全体表示

[ リスト ]

なんの因果かAccessのDBを作ることになってしまったためその中で気が付いた忘備録です。
今回はDLookup編です。
他のテーブルを参照して入力するような場合に使いますが
通常はクエリを使って、そこから使うほうが動作は早いと思いますが
参照するテーブル同士が他対他で、複数条件になってしまう場合使うと便利かもしれません。

さて、今回はまってしまったのがDLookupを使った際に2つの現象に悩まされました。
通常
=DLookup("[参照するフィールド名]","[テーブル名]","条件式";)
複数の条件式を使う場合にはAndで条件式を結びます。

最初に現象は、正しい式を入れているつもりがなんどやっても
#NAME!のエラーになってしまったのです。

結論から言うとフィールド名やテーブル名などの[]の前後にスペースが入ってしまっていたりするとエラーになります。式ビルダーで参照しても勝手に入ってしまうことがあるので注意が必要です。

もう1つは、複数の参照式を入れているの一方だけしか参照しなかったのです。
これは参照するテーブル名が参照元も参照先も同じテーブル名にしてしまったためで
[テーブル名]![フィールド名]=[フィールド名]で
どうやらどちらも同じフィールド名を参照していたようです。

テーブル名などをつける場合には必ず別の名前を付けたほうがいいようです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事