全体表示

[ リスト ]

Hyper-Vでネットワークの無い環境や、Hyper-Vで認識でない無線LANアダプターを利用している環境などの場合、仮想環境内部でネットワークを作りたい場合や無線LAN環境のインターネット共有かけHyper-Vで利用する場合などLoopbackアダプターを利用すると便利です。

Loopbackアダプターを作成するには以下の方法を取ります。

コンピュータを右クリックしてコンピュータの管理を選びます。
システムツールの中のディバイスマネージャ―を選択します。

イメージ 1

デバイスマネージャーを選択したら右側のウインドウでコンピュータ名を右クリックします。

イメージ 2

「レガシーハードウェアの追加」を選びます。

イメージ 3

そのまま「次へ」を選びます。

イメージ 4

「一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)」を選び、「次へ」を押します。

イメージ 5

「ネットワークアダプター」を選択して、「次へ」を押します。

イメージ 6

「製造元」−「Microsoft」 「ネットワークアダプター」Microsoft KM-TEST LoopBack Adapter」を選択し、「次へ」を押します。

イメージ 7

そのまま、「次へ」を押します。

イメージ 8

インストールが終わったら「完了」を押します。

これで設定は終了です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事