全体表示

[ リスト ]

Office2010の新機能としてSKYDRIVEに直接保存する機能があります。
操作方法は以下の通りになります。

イメージ 1

「ファイル」メニューより「保存と送信」を選び、「Webに保存」を選びます。
そして、「サインイン」を選びます。

イメージ 2

ここでWindows Liveに登録している「電子メールアドレス」と「パスワード」を選びます。
そして、ここで問題なのですが、いちいち保存のために両方を入れるのはめんどくさいなどの理由で「自動的にサインインする」にチェックを入れ、「OK」を押すと、SkyDriveのログオン状態が保持されます。
この記録はExcelで行ってもWordで行っても一度すればOfficeすべてのソフトで記憶されます。

イメージ 3

しかし、ここで「自動的にサインインする」を選ぶと別ユーザーでとログオンするもしくはログオフのコマンドが見当たりません。

この件は仕様が変更になりました。
詳しくは下記のページを参照してください。
Office2010でWEBに保存で別ユーザー名でログオンする2
http://blogs.yahoo.co.jp/akio_myau/41664812.html


正規の方法とは言えませんが、とりあえず、回避方法が見つかりましたので案内します。

イメージ 4

エクスプローラを起動し、「整理」より「フォルダーと検索のオプション」を選びます。

イメージ 5

「表示」タブを選択し「隠しファイル、隠しフォルダー、およびドライブを表示する」を選びます。

イメージ 6

続けて、下のほうにある、「保護されたオペレーティングシステムファイルは表示しない」のチェックを外し、「OK」を押します。

イメージ 7

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Credentials
を開き、中身のファイルを削除するか、移動します。
どういう副作用があるかわからないので移動をお勧めします。

あとは、Windowsを再起動すれば
サインイン画面が出るので別のユーザーでログオンできるようになります。

当面は「自動的にサインインする」にチェックをつけないことをお勧めします。
なお、この画面で設定しなくてもWindows Liveを使うプログラムで同様なことをした場合にもこの現象が発生しますので注意が必要です。


開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事