全体表示

[ リスト ]

DaRT8を使ってみる

昨日までの作業でDaRT8のDVDが出来上がったので今回はDaRTを実際に起動してみました。

DVDをセットし、DVDからブートすると以下のような画面が出ます。
メッセージ的にはバックグラウンドでネットワークに接続を初期化するか聞いているので必要に応じて「はい」もしくは「いいえ」を選びます。

イメージ 1

次はキーボードレイアウトの選択ですので「MIcrosoft IME」を選びます。

イメージ 2

オプションの選択では、「トラブルシューティング」を選びます。

イメージ 3

「Microsoft Diagnostics and Recovery Toolset」を選択しDaRTを起動します。

イメージ 4

DaRTを使って修復するOSの選択ですので「Windows 8」を選択します。

イメージ 5

DaRTでは32ビットと64ビット用があるので間違えて起動すると使えない機能は一部黒くリンクの無い状態で表示されます。

イメージ 6

上が32ビットのOSに64ビットのDaRTを起動した例、下の図が32ビットで32ビットのDaRTを起動した例です。
Remote Connectionは作成時に指定しなかったので黒く表示されています。

イメージ 7

「Registry Editor」を起動すると以下のようにレジストリーエディターが起動します。
通常のWindows上から起動するレジストリーエディターを起動した場合との違いは、英語版が起動することとログオンはしていないので、「HKEY_CURRENTUSER」がありません。「HKEY_USERS」の中を作業する形なります。

イメージ 8

「Locksmith」はローカルのユーザーのパスワードを強制的に変更するツールになります。
ドメインユーザーやMicrosoftアカウントのユーザーのパスワードは変更できません。
ウイザード形式なっているので、そのまま「Next」を選びます。

イメージ 9

変更したいユーザー名を選び、新しいパスワードを2回入れ、「Next」を押します。

イメージ 10

「Finish」を押して完了です。

イメージ 11

「Crash Analyzer」はSTOPエラーが出て、クラッシュダンプファイルが作成された場合にその内容を解析します。
通常であれば、「%SystemRoot%\MEMORY.DMP」に保存されます。

イメージ 12

「File Restore」は削除ファイルの復活ツールになります。
サーチする場合にはワイルドカードも使えます。
ただ、気を付けないといけないのはドライブレターが必ずしも普段起動しているWindows のドライブレターと同じとは限らないことです。むしろ、本来隠しとなっているブートの領域なども含まれるのでずれているのが大半だと思います。Explorerを起動して事前に確認したほうが良いでしょう。

イメージ 13

ファイルが見つかったら、該当のファイルを右リックしてCopy to Folderを選べば、コピーすることが出来ます。
イメージ 14

「Disk Commander」はパティションテーブルが破損した場合やマスターブートレコードの破損した場合、また、パーティションテーブルのバックアップとリストアに活用します。
ウイザード形式ですのでそのまま次へを選びます。

イメージ 15

上から順に
MBRまたはGPTのリストア
削除されたボリュームの復旧
Disk Commanderでバックアップされたパーティションテーブルの復旧
Disk Commanderでパーティションテーブルのバックアップ
というところになります。

イメージ 16

「Disk Wipe」は不要になったハードディスクの消去に使います。
ボリュームもしくはディスクを指定し、1回もしくは4回の消去を行います。

イメージ 17

「Computer Management」はいわゆるコンピュータの管理画面です。
システムインフォメーション、イベントビューア、自動起動、サービスとドライバー、ディスクの管理を行うことが出来ます。

イメージ 18

「Help」はそのままヘルプ機能です。
英語が得意な方ぜひ翻訳を。

イメージ 19

「Explorer」はそのままエクスプローラーです。

イメージ 20

「Solution Wizard」はウイザード形式の問題解決ツールになります。

イメージ 21

解決したい問題を選択してNextで進めていく形なります。

イメージ 22

「TCP/IP Config は」ネットワーク接続のためのTCP/IPの設定画面になります。

イメージ 23

「Hotfix Uninstall」はWindows Update等の更新プログラムの適用後起動しなくなった場合に使うアンインストールツールになります。

イメージ 24

アンインストールしたいHotfixを選択して、Nextを押しアンインストールを行います。

イメージ 25

「SFC Scan」はシステムファイルが破損したものを自動的に検出して修復を実行します。

イメージ 26

自動もしくは起動時にエラーが出ているようなケースでは手動で修復を実行します。

イメージ 27

「File Search」は通常の検索機能になります。

イメージ 28

「Defender」は、Windows 8では悪意のあるファイルだけでなくウイルスもスキャンする機能も持っています。
ウイルスのために起動できなくなっている状態でも使えるので便利です。

イメージ 29

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

記事を拝読しました。Windows 8 を使っているのですか。買い替えをした方には参考になる内容です。 削除

2013/6/3(月) 午前 9:36 [ ハードディスク◆復旧 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事