色々言いたいことあります

当ブログにおいて大韓民国の略称は、韓国、南鮮、チョンとその日の気分で使用してます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

韓国軍装備進む

無防備条例制定推進・局地拠点先制攻撃無用論等理論ばかりこねくり回す自称平和主義団体が、次にあげる兵器に対して何か抗議してるの見たことありますかね。

もし外交上トラブリ、有事の際には日本の原発や飛行場、役所、鉄道、橋梁が目標になりますけどね。

ああ、その場合には在日韓国人と共に拠点占領する気ですかね‥(笑)

韓国、射程100キロの精密誘導弾開発中
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/28/20061128000025.html
最大100キロ先の目標物も正確に破壊できるなどミサイル顔負けの性能を誇る精密誘導爆弾が、国内で開発されていることが確認された。

 韓国政府の消息筋は27日、「通常の爆弾にGPS(衛星利用測位システム)衛星および慣性航法(INS)の誘導装置や翼などを付けることで、射程距離を大幅に長くした長距離滑空誘導爆弾を、国内で開発中」とし、「最近この爆弾で100キロほどを飛行させる実験を行ったが、無事成功した」と説明した。 

 国防科学研究所(ADD)などで開発が進められているこの爆弾は、向こう3、4年で精密度を高めるための誘導装置の補完作業を終えた後、実戦配置される予定だ。 

 この兵器は、特に首都圏を脅かしている北朝鮮の長距離砲や、無数の洞穴や対空ミサイルなどによって防御されている軍事目標物を攻撃するのに有効とされている。 
 

≧∇≦ブハハハハハ、キムチイーグルの能力で言えば北朝鮮だけでなく、渤海越えた中国軍や九州北端の日本だって十分目標になるじゃんか。

巡航ミサイルといい、北九州は有事の際には戦場ですな。真っ先に狙われるのは関門大橋周辺。韓国が九州と本州分断してる間に中国が台湾侵攻と先島・南西諸島を占拠とかね。この時在日米軍は台湾沖海戦でそれどころでないはず。

開く トラックバック(3)

すでに判ってる事を改めて確認するのもなんですが一応。

台湾紙「中国、第2の空母建造を計画」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000029.html
「中国はウクライナから購入した航空母艦を改造する以外に、追加で第2の空母建造を計画している」と台湾紙「聯合報」が27日、報道した。

 同紙は、台湾国防省の陳永康・整合平価室主任の言葉を引用、中国が2020年の就役を目指し、2つめの空母の建造を進めているとしている。 

 「この空母が就役すれば、アメリカの西太平洋第1海上防御線を破り、グアムにも影響力を伸ばす戦略目標を持つようになる」と陳主任は説明している。 

 同紙は、「中国軍が導入した旧ソ連の空母“バリヤク(Varyak)”は当初公表されたような観光用ではなく、軍事用に改造中だということが台湾国防省により今年初めて確認された」ともしている。 

 台湾国防省は、「中国・大連造船所に停泊中のバリヤクが、空母構造研究や艦載機操縦士の訓練用として活用するため動力・電力システムの復旧を行っている」と説明している。 
 

新造一隻改装2隻の3隻体制はまあ基本です。

直近過去記事
空母の基本運用
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/38523402.html
空母平時運用
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/38543766.html
旧過去記事
中国の航空母艦画像関連
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/29892251.html
中国:初の国産空母 軍幹部、香港紙に計画認める
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/29473046.html
中国の空母建造を考える
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8254247.html
中国の空母建造日程を予測する。
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8304118.html
(妄想)中国の空母が本当に建造されたら。
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8400864.html
(真実)中国の空母建造報道出た
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8417228.html
中国の空母の脅威、その時米空母はいない
http://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/8553041.html

北朝鮮と韓国

神学論争と言えば聞こえは言いがノ・ム様に定見無いだけな気もしますが。

「理念大戦」の様相を帯びる韓国の知識人社会
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000062.html
「理念大戦」が始まるのか。

 韓国の知識人社会でこれまでほとんど見られなかった「実名批判」は、安秉直(アン・ビョンジク)・白楽晴(ペク・ナクチョン)の両知識人の論戦により、本格的な左右理念対決の様相を帯び始めた。また、左右両陣営の内部でも、「民族主義」と「脱民族主義」の路線により、各陣営を代表する大物知識人らが論理の角逐を繰り広げている。 

 「左派民族主義」陣営の白楽晴ソウル大名誉教授は、今年4月に出版した著書『韓半島(朝鮮半島)式統一、現在進行形』を通じ、同じ左派の崔章集(チェ・ジャンジプ)高麗大教授を実名で批判した。その内容は、「統一論は平和の障害になる」という崔章集教授の「先平和論」こそが、現在進行中の統一過程の障害になるというものだ。 

 また、白楽晴教授は最近、安秉直教授をはじめ、李仁浩(イ・インホ)教授、朴世逸(パク・セイル)教授、羅城麟(ナ・ソンリン)教授など、ニューライト陣営の知識人の実名を挙げながら批判した。その内容は、「反大韓民国勢力を排除し、皆が先進化の列に加わろう」という認識こそが、韓国社会の真の先進化を妨げてきた要因だというものだ。 
 

理屈と理念だけでは平和と国家運営は画餅だと思います。

右派学者が反撃「分断体制は存在しない」(上)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000070.html
ニューライト財団の理事長を務める安秉直(アン・ビョンジク)ソウル大名誉教授が、白楽晴(ペク・ナクチョン)ソウル大名誉教授の「分断体制論」の批判に正面から乗り出した。安秉直教授は、27日に出版される季刊誌『時代精神』冬号に「虚構としての分断体制」と題した寄稿文を発表する予定だ。

 今回の批判は、最近知識人社会の間で流行となっている「実名批判」の一つとして位置づけられるが、左右両陣営の巨頭が正面から理念闘争に乗り出したという点と、最近白楽晴教授が『創作と批評』誌を通じ、安秉直教授をはじめとする右派学者らを実名批判したことに対する回答として注目される。 

 24日、ソウル新水洞にあるニューライト財団事務室で会った安秉直教授はまず「現在、大韓民国が騒がしい最も大きな理由のうちの一つが南北問題であり、南北の和解と協力を優先的に扱う政策の根源には白楽晴教授の分断体制論があると判断した」と分断体制論を分析の対象に選んだ理由を説明した。 

 そして、今年夏から白楽晴教授の著書3冊を徹底的に検討した結果、安秉直教授は「“分断は存在するが、分断体制は存在しない”という結論を下すに至った」と述べた。 

 安秉直教授は白楽晴教授が言う「分断体制」とは▲世界体制、▲韓国の資本主義体制、▲北朝鮮の社会主義体制という3種の体制が結合したものと分析する。 

 その上で、安秉直教授は「白楽晴教授はこの3種の体制が“多元方程式”をなしていると主張するが、これは“連立方程式”のことだろう。それならば、Y(分断体制)=X(韓国の体制)+Z(北朝鮮の体制)+α(世界体制)になるはずだが、これが成立するためには、X、Z、αという変数を数量化しなければならない。しかし、体制というものを数量化するのは不可能であり、無理に数量化しようとすれば恣意的(しいてき)なものにならざるを得ない」と分断体制論の問題点を指摘した。 
 
右派学者が反撃「分断体制は存在しない」(下)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000071.html
さらに安秉直教授は、分断体制論が主張する「国家連合」では、南北民衆の和解と接近の実現を民衆運動に期待しているが、現実の「民衆運動」は南北の住民の同意を代替することができず、参加者だけのお祭りに終わってしまったということも指摘した。

 また、分断体制論の具体的な問題点についても、安秉直教授は「白楽晴教授が分断体制論を唱えた基本的な意図は、国政課題の優先順位を“統一”に置くためだった。だが、分断体制の克服過程から経済成長の動力が育っているという証拠はまったく見当たらない。先進化は先進化として、統一は統一として、それぞれ別々に追求すべきであり、統一が先進化の前提条件になるということはあり得ない。白楽晴教授は2000年の南北共同宣言で韓国の成長潜在力が高まったと主張したが、その後の韓国経済はむしろ衰退したではないか」と述べ、南北の和解と協力が先進化や経済成長を導くという論理を批判した。 

 その上で安秉直教授は、韓米同盟を土台として韓国の先進化のために努力し、北朝鮮の改革・開放を導くのが妥当な順序だと主張した。 
 

○| ̄|_連立方程式なんて出たときにはどうしようかと‥(笑)。最後にやっと解ったよ‥(笑)。韓国の現状は左派勢力による「お祭り」でいいのかな??。

(゜Д゜=゜Д゜)
え、あ、あのその・・・。

この件は簡単な解説希望します‥(笑)

平壌で見た外国人団体、実はブルガー氏一行
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000058.html
「北朝鮮は一種の仮想現実」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000055.html
ブルガー氏の公式な訪朝目的は「文化交流のためのコメディー公演」だった。北朝鮮当局に対しては「政治的な内容はない」ということを強調した。訪朝には同じコメディアンのサイモン・ジュール氏、ジェイコップ・ノーセル氏も同行した。20代前半の両氏は韓国に生まれデンマーク人の養子として育てられた。

 ブルガー氏一行は、アンデルセン原作の童話『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』を風刺的にパロディー化した演目を用意していた。ところが、北朝鮮当局はこれを良しとはしなかった。物語の内容が全て上流階級を扱ったものであり、しかも王子と王女がハッピーエンドを迎えるということから、北朝鮮側が不満をあらわにしたのだ。 

 ブルガー氏は最近、自由アジア放送(RFA)のインタビューに対し、「50年以上思想を統制され、検閲されてきたからなのか、北朝鮮の人々はユーモア、コメディーを楽しむ感覚がなくなったような印象だった。北朝鮮当局はわたしたちが用意したコメディーの内容を、北朝鮮の体制を宣伝する内容に変えてしまった」と語った。しかしその内容がコメディーであったにも関わらず、北朝鮮の観客は何の反応も示さなかったという。セリフのないコメディーであるため、言葉の問題があったわけでもない。 

 また、同行したジェイコップ・ノーセル氏は障害者だった。ブルガー氏は訪朝記の番組中で「北朝鮮当局は障害者が観客の前に立たないようにという点を特に重視しているようだった。障害者であるこちらのコメディアンが健常者のように装い、障害者のふりをして演技するようにという指示が出された」と話した。 

 ブルガー氏はまた、金正日(キム・ジョンイル)総書記に渡してほしいと、大きなピザ用ナイフを持参した。金総書記は1990年代初め、イタリアのピザ職人を平壌に招いたことがある。このピザ職人は後に、『わたしは金正日のピザを作った』というタイトルの本で、金総書記を「貧しい国の異常な独裁者」と風刺している。 
 

≧∇≦ブハハハハハ、「在日朝鮮人への差別止めろ」って言うけど、本国が差別の筆頭じゃんかよ。

懲りないNHK

NHKは所詮「日本犯行見本協会」ですかね。

「NHK杯」運営費、NHK関連団体の元職員が着服
http://www.sankei.co.jp/news/061127/sha027.htm
日本スケート連盟主催の「NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」の運営費約150万円を着服したとして、警視庁捜査2課は27日、業務上横領容疑で、NHKの関連団体「NHKサービスセンター」元職員、土山桂容疑者(38)=東京都狛江市=を逮捕した。「飲食代や借金返済に充てた」と容疑を認めている。同様の手口で平成13年1月〜昨年7月に行われた5大会で総額600万円を着服したとみられる。
 

職員や受信料徴収員の横領・暴力・恐喝・放火・飲酒運転等犯罪見本市‥(笑)

「組織一丸となって改革に取り組んでますので受信料の公平な負担の見地から強制的な徴収もやむなく」でしたよね。えーと意識改革進んで無いじゃん。国民に嘘ついてます。

NHK報道局の男性職員を書類送検 放置自転車持ち去り
http://www.sankei.co.jp/news/061122/sha011.htm
放置自転車を無断で乗っていたとして、警視庁中野署は22日、占有離脱物横領の疑いで、NHK報道局の男性記者(31)を書類送検した。

 男性記者は「酒に酔っていた。カギがついていない自転車だったので乗って帰ろうと思った」などと話しているという。

 調べでは、男性記者は10月28日未明、東京都杉並区の路上に放置されていた自転車を無断で持ち去って乗った疑い。中野区中野の路上で署員に職務質問されて発覚した。
 

言い訳にもなってねえ(怒)。微罪だからとか言って、謹慎か訓告程度な悪寒‥(笑)

そう言えば最後に紅白見たのってもう20年は前ですね。民放の漫才やプロレスとかの方が面白かったしな。

紅白、観覧希望者3割減少 受信料支払いが条件影響?
http://www.sankei.co.jp/news/061122/bun008.htm
NHKは22日、大みそかに東京・渋谷のNHKホールで開く紅白歌合戦の観覧を希望する応募はがきが、昨年より約3割減ったことを明らかにした。NHKは今年から応募条件として受信料支払い者に限定した影響とみられる。

 昨年は応募総数が50万3721枚で、当選は1255枚と当選倍率401倍の“狭き門”。今年は36万5970枚の応募に対し、当選が1410枚で260倍にまで下がった。
 
迷走する紅白 改革やめた? 原点回帰へ
http://www.sankei.co.jp/news/061125/bun000.htm
「ぶっ壊す」から「原点回帰」へ−。大みそかのNHK紅白歌合戦がまた路線転換する。「民放の視聴率男」の異名をとるみのもんたさんを司会に起用し、紅白を大きく“変身”させた昨年から一転、今年は「男女が分かれて勝ち負けを競う」という原点にこだわるという。一昨年に40%を初めて割った視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。昨年はなんとか40%に回復したものの、思ったほど“みの効果”はなく、局内の評価も分かれていた。視聴率の低迷に迷走する紅白。今年あなたは紅白を見ますか?
 

≧∇≦ブハハハハハ、芸能人といえば聞こえは良いが、出演者が排除勧告や書類送検多いんじゃないか??忘れてるだろうけど、"みの"なんか東京都水道談合の筆頭じゃんか‥(笑)。何で談合事件続くのに、出ないかね。

みのもんた
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%9F
立教大学に入学後は、放送研究会に入りアナウンサーとしての基礎を築く。そして、就職の時期に近づいた頃、父親から経営する愛知県名古屋市の水道機器メーカー・ニッコクに入社を誘われるが、アナウンサーを目指すため拒んだ。

< 省略 >

人気アナウンサーだった彼の目からはこれが「左遷」と映ったのか、1979年9月に文化放送を退社。父親が経営するニッコクに勤務した(現在では同社の社長を務めており、過密スケジュールの合間を縫って毎日出社し、そちらの業務もきちんとこなしている。みのは会社経営のほうが本業だと語っている)。なお、みのは自身経営の水道会社のライバル会社「愛知時計電機」の株を個人として5%近く保有(時価は約7億5000万円)する第2位の株主でもある。

2004年7月15日、ニッコクと愛知時計電機は他17社とともに2003年7月から2004年7月までの間に行われた東京都水道局発注の水道メータ買入れに係る競争入札に、いわゆる談合を行っていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けた。[1]各社に対し審決に応じて東京都は損害賠償請求をしている。[2] 
 
和泉元彌逮捕、駐禁出頭要請に2年半も無視
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_11/g2005112507.html
何かとお騒がせな和泉元彌狂言師(31)=本名・山脇元彌=が、駐車違反を犯しながら2年半も再三の出頭要請に応じなかったとして24日、警視庁に道交法違反(駐停車違反)の疑いで逮捕されていたことが25日分かった。和泉は罰金1万円を支払い、即日釈放された。和泉は「仕事が忙しくて出頭できなかった。申し訳なかった」と弁明しているという。狂言師、大学客員教授、プロレスラーと肩書を連ねる和泉に、ついに「容疑者」の呼称がついた。
 
12年のNHK紅白歌合戦の司会や、13年には大河「北条時宗」に主演。インスタントコーヒーのテレビCMなどで一般にも知られるようになるが、公演ドタキャンや遅刻の常習犯としても知られ、「狂言の伝統と秩序を乱している」として14年3月、和泉家を除く和泉流狂言師の集まり「和泉流職分会」が能楽協会に和泉の除名申請し、退会処分を受けた。
 
獅童さん代役に松田龍平さん NHKドラマ「ハゲタカ」
http://www.sankei.co.jp/news/061115/bun006.htm
NHKは15日、酒気帯び運転で摘発された中村獅童さん(34)が降板した土曜ドラマ「ハゲタカ」の西野治役に松田龍平さん(23)の起用を決めたと発表した。12月に撮影を再開し、放送は来年2月17日からの予定。
 

出演者も自覚が足りないと言うか、民放でスポンサー居たら大変だ‥(笑)。でも放送上撮影し直し等の損害は視聴者の受信料からだよね。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事