色々言いたいことあります

当ブログにおいて大韓民国の略称は、韓国、南鮮、チョンとその日の気分で使用してます

中国軍関係

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どっち支援しますかと問われれば
そりゃインドだろ



中国、インドとの国境付近で大規模な火力演習…国境紛争「一触即発」
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/995757/1
「第2の中印戦争が勃発するかもしれない」
1962年の中印国境紛争を研究してきた英国のジャーナリスト、ネビル・マックスウェル氏が17日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポストへの寄稿で、「現在、中国とインドの対立が非常に危険な状態」として、このように警告した。先月26日にヒマラヤ国境地域で両国の軍隊が衝突して以降、対立状態が3週間も続いているのは普通ではないということだ。
中国・チベット、インド・シッキム、ブータンの3国の国境が接するトカラ地域で発生した今回の衝突は、両国関係全般に深刻な悪影響を及ぼしている。インドは当時、中国がインドの領土に道路を建設したためにインド軍が出動したと主張するが、中国はインド軍が国境を侵犯して中国軍が対応したと反論している。
一触即発の超緊張状況が続く中、中国人民解放軍がチベット高原で大規模な実弾射撃演習を行ったと、チャイナ・デイリーなど国営メディアが17日付で報じた。
強大な火力を投じて、仮想の敵を無力化させるシナリオで行われた演習は、インドを狙った武力示威の性格が濃厚だ。演習が行われたチベット高原は、中国とインドの国境地域から近い中国のチベット自治区と青海省、インド・カシミール地域にまたがる。中国メディアも、インドを名指ししなかったものの、「敵」という表現を通じてインドに対する武力示威であることを示唆した。
 



突然でもなんでも無いわけで、見落としているものも多いから毎年のように恒例かも知れない
報道見る限り、中国側の演習等による挑発に対してインド軍が対応する図式??


中国軍インドとの国境未確定地に武力侵攻
https://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/64391742.html
2011/1/17

中国軍がインド国境地帯で揉め事
https://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/66331895.html
2013/4/21


中国、インドの領土に相次ぎ侵犯…51年越しの国境紛争また勃発
http://japanese.joins.com/article/611/174611.html?servcode=A00§code=A00
2013年08月02日


インドにも「侵入」を繰り返す中国
China and India in Another Territorial Dispute
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3361.php
2014年8月20日


インド軍、中国との国境地帯にタンク100台余り配備
http://japanese.joins.com/article/540/218540.html
2016年07月22日



         ─┬=====┬─┬─┬
           ヽ┴-----┴ 、/_ /
         ==||:|: 乃 :|: 「r-┴──o
   ________|:|:__ :|: ||--┬┘
   |ミ///ロ-D/   ~~|ミ|丘百~((==___
 . └┼-┴─┴───┴──┐~~'-ゝ-┤
   ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
    ゝ(◎)(◎∩◎)(◎)(∩)ノ三ノ──ノ三ノ
         //      | |          
        //Λ_Λ  | |   軍事行為露骨なくせに日本の右傾化右傾化と
        | |( ´Д`)//   うるせえぞ支那と野党め、チハぶつけんぞ!
        \      |
          |     lヽ,,lヽ ミ
          |    (    )   やめて
          |    と、  ゙i    壊れちゃう




支那畜とインドに関してはこんな記事とリンクも作ってます

どっち支援しますかと問われれば
そりゃインドだろ



中国、インドとの国境付近で大規模な火力演習…国境紛争「一触即発」
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/995757/1
「第2の中印戦争が勃発するかもしれない」
1962年の中印国境紛争を研究してきた英国のジャーナリスト、ネビル・マックスウェル氏が17日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポストへの寄稿で、「現在、中国とインドの対立が非常に危険な状態」として、このように警告した。先月26日にヒマラヤ国境地域で両国の軍隊が衝突して以降、対立状態が3週間も続いているのは普通ではないということだ。
中国・チベット、インド・シッキム、ブータンの3国の国境が接するトカラ地域で発生した今回の衝突は、両国関係全般に深刻な悪影響を及ぼしている。インドは当時、中国がインドの領土に道路を建設したためにインド軍が出動したと主張するが、中国はインド軍が国境を侵犯して中国軍が対応したと反論している。
一触即発の超緊張状況が続く中、中国人民解放軍がチベット高原で大規模な実弾射撃演習を行ったと、チャイナ・デイリーなど国営メディアが17日付で報じた。
強大な火力を投じて、仮想の敵を無力化させるシナリオで行われた演習は、インドを狙った武力示威の性格が濃厚だ。演習が行われたチベット高原は、中国とインドの国境地域から近い中国のチベット自治区と青海省、インド・カシミール地域にまたがる。中国メディアも、インドを名指ししなかったものの、「敵」という表現を通じてインドに対する武力示威であることを示唆した。
 



突然でもなんでも無いわけで、見落としているものも多いから毎年のように恒例かも知れない
報道見る限り、中国側の演習等による挑発に対してインド軍が対応する図式??


中国軍インドとの国境未確定地に武力侵攻
https://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/64391742.html
2011/1/17

中国軍がインド国境地帯で揉め事
https://blogs.yahoo.co.jp/akira062363/66331895.html
2013/4/21


中国、インドの領土に相次ぎ侵犯…51年越しの国境紛争また勃発
http://japanese.joins.com/article/611/174611.html?servcode=A00§code=A00
2013年08月02日


インドにも「侵入」を繰り返す中国
China and India in Another Territorial Dispute
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/08/post-3361.php
2014年8月20日


インド軍、中国との国境地帯にタンク100台余り配備
http://japanese.joins.com/article/540/218540.html
2016年07月22日



         ─┬=====┬─┬─┬
           ヽ┴-----┴ 、/_ /
         ==||:|: 乃 :|: 「r-┴──o
   ________|:|:__ :|: ||--┬┘
   |ミ///ロ-D/   ~~|ミ|丘百~((==___
 . └┼-┴─┴───┴──┐~~'-ゝ-┤
   ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
    ゝ(◎)(◎∩◎)(◎)(∩)ノ三ノ──ノ三ノ
         //      | |          
        //Λ_Λ  | |   軍事行為露骨なくせに日本の右傾化右傾化と
        | |( ´Д`)//   うるせえぞ支那と野党め、チハぶつけんぞ!
        \      |
          |     lヽ,,lヽ ミ
          |    (    )   やめて
          |    と、  ゙i    壊れちゃう




支那畜とインドに関してはこんな記事とリンクも作ってます

(´ε`;)ウーン…実に平和的だ、国益とも言える漁業家権を金で売るだけ。
まあ日本に死体乗せて漂着されるぐらいなら売ったほうがましだろうか
しかしこれは武装漁民等の絡みから言えば中国軍の進駐と言っても間違いではなかろう。




北朝鮮、東海側NLL操業権を中国に売った?
http://japanese.joins.com/article/311/219311.html?servcode=500§code=500
北朝鮮が西海(ソヘ、黄海)に続き東海(トンへ、日本名・日本海)北方限界線(NLL)付近の操業権も中国に売ったことが明らかになった。

  11日、韓国メディアは韓国政府と情報当局の消息筋の言葉を引用して「最近、北朝鮮は東海側のNLL北部付近の操業権を中継貿易会社を通じて中国に売ったものとみられる」としながら「東海と西海で操業しようとする中国漁船が北朝鮮に支払った操業代は7500万ドル(約76億円)ほどになると推算される」と明らかにした。 
 



北朝鮮 中国に東海NLLの漁業権も販売=代金は統治資金に
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2016/08/10/0300000000AJP20160810005900882.HTML
北朝鮮は中国と2004年に漁業協定を結び、東海での中国漁船の操業を認めたが、NLL付近は操業区域ではないと説明。現在も協定が有効かについては分かっていないが、最近、東海のNLL近くで中国漁船900〜1000隻が操業していることが明らかに内、分析を行った結果、北朝鮮から漁業権を買い取ったことが確認されたという。

 北朝鮮の漁業権販売により、操業を行っている中国漁船は約2500隻に上る。
 




北朝鮮が中国に漁業権販売か 韓国「確認された事項ない」
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2016/06/13/0300000000AJP20160613001900882.HTML


支那の犬であり銭ゲバしか居ないような沖縄・尖閣なんか侵犯するのは楽勝でしょう。


翁長知事、3000億円の確保要請
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081000059&g=pol


要らないから基地撤去しろぐらい言わないでの銭欲しさ
土地区画整理で自分の業者入れろとごねたり、立ち退きしないやくざだよこれは。
沖縄の歴史問題とは別だ
沖縄知事や某市長もだけどねえ


中国公船が領海侵入=今年19回目―沖縄・尖閣沖
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2296527?news_ref=w_crank



左派政党に値しない民進党と共産党 雇用政策を軽視した「ド素人」 高橋洋一(嘉悦大学教授)
より


共産党は、自衛隊違憲、日米安保破棄という立場だ。さすがに民進党はこの非現実・丸腰路線にのれない。例えば、2015年と2016年の通常国会で、民主党は、有事でも平時でもないグレーゾーン事態に対処するため領域警備法案を国会に提出している。 (総合オピニオンサイト iRONNA)

 これに対して共産党は、「領海警備法案は、“グレーゾーン事態”における自衛隊の役割・権限拡大をめざすもので、安倍政権が集団的自衛権行使容認の『閣議決定』で確認した方向と同じ」として、対決どころか政権すり寄りだと民主党を批判した。

 今や、日本の領海には、中国の軍艦も侵入するようになっている。民主党の領海警護法案は個別的自衛権で対応できるとしてきたが、もはやその前提が崩れており、集団的自衛権による安保法が必要である。

 ところが、民進党と共産党の共闘では、目の前の領海警備についても見解に相違があり、民主党の領海警護法案ですら実行できなくなるというわけだ。これでは、中国軍艦の領海侵入を易々と認めてしまうだろう。

 共産党の志位和夫委員長は、中国軍艦の領海侵入に対して抗議するというが、国際社会で「口の抗議」だけでは意味がなく、その背後に実力行使できることが必要である。共産党が自衛隊を違憲とする以上、最低限の自衛力の行使すら危うい。しかも、日米安保破棄という立場であれば、アメリカとの共同防衛もないので、中国としてはいくら口だけの抗議を受けても何とも思わないはずだ。
 


沖縄の首長関係者に地元メディアや反戦団体も抗議している姿なんか、
侵犯19回もあるうちに見たことないんだが気のせいかい??
これ見ると広島市長や長崎市長の提言って、ただの選挙コールだと思いたくなります。
オバマの広島訪問で核兵器廃絶にはずみとか思っている皆さん
環球時報ですから事実上中国共産党政府の主張です。

環球時報(かんきゅうじほう)
中国語: 环球时报、
英語: the Global Times)
中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』の国際版として扱われる。
 



中国、核兵器増強に拍車
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24266.html
環球時報は28日付社説で「中国の核兵器の数量が米国やロシアとの差が大きいことから、中国は国家の安全を保護するために核能力を増加させる十分な正当性がある」と主張した。同紙はまた「大国間で力量差が大きい状態より、バランスが取れている方が平和の実現に役立つということを歴史は証明している」とし「中国の大衆は、中国の核兵器がより多く、生存能力への信頼が高く、防御力がより先進的になることを願っている」と付け加えた。


 こうした主張は最近、中国の核潜水艦が初めて太平洋に投入されると見られるとの西側メディアの報道に対する「返答」とも見られる。英紙ガーディアンは、最近中国当局が米国からの圧迫のため「核抑止力」の強化を目的に核潜水艦カードをちらつかせていると、中国軍官僚の話を引用して26日報道した。同紙はその背景として、今年3月に米国による朝鮮半島への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の動きが本格化したことと、中国を1時間以内に打撃できる極超音速グライドミサイルを米国が開発した事実などを提示した。


 中国は伝統的に「先制核攻撃は絶対にしない」として「抑止用核」を強調してきたが、陸上発射に依存している現在の核兵器システムは現代の核戦争に不適当で、「抑止機能」を発揮できないと憂慮していると見られる。環球時報は「核潜水艦はその隠蔽性と生存能力に優れ、国連安全保障理事会常任理事国のうち中国を除く4カ国はすべて配備している」として「中国が核潜水艦の常時配置を行うことは必然」と述べた。
 

開く トラックバック(4)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事