための穴あけ、ねじ切りをしました。
実際に物を合わせながら行い、ズレが出ないようにしました。
始めに右用にねじ切りをして合わせてみました。
タイヤは問題なく入ったのですが、ブレーキディスクがギリギリの状態になりました。

次に左用にネジを切り、はめてみました。
結果タイヤもディスクも寸分の狂いなくはまりました。
次にベアリングの装着をしました。
過去のものはハブの穴が広く、ベアリングが抜けやすい状態になっていたので、今回はギリギリを狙って製作しました。
左右4ヶ所はめてみると抜けてくることなくはまりました。

これで完全にハブが完成しました。
ハブの製作を通して、より正確に作業をする癖が着いたのではないかと思います。
1個目より2個目の方が精度がよかったので、今度からは1個目から精度を出していきたいです。

次はアップライトを製作する予定です。
フライス盤は使用経験がないため、先生に教わりながらの製作になると思いますが、確実な作業を心掛けて良いものを作りたいです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事