全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全163ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大量展開等の場合、1台1台、ドライバーをセットアップするのは大変である。すべて同じプリンターを使用するのであればマスターのイメージにプリンタードライバーをインストールして展開すればいいが部署ごとに異なるパターなどにはそうもいかない。
バッチファイルでインストール出来れば、スクリプトの組み合わせでホストごとや部署ごとに展開などできます。

プリンターのインストールには主に3つのスクリプトを使います。
なお、これらは必ず管理者として実行で実行します。

まずは、最初にプリンターポートの作成です。

CScript C:\Windows\System32\Printing_Admin_Scripts\ja-JP\prnport.vbs -t -r <ポート名> -h <IPアドレス> -o raw -n 9100

ここでは、USBやローカルポートの場合には使用しません。


次は、プリンタードライバーのインストールです。

cscript C:\Windows\System32\Printing_Admin_Scripts\ja-JP\prndrvr.vbs -a -m "プリンタードライバー名" -v 3 -i "フルパスでINFファイルの場所を指定"

ここが一番失敗しやすい場所です。既にドライバーが入っている場合などは不要で、USBプリンターの場合にはこれだけを設定します。

最後がプリンターの追加

CScript C:\Windows\System32\Printing_Admin_Scripts\ja-JP\prnmngr.vbs -a -p "プリンター名" -m "プリンタードライバー名" -r <ポート名>

ポート名の部分はネットワークプリンターであれば、IPアドレスが入り、ローカルポートの場合には LPT1: のような形で入ります。
USBプリンターの場合にはドライバーのインストールさえインストールされていれば、USBで接続すれば勝手にプリンターは追加されます。


さて、失敗しやすいポイントとしてはドライバーのインストールの際でよくあるのは
エラーコード 57
ドライバーファイルの指定した場所に適切なプリンタードライバー名がない場合に出ます。

プリンタードライバー名は" "で囲われた部分が該当します。下記の場合、FX DC-VIC7771 PSPX72 PDF h2が該当します。

[FUJI_XEROX_PDFDriver.NTamd64]
"FX DC-VIC7771 PSPX72 PDF h2" = INSTALL_PDFDRIVER_FILTER_PRE_VISTA_64, LPTENUM\PDFDriver_Printer

また、プリンター名は任意で付けられますが、( )は使わないこと、かっこなど使いたい場合は【】で代用しましょう。



もう1つはプリンター ドライバーを追加できません エラー コード -2146500030

これは、WHQLに対応していない場合で残念ながらこの場合はスクリプトでは難しいようです。

イメージ 1

Outlookでアドインの設定を変更しようとしたところ、「終了日を開始日の前に設定することができません」のメッセージが出て、変更ができない。
調べてみると、Outlookのオプションの設定で予定表を選ぶと
稼働時間の部分の開始時刻が終了時刻より、遅い時間が設定されていた。

これを修正することで問題は解決したのだが、あとから元の開始時刻を終了時刻より後の設定をしようとしたが同じエラーメッセージで設定できない。

設定できないものがなぜ、そのような設定になっていたかは不明だ。
そもそも、メッセージを「終了時刻を開始時刻の前に設定することができません」の方が適切な気がする。

なんの因果かAccessのDBを作ることになってしまったためその中で気が付いた忘備録です。
今回はDLookup編です。
他のテーブルを参照して入力するような場合に使いますが
通常はクエリを使って、そこから使うほうが動作は早いと思いますが
参照するテーブル同士が他対他で、複数条件になってしまう場合使うと便利かもしれません。

さて、今回はまってしまったのがDLookupを使った際に2つの現象に悩まされました。
通常
=DLookup("[参照するフィールド名]","[テーブル名]","条件式";)
複数の条件式を使う場合にはAndで条件式を結びます。

最初に現象は、正しい式を入れているつもりがなんどやっても
#NAME!のエラーになってしまったのです。

結論から言うとフィールド名やテーブル名などの[]の前後にスペースが入ってしまっていたりするとエラーになります。式ビルダーで参照しても勝手に入ってしまうことがあるので注意が必要です。

もう1つは、複数の参照式を入れているの一方だけしか参照しなかったのです。
これは参照するテーブル名が参照元も参照先も同じテーブル名にしてしまったためで
[テーブル名]![フィールド名]=[フィールド名]で
どうやらどちらも同じフィールド名を参照していたようです。

テーブル名などをつける場合には必ず別の名前を付けたほうがいいようです。
どうも最近IEがすぐに重くなる。
タスクマネージャーでプロセスを確認すると
1GBを超えている場合すらある。
IEの設定をリセットしても状況は改善されずどうにかならないかと思っていた。

ようやく解決方法を見つけたようなので書き込みます。

ツールのインターネットオプションで詳細設定を選びます。
ブラウズの項目の「パフォーマンスを最適化するためにサイトとコンテンツをバックグラウンドで読み込む」のチェックを外し、OKを押します。

イメージ 1

一旦、IEをすべて閉じ、再度起動してください。

原因としてはパフォーマンスをよくするための先読み機能が悪さしているらしい。
最近のホームページは広告なども多いのでその辺も影響しているのかな。
格安Androidを販売しているBLUEDOT社製のポータブルDVDプレーヤーBDP-1718Wを使ってみた。
製品情報はこちら
https://www.bluedot.co.jp/products/bdp-1718w/

税込1万円を切る価格ながらDVDやCDの再生だけでなく、USBメモリーやSCカードの再生も出来、リモコンも付属になっています。

まず電源を入れた時、Andoidタブレットの壁紙と同じ画面が出たのでOSはAndroidかなと思いました。
DVDをセットすれば自動的に再生が始まり、パネルやの表示も日本語で出ているので操作に迷うことはないかと思います。
映像も音声もそれなりのクオリティを持ち、AV端子も持っているのでテレビに接続すれば大画面でも見ることも可能です。どうせなら、HDMI端子を持っていればなあとは思いますが。

USBメモリーは自動的に再生できるものを探してくれるのではなくフォルダーを選択して画像や映像などを再生する形なります。プログラムなど関係ないファイルが入っていても特に誤動作はしないようです。

液晶画面は縦方向に180度動いてフラットになるものの左右方向には左右に90度しか回転しないので、どうせなら360度回転すればなあと思いました。

リモコンに注目してみると本体のボタンより数も多くこちらのほうが操作は操作が楽だと思います。
リモコンをなくさないように本体に差し込めれば便利なのだろうな。

3.5時間の充電で4時間の連続再生できるので映画約2本分くらい再生できるので充電性能も十分だと思います。

全163ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事