色々言いたいことあります

当ブログにおいて大韓民国の略称は、韓国、南鮮、チョンとその日の気分で使用してます

全体表示

[ リスト ]

前文

中国の空母建造については
当初各種情報(軍事雑誌の米軍筋・中国メディア)では 2003年進水・2005年竣工でした。
ですが 全長300mに及ぶものを極秘建造 はほぼ無理でしょうから空母は現在無いと判断してます。
では今後はどうなるか、 中国は建艦計画を公表してません
そこで前記事の 建造が公になったインドの空母 が両国の試作艦という前提で考えて見ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8254247.html#8254247
インド空母性能
全長252メートル、3万7500トン
4基のガスタービン・エンジンを動力とし、航続距離は7500カイリ、巡航速度は28ノット
校160人と水兵1400人
艦載機約30機(Mig29K・ハリアー・早期警戒ヘリ他各種ヘリ)
インド新造空母スケジュール
2005.04/11起工式
2012.04吉日竣工予定
インド改装空母スケジュール
2004年「アドミラル・ゴルシコフ」を購入。
2008年吉日就役
インドは2013年の空母2隻体制を目指してる。(1隻が任務で1隻は補給・整備等)(本当は3隻欲しい)
戦術的には同型か準同型艦を揃えるのは基本です。(補給・整備・部隊編成・後方教育の一元化)

本文

当面の所要数
常時一隻稼動させておく為に最低3隻は必要。

経過
発着艦の練習を1987年4月より開始してます。
ロシアより「キエフ」「ミンスク」「ノボロシースク」輸入
ウクライナより「ワリャーグ」輸入
輸入理由
「戦力向上のための構造分析。」

中国の軍事専門家は設計図を得るのが狙いと述べ、これにより中国の空母建造
計画が「初期段階」から「準備段階」に入ると語る。
‥‥引用199−2.米国軍事戦略

インドの空母を参考にする理由
1.準同型艦になるであろう改装艦が2008年に竣工すれば軍事交流を理由に士官を派遣できる。
2.1に関連するが空母の運用方法等を学ぶことが可能になってくる。
3.不具合は新造艦に反映されるので中国は真似ればよい。
4.スクラップとはいえ、すでに輸入した艦で定置演習が行えるので乗員の育成が容易になってくる。

予想スケジュール
インドの改装艦の製作不具合と新造艦の設計図の修正時間を考慮してみました
1番艦
2009年後半起工
2018年竣工
予備ドックは作るはず
2番艦(1番艦の不具合とインドの新造艦の運用を確認してから)
2019年起工
2026年竣工
3番艦(第2ドックを想定して)
2020年起工
2027年竣工(工事に熟練するので短い)

4番艦以降は拡大改良型
というのを考えました。           

閉じる コメント(3)

顔アイコン

インドはだいぶ酷い財政難ですからね。あきらさんの建造スケジュールはすごくいいトコついていると思います(^^ 中国単独では2010年代の就役も難しいといわれていますが、インドからパクることでスピードアップですね。

2005/8/2(火) 午後 8:09 [ - ]

顔アイコン

フッケバイン氏、ありがとう。ポイントはおっしゃる通り中韓共通のパクリです。

2005/8/2(火) 午後 8:40 [ akira062363 ]

顔アイコン

ようやく建造に踏みきったようですが、完成予想図は英仏の新型空母に良く似てましたねえ・・

2009/3/5(木) 午後 6:12 [ tero19632001 ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事