HCV(C型肝炎ウイルス)との闘い♪

長期間滞在していたHCV(C型肝炎ウイルス)が、無事巣立ってくれました〜♪

全体表示

[ リスト ]

3つ前の記事の 2)で紹介した国府台病院の講演会を聞いてきました〜♪

毎度のことながら、中味の濃い充実した内容の講演会でした。ちなみに次回は6/13らしいです。
いつものようにエッセンスを紹介いたします。なお、⇒は私の意見です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日時:2015年3月14日(土) 14:00〜16:00
場所:国立国際医療研究センター国府台病院: 肝炎免疫研究センター研修室A
プログラム
 1.「脂肪肝と非アルコール性脂肪肝炎の食事療法」〜 無理なく継続していくための進め方 〜
   栄養管理室・主任栄養士 古田 雅 先生
 2.「C型肝炎治療後の肝臓はもう大丈夫?」〜 HCV最新治療と忘れてはいけない生活習慣病 〜
   肝疾患研修室長 是永 匡紹 先生
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●まずは、古田先生の食事療法のお話から
・適切なエネルギー:身長165僂濃纏が軽作業なら1日1500Kcalが目安
・脂肪を抑える:同じ豚肉でも脂量が違う。ヒレ<もも<ロース<<バラ。バラは1/3が脂
          油の使用量を減らすには、茹でたり電子レンジで前処理するのが効果的
          健康に良いという油(エゴマ油など)も、1gあたり9Kcal。摂りすぎはだめ。
・献立の組合せ:主食(ご飯、麺)1種類、主菜(肉、魚)1種類、副菜(野菜)2つを目安に
          野菜は緑黄色野菜だけでなく、海藻、キノコ、コンニャクも含む
・鉄制限:C型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎患者のうち、肝貯蔵鉄が多い人は鉄分を控える
      でも、肝貯蔵鉄(フェリチン)が多くない人や、肝炎が治った人は、鉄制限は不要!
・運動:運動によるエネルギー消費はごくわずか。やはり食事に注意することが大切。

⇒1日1500Kcalとは驚きです。糖尿病食(1600Kcal)でも摂りすぎなんですね。
  ごま油や魚油は体によいといわれますが、余分に摂ればカロリー源。控えた方がよさそうです。
  C型肝炎が治った人は、鉄制限してはいけません。貧血になります。鉄分を摂りましょう。

古田先生の資料抜粋(左から適切な摂取エネルギー、肉の脂分、油を摂りすぎない、献立の組合せ)
イメージ 2


●次は、是永先生のHCV最新治療のお話から
 ◆ダクラタスビル/アスナプレビル(ダクラ/アスナ)について
 ・1月初旬の時点で、約15000人がこの治療を開始した。
 ・肝機能異常(ALT上昇)は開始時から終り近くまで起こる可能性があるので要注意。
 ・シメプレビル3剤治療で再燃した場合、すぐにこの治療始めると再び再燃する確率が高い
 ・IFN治療が効きにくい患者は、著効率がやや低い傾向にある。理由は不明。
 ・事前のNS5A耐性(L31またはY93)の有無によらず、再燃時には高い確率でダブル耐性になる。
 
 ⇒シメプレ3剤治療で再燃した人は、この薬を避けたほうがよさそうです。
  この治療で再燃した場合、ウイルスは高い確率でNS5A阻害剤に対するダブル耐性を獲得します。
  肝臓の状態が悪くて、すぐに治療しなければならない人以外は、次のギリアドを待つべきです。

★★★ 重要 ★★★
  あと半年もすれば、ギリアドの配合剤を使えるようになります。
  ダクラ/アスナ治療は6か月間ですが、ギリアド配合剤治療はわずか3か月です。
  実質的な差は3か月もありません。その代償に耐性や肝障害のリスクを負うべきではありません。
★★★★★★★★★★


 ◆ギリアドのソフォスブビルについて
 ・3/5、2型の肝炎・代償性肝硬変患者に使えることが了承された。早ければ3月末に承認。
 ・国内治験で5名が再燃したが、再燃患者のウイルスにはNS5B耐性(S282)はなかった。

 ⇒再燃しても耐性がでないとは驚きです。ソフォスブビルは耐性を作りにくいようです。

 ◆ギリアドのレディパスビル/ソフォスブビル配合剤について
 ・国内治験で再燃したのは1例のみ。この1例は治療前にY93の耐性があった。
 ・再燃したダブル耐性(L31とY93)に対して、追加の24週+リバビリンで著効になった1例あり。
 ・海外治験によると、治療期間を12週間から16週間に延長すると著効率は上がる
 ・海外治験によると、非代償性肝硬変でも高い確率で治る(ブログ記事で紹介すみ)

 ⇒配合剤は前述のソフォスブビルの3か月後に申請されたので、6月頃には承認されるでしょう。
  L31またはY93のどちらか片方のNS5A耐性があっても、95%以上は治ると私は考えています。
  一方、L31とY93のダブル耐性の場合に、どれくらいの著効率になるかは未知の世界です。
  ただし、前述のとおりダブル耐性でも治ったケースが1例があります。この1例に期待します。
 (この1例については、トマトッとさんの記事が分かりやすいです。ぜひご訪問ください。)

  講演終了後、患者仲間のHさんから質問がありました。
   Q「ダクルインザ/スンベプラ治療で再燃したが、ギリアド治療をしたほうがよいか?」
   A「治療するしかないでしょう。1〜2年待って、耐性ウイルスを減らす手もある。」
  うん、やるっきゃない! 私もそう思います!
   
講演会が終わってから、トマちゃんYukettaさんKUNIKUNIさんひでほさん、いちごさん、N崎さん、
さとちゃんとその同期の患者仲間の方と一緒に、病院のロビーでお茶をしました。また会いましょうね!


★★★ おまけ ★★★
映画「ヴァチカン美術館」を見に行きました〜!
ラファエロの「アテネの学堂」や、ミケランジェロの「最後の審判」やシスティーナ礼拝堂の天井画を、
3次元映像で楽しみました。サン・ピエトロ教会の中も見せてくれればよかったのにな!
写真左から、パンフレット、1998年に旅行したときの「最後の審判」、自宅に飾っているジグソーパズル!
イメージ 3


ではまたね〜♪

★ より多くの仲間に情報をお伝えしたいので、このブログ記事はご自由にリンクしてくださ〜い ★
より多くの患者仲間に肝炎治療の情報を伝えるため、『病気ブログランキング』に参加しています!
↓下のリンクをクリックしてくださいね〜♪
★☆★☆★  にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ          ★☆★☆★
イメージ 1

閉じる コメント(36)

顔アイコン

>akioさん
> アナログさん
アナログさんはラーメンの後にクリームあんみつで
しめますから、3,000Kcalはかるく越えます。 笑

2015/3/16(月) 午後 11:14 [ sunnyside ]

顔アイコン

♪サニーさん、
実は昨日の夕食は、とんこつラーメン、替え玉二つ、明太ご飯つきでした!
原始人食ダイエットは、週に3回は何を食べてもいいのよ〜♪
今日から節制しています!

2015/3/16(月) 午後 11:25 [ akio ]

顔アイコン

> akioさん、ありがとうございます!

私の理解力が、ものすごく足りないんです・・・(>_<)

秋に使えるギリアドの経口剤が、レディバスビル・ソフォスブビルを混ぜた配合剤で一日一回一錠。

よくわかりました!!!(*^_^*)

恥ずかしくて聞くのんどうしようかと悩んでいたのですが、質問してよかった!
モヤモヤしてたのがすっきりしました☆

2015/3/16(月) 午後 11:33 [ りぼん ]

顔アイコン

♪りぼんさん、
いつでも遠慮なくお尋ねくださいね〜♪

2015/3/17(火) 午前 0:05 [ akio ]

顔アイコン

akioさん、ありがとうございます。
ふふっ、入院中は1400kcalでご飯残していたので、お菓子食べなければ出来ないこともないんです。せめて、半分コにするようにしてます。最近、結婚式のお呼ばれや頂き物がワンサカで守れてないけど、運動を増やして調整とらなくては! 菓子パンはNGにしていますが、たまに無性に食べたくなりますけどね、1回はOK、続けるとクセになるので、食事支度時間以外は食べること以外に忙しくするようにしています、、、、と胸をはって言えればいいのですが(^^ゞ

非代償性でリバビリン併用は辛いですね。。。
アメリカは1a型が多いので日本より治りにくいそうです。
その8週で再燃がおられた時の治験も1a型の参加率が高いのですが、その方自体はどちらだったのでしょうか。
日本人には少ないとはいえ1a・1b混在の方はおられるようなので、まさか、ダクラ/アスナで1a型の人、治療されてないでしょうね。。。。耐性検査していれば1b型であることを確認して出している筈ですが。

2015/3/17(火) 午前 9:34 [ miya ]

akioさん、こんにちは〜♪
いつも詳しい解りやすいレポートをありがとうございますm(__)m

私は昔ダイエットをしてた頃1300キロカロリーくらいにおさえてました。今は+500キロカロリーくらいになってるかなあ(^_^ゞいえいえ、もっとかもね(>_<)何日かのトータルを平均して考える方がいいですね。

ジグゾーパズル、大作ですね♪素敵〜☆
大塚国際美術館は私も行きたいです❗じっくり観たいよ〜(*^O^*)

2015/3/17(火) 午後 2:20 guu*ara**ko12

顔アイコン

こんばんは
わかりやすい記事、いつもありがとうございます。
映画「ヴァチカン美術館」とは、高尚なご趣味ですばらしい!

2015/3/17(火) 午後 7:21 [ ひでほ ]

顔アイコン

今日は溝上先生がお休みだったので、フェリチン(私は2年前から15くらい)と、むずむず脚症候群・パーキンソン病の関係をお話できませんでした。代行の先生に御聞き頂き、宮田 雅さんに御伝え下さいと申し上げました。
”ムズムズ脚症候群では脳内の鉄異常が生じている可能性があると報告されています。特に、血清鉄は正常でもフェリチン濃度が低下している(フェリチン濃度50ng/ml未満)”

ラーメンといえば、アッキーと食べた代々木駅前を思い出します。まさかあの先の睡眠総合ケアクリニック代々木に、今年むずむず脚症候群かどうかで氷雨の中、足を運ぶとは思いませんでした。結局、順大でパーキンソン病と診断されてから鉄分の多い食事に変えました。簡単です、今までと反対の食事をすればよいのです。でも2ヶ月”鉄無制限食”を続けても今日もフェリチンは29にしか上がってません。50以下だと症状が出るようなんです。今度順大の診察時に鉄剤をおねがいしようかと思うほど深刻です。今日も左足は震え、”じっとしていられない症候群”と名づけた招かざる客が訪問しています。

2015/3/17(火) 午後 10:06 [ 前向き ]

顔アイコン

♪miyaさん、こんばんは〜♪
お菓子のカロリーは高いので要注意ですよね。
会社にオフィスグリコが設置されていて、しょっちゅう誘惑に負けています。

miyaさんが言われる通り、私もダクラ/アスナが効かないIaの患者にも使われているかもしれないと心配しています。
国内治験の情報(NCT01497834)を確認したところ、治験に参加した患者はすべて1bでした。でもダクラ/アスナの適応症は1型なので、1b型に限定されていません。1aの患者は少ないのですが、20000人も治療していれば、かなりの人数が治療していると思われます。こいつも課題ですね。
ではまた〜♪

2015/3/18(水) 午前 0:54 [ akio ]

顔アイコン

akioさん miyaさん おはようございます。
私はGSで治す気満々、だけど1aかも?と不安だったので、認可前に主治医にお願いしてジェノタイプ検査をしてもらいました。なので、BM経口剤の適応条件も「1b」になっていると思い込んでいましたが、改めてドラッグインフォメーションを見ると「セログループ1」としか書かれてなくて、1aの効きが悪いことは「8.その他の注意」にしか触れられていないことに驚きました(ガイドラインも同じ取扱い)。ジェノタイプ検査が保険適用されていなので、あえて、1b限定にしなかったのでは? と勘ぐってしまいます。
miyaさん、akioさん懸念のように、2万人治療されてればいくら日本人は(%で表せれないほど)少ないとはいえ、相当数の方はおられると思います。知らない・知らされないまま治療を受けた方がおられると思うと、ほんとに残念です。

akioさんのこのエントリー、リンクのうえ一部抜粋紹介させていただきました。照会の仕方がまずければお手数ですがご連絡ください。

2015/3/18(水) 午前 7:36 [ とらちゃん ]

顔アイコン

こんにちは、冷凍SANMAです。
私も上に書かれている、とらちゃんと同じ思いです。
こちらakioさんのページをリンクさせてください。

2015/3/18(水) 午後 4:32 [ nek*3de*u2*0* ]

akioさん 講演会内容分かり易くまとめていただきありがとうございます。
1400キロカロリー+加齢ぐぬ!ってそのくらいが丁度良いのですね。
シメの耐性D168貰ってしまうと思うのですが?少し怖なぁ〜ガイドラインのも書いてありますよね。
え!ソフスの耐性S282獲得して無かったって本当なら凄いことですね、プロテアーゼ単剤では100%獲得とどこかで見た記憶あります。

地方でbms飲み薬で簡単に治るからと始められた方います、、またこれからの人にもakioさんのブログ参考にして欲しいで〜す。
これからもよろしく〜(^-^)/

2015/3/18(水) 午後 7:43 すずめ

顔アイコン

♪YUKOさん、こんばんは〜♪
一日1300Kcal! それは大変! 野菜中心にお腹を満たさないと難しいですね。
原始人食ダイエットは、ご飯・パンの代わりにタンパク質を摂取するので、カロリー制限よりもやりやすい気がしています。

そう! このジグソーパズルは3000ピースで、横幅は1.2mあります(右下の写真は私と息子です)。子供のころからジグソーパズルが好きだったのですが、あまりに時間を取られるので、これを最後に20年前に引退しました。定年になって時間ができたら再開しま〜す!
ではまた〜♪

2015/3/18(水) 午後 11:45 [ akio ]

顔アイコン

♪ひでほさん、こんばんは〜♪
「ヴァチカン美術館」は、60分映画なのに1800円なの! 高い!
でも、イタリア旅行の思い出がよみがえって良かったです。
ではまた〜♪

2015/3/18(水) 午後 11:50 [ akio ]

顔アイコン

♪前向きさん、こんばんは〜♪
むずむず足症候群の原因は鉄分不足だったのでしょうか?
そうだったら鉄分をとれば大丈夫ですね。
私は貧血から回復する時に市販の鉄剤「エミネトン」を飲みました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B001BOT7Q2

1日2錠程度を1か月飲めば、フェリチンも回復すると思います。
早くむずむずが良くなりますよ〜に!
ではまた〜♪

ps 代々木のラーメンはコッテリでしたね! お母様は今も泳いでいらっしゃるかな?

2015/3/18(水) 午後 11:58 [ akio ]

顔アイコン

♪とらちゃん、こんばんは〜♪
ジェノタイプ1a型は欧米では8割以上ですが、日本人には珍しいです。下記リンクの情報によると、1%程度のようです。
http://www.shinshu-liver.jp/patient/ctype/04_test.html

対象患者を1bに限定すると検査が必要になって使いにくくなるので、あえて限定をしなかったのでしょう。20000人の中の100〜200人くらいは、1aであることが理由で、再燃や無効となったかもしれません。そう思うと残念でなりません。

とらちゃん、私が一番訴えたいことを分かってくださったのですね!
私の記事のコメントを引用いただきありがとうございます!
ではまた〜♪

2015/3/19(木) 午前 0:16 [ akio ]

顔アイコン

♪サンマさん、こんばんは〜♪
じゃんじゃん引用してくださ〜い!
患者仲間に情報を届けるのが、私の役目ですから!
どうぞよろしくお願いいたします!
ではまた〜♪

2015/3/19(木) 午前 0:17 [ akio ]

顔アイコン

♪すずめさん、こんばんは〜♪
おっしゃる通り、シメプレビルで無効/再燃の場合は、ほぼD168耐性になります。
この耐性があるとアスナプレビルは効かないのですから、ダクラ/アスナ治療はやってはいけないはずです。すこし待てば、D168耐性と関係ないギリアド配合剤が使えるのに、ダクラ/アスナ治療を勧める医師がいるとは驚きです。うぅむ...

ギリアド配合剤が薬事審議会で了承されれば、3か月後には使えるようになります。
ダクラ/アスナ治療は6か月に対して、ギリアド治療は3か月。
その時はじめて「ダクラ/アスナは止めなさい!」と明言できるのです。
だから、すこしでも早くギリアド配合剤の承認情報が欲しい!
ではまた〜♪

2015/3/19(木) 午前 1:03 [ akio ]

顔アイコン

akioさん、こんばんは。
国府台、ありがとうございました。お茶会でお話しを聞けまして、
ようやく講演会の内容がわかってきまして、ブログを読ませていただき、理解を深めております。
委員長にレクチャーを受ける、さながら放課後、な感覚を
抱いてしまいました(笑)
今週も参加してみたいと思っています。

2015/3/23(月) 午後 10:55 [ いちご ]

顔アイコン

♪いちごさん、こんばんは〜♪
国府台病院のロビーでのお茶会、面白かったですね!
偶然にお会いできて、私も皆も嬉しかったです。

ところで翌日のマラソンも順調だったようですね。すごいすごい!
いちごさんのブログへの訪問いたしま〜す!
ではまた今週〜♪

2015/3/24(火) 午前 0:48 [ akio ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事