全体表示

[ リスト ]

今回はWindows XP Professionalに作成した共有フォルダーをWindows 8 Professionalから参照する方法について書きます。
逆にWindows 8のフォルダーの参照は下記のページを参照してください。
http://blogs.yahoo.co.jp/akio_myau/44851643.html

既にWindows XPの環境では共有が出来ていることを前提に話を進めます。
Windows 8ではデフォルトとではマイクロソフトアカウントをユーザーとしていますので、そのままだとWindows XPやVista 7などとのアカウント名を使ったパスワード共有は出来ません。(Windows 7との間ではホームグループを使う方法はありますが)
そこでWindowsの資格情報を使うことにより、マイクロソフトアカウントのままでもWindows XP等に接続できるようにします。

まず、コントロールパネルを開き、「ユーザーアカウントとファミリーセーフティー」を選びます。

イメージ 1

「Windows 資格情報管理」を選びます。

イメージ 2

「Windows 資格情報」を選びます。

イメージ 3

「Windows 資格情報の追加」を選びます。

イメージ 4

ここで、インターネットまたはネットワークのアドレスには
\\接続したいコンピュータ名

ユーザー名には、接続先にあらかじめ作成したユーザー名
パスワードには、接続際にあらかじめ作成したユーザー名に対応するパスワードを入れ
OKを押します。

イメージ 5

以上の作業で、Windows XP等に接続できるようになります。
なお、Windows XP等が見つからない場合には、ネットワーク探索が無効になっている可能性があるので、ネットワークと共有センターの共有の詳細設定でネットワーク探索が無効になっていないか確認してください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事