ケセラセラ

『目の前の川から一つずつ渡るしかない』

全体表示

[ リスト ]

 平成25年5月11日(金)
H24年2月24日(日)の写真
イメージ 1
正式に、里親に決まった。
翌日の「くぅちゃん」の映像(H25.2.24)
我が家に来て、15日目。(里親決定の翌日)
 
 
「くぅちゃん」との深い深い縁?
不思議なことに、「くぅちゃん」は、18年前に、私の元に一度来ていた。
 
年3月中旬に、娘(三女)に電話した時の事。
私:また、猫ちゃんを飼う事にしたョ。
娘:どんなネコちゃん?
私:1歳半のメスの黒猫ちゃん、里親として貰い受けたョ。
娘:名前は、何ちぃ言うん?
私:クーちゃん(屋外で保護された時)⇒くぅちゃん(里親探しをしている時)⇒
   「くぅちゃん」(私の所に来た時)と、言うんョ。
   初めてこの子の名前を、聞いて頭に浮かんだのは、
   【色即是】のと言う文字だったョ。
娘:エー、
  18年前に、お姉ちゃん(長女)が、生まれて間が無いネコの子を、保護して   きた時に、「そら()」ちゃんと名付けたんョ。
  おぼえとる?
私:名前を付けたっけ?
   全然、記憶に無い。
娘:せっかく生まれて来たのに、名前が無いなんて可愛そう!
   と、言うことで三人(3人娘)で、名前を付けてあげたんョ。
 
 
*********************************
実は、
このネコの子は生まれたばかりのようで、雨でずぶ濡れに成っていて、低体温に成って震えていた。
ぬるま湯につけ暖めて、毛布生地に包み込んだ。
ミルクを、与えたが吐いてしまった。
 
あれは、もうじき夏を迎える準備をしている、梅雨の雨上がりの朝だった。
はっきり憶えている、長女からのS・O・Sの電話だった。
残念だが、3日目に誰にも見取られずに、深夜に「虹の橋」を渡ってしまった。
亡くなる事を予測していたのか、娘達は「そら()ちゃん」と名付けて、
生前に呼んで励ましていたとのこと。
亡骸は、長女と一緒に保護した所に、深く穴を掘り葬った事を、
昨日のようにハッキリ思い出した。
*********************************
 
娘:キットその子は、
  「そら()ちゃん」で、パパの所に舞い戻って来たんやないん?
私:そうかなー????
 
 
「くぅちゃん」との出会いは、不思議なくらい絶妙なタイミングだった。
あの日、あの時(あのタイミング)、あの場所(わんにゃん譲渡会)で、JINNYさんとTAMAさんと言うA・R・N(アニマル・レスキュー・ネットワーク)方に、出会わなければ「くぅちゃん」と出会う事が、無かっただろう。
また、野良猫だった「くぅちゃん」を、”ご○○さん”が保護しなければ、そして先住猫ちゃんと相性が悪くて、A・R・N(アニマル・レスキュー・ネットワーク)に、里親探しを託さなければ、「くぅちゃん」とは、出会わなかった。
「くぅちゃん」の里親探しは、難行していて私が”里親候補”3人目だった。
(私と出会う前に、保護主さんを経て里親探しで、2度相性が合わなく上手くいかなかった)
実は私は私で、この出会いの前に、
知り合いから(他県)子猫を、譲り受けるように成っていたが、
私が体調を崩し急きょ入院と成ってしまった。
直ぐに譲受けに、行く事が出来なくなってしまった。
入院しなければ子猫(他県)を、迎えに行っていた。
(わんにゃん譲渡会には、行かなかっただろう)
退院後、自宅療養している時に、
「私は今、長距離を運転する事が難しい」と感じていた。
(最終的に、この猫ちゃんとは縁が無かった。)
たまたま”市政だより”を、読んでいたら”わんにゃん譲渡会”を知った。
近くだったので、出かけるようにした。(とにかくネコに、触りたかった)
 
 
わんにゃん譲渡会で、
「くぅちゃん」の生い立ちを聞くと、私に良く似ていた。
この子が、私を受け入れてくれたら「里親に成ろう!!」
それから、
再開したのは、約2ヶ月後だった。
「里親に成れるか」お試しのトライアルでした。
(私の自宅にて、2週間一緒に生活をします)
再開時に直感で、『この子は、私と供にする相棒だ!』
 
イメージ 2

閉じる コメント(6)

アバター

とにかく、何が一番言いたいのかって、くぅちゃんが大好き☆でしょ。
これからもっと絆が深まるのかな(^−^)

2013/5/11(土) 午前 11:21 ☆ k i y o ☆ 返信する

顔アイコン

こんにちは☆
そういう経緯があったんですね
何事にも”縁”ってあるんだと思います。
不思議ですよね…
子龍さんとくぅちゃんの出会いは運命を感じます
出会うべくして出会った…過程がちょっときついけど
今が幸せなら結果オーライですよ

2013/5/11(土) 午後 1:00 [ もーちゃん&ちびちゃん ] 返信する

顔アイコン


KIYOちゃん、いらっしゃい

そうね〜、「くぅちゃん」・・・かわいいよネ。
ただ、それだけ・・・・かな
これから10年、20年の付き合いに成るからネ。

2013/5/12(日) 午前 0:39 [ 子龍 ] 返信する

顔アイコン


もーちゃん&ちびちゃんママさん
いらっしゃい

運命かは、良く解りません。
無理やりこじつけたのかもです。
記載した以上に、まだまだ縁を感じる所を、かなり飛ばしました。

生きていて、人との出会いは一期一会と言いますが、ただすれ違った人、影響を受けた人そして、影響を受けた動物達を大切にしたいナ。
少なくとも自分の周りの人達には、幸せに成ってほしい。

「くぅちゃん」も私も廻りに、溶け込めないんですョ。
私達は、良く似てますネ。
だから相性が、良いのかもです。

2013/5/12(日) 午前 0:55 [ 子龍 ] 返信する

顔アイコン

くぅちゃんは子龍さんと一緒にのびのびと過ごす毎日が一番うれしくて幸せなのです。 よかった、よかった
ご縁はほんとに不思議なものだし、大事にしなければならないもの。
こじつけかもなんて思いません。運命とはそういうものかもしれないと思います

2013/5/12(日) 午後 4:29 jin*y5*j* 返信する

顔アイコン


JINNYさん、いらっしゃい
コメントの書き込み、ありがとう


『くぅちゃんとの縁と記憶』

何気ない過去の遠い記憶が、
何気無い状況の中で、時と場所を選ばず
フラッシュバックしてきます。

それが、途切れ途切れで、
ランダムに、記憶が蘇って来るのです。
ある時は、ダムが決壊したように、
怒涛のごとく押し寄せてきます。

それは、突然な出来事で訳も解らず
逆らわず、ただじっと埋没するのです。
幻術にでも、かかったかの様に我を忘れて、
ただ呆然と虚空を、伺うしか無いのです。

生きるとか死ぬとか、どうでもいいのです。
ここに「くぅちゃん」と「わたし」が居る。
今はただ、それだけなのです。
深く考えず前進するのみ

私に「くぅちゃん」を、届けて下さった方々に、
この出会いを、深く感謝し大切にしたいです。
ありがとう

2013/5/12(日) 午後 6:55 [ 子龍 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事