アッパーな旅行記

ANA 772全機番(28機)の3K席を制覇しました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全713ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三角駅には10分くらい遅れて到着です。

イメージ 1

三角駅の駅舎。

ここから、湯島行きの船乗場である、江樋戸まではタクシーで移動です。

タクシーに乗ることは分かっていたので、前日に電話でタクシーを手配しておきました。

駅を出ると、運ちゃんが待っていてくれて、すぐに出発です。

手配する時に、江樋戸までと言っていたので、運ちゃんから、早速「ネコ目当て?」と聞かれてしまいました。。。

特に休みの日となると、ネコ目当ての観光客が増えているようで、船の運賃収入も上がり調子で、ネコ様様といった話です。

三角駅を出ると、天草方面へ向かい、島へ入るため、橋を渡ります。

イメージ 2

以前は1つしかありませんでしたが、タクシーが走っている橋は新しくできた三角大矢野道路です。
(写真の方は、以前からある、天草パールラインの天門橋)

事前の本の情報では20分、3000円くらいと書いてありましたが、実際には15分弱の2400円で江樋戸港に到着です。

イメージ 3

船の切符は船内で購入ですが、待合所はあります。

湯島へは1日5往復ですが、最終便(5便)はこちらに戻ることができず、また1便、2便では熊本に前泊しないと乗船できません。
4便でも往復はできますが、島の滞在時間は35分だけなので、必然的に?往路:3便、復路:5便で島の滞在時間2時間20分のコースとなります。

イメージ 4

乗船する船はすでに、停泊していますが、大き目の漁船?といった感じです。

13時頃には乗船開始となります。

乗船口は

イメージ 5

正面左舷にある船底へ入るようなドアから乗船です(全く、バリアフリーでは無い・・・)。

船首には荷物が置いてありますが、

イメージ 6

キャットフード7キロ袋も(笑)・・・

荷物を横目にして、

イメージ 7

こちらのドアから入りますが、カバンを持っていると、ちょっと狭い感じです。

船は客室もありますが、船尾には階段があり、

イメージ 8

2階のオープンデッキもあります。

往路にオープンデッキは私だけでしたが、この先、大変なことに。。。
宇土駅で鹿児島線から分かれ、三角線へと入ります。

が、しばらくして、緊急停止・・・

ここで時間を要してしまうと、船の時間に間に合いません(ほんと、大汗でした)。

幸い10分くらい停車し、発車しましたが、

イメージ 1

踏切の棒が折られていました。。。

この先、住吉駅では

イメージ 2

熊本行きと交換です。あちらは赤い気動車の車両です。

住吉駅を出ると、右手には

イメージ 3

島原湾が広がります。

この日は天気も良いので、

イメージ 4

湾の向こう側には雲仙岳も見えます。

結局、10分くらいだけの遅れで、

イメージ 5

終点の三角駅に到着です。

ちなみに、三角線に乗車したのは、今回が初めてでした。。。
熊本駅には11時2分に到着です。

湯島への船乗場へは、公共交通機関で行くとすると、熊本駅から産交バスに乗って90分ほどですが、バスは10分前に出てしまっています。

今回は福岡への飛行機がほぼ定刻に到着したので、2本前の新幹線に乗れば、そのバスに間に合いますが、往復で違う経路もいいかなと思い、往路は三角線+タクシーで向かいます。

イメージ 1

熊本駅の在来線ホームに向かいます。

気づけば、在来線も高架駅となってます。

イメージ 2

11時35分発の三角行き列車に乗ります。

ちょうど反対側のホームには

イメージ 3

観光特急の「やませみ・かわせみ」号が到着です。

2両編成で反対側の車両は

イメージ 4

色が違い、こちらの青色ベースが「かわせみ」車両です。

しばらくすると、乗車する三角線の列車が到着です。

イメージ 5

国鉄時代の気動車です。

ちなみに、「やませみ・かわせみ」も元はこの車両を改造したものです。

車内は

イメージ 6

昔ながらのボックスシートが並ぶシートです。

もっと混んでいるかと思いましたが、概ね1ボックスに1人といった乗車率です。

11時35分に熊本駅を発車です。

宇土駅までは鹿児島線を走ります。

イメージ 7

白川を渡ります。

この先、しばらくは

イメージ 8

九州新幹線を並行して走ります。
福岡空港からは地下鉄に乗って博多駅へと向かいます。

イメージ 1

そのまま新幹線ホームに移動です。

ホームに上がると、

イメージ 2

試運転表示のN700Aが入線してきます。

白さが目立つ(特に幌の部分の白さ)ピカピカで

イメージ 3

調べてみると、この3日前に納車された真新しい編成(F14編成)です。

こちらは、博多駅からは

イメージ 4

さくら373号に乗ります。

この さくら373号は主に土曜に運転される博多始発の さくら号です。

もちろん?

イメージ 5

6号車に乗車です。

博多始発のせいか

イメージ 6

6号車は4割程度の乗車率と空いてます。

博多駅を10時24分に発車です。

久留米駅手前では

イメージ 7

筑後川を渡ります。

久留米を出ると、熊本までノンストップです。

イメージ 8

快調に筑後平野を走行です。

博多駅から40分くらいで、

イメージ 9

熊本駅に到着です。
相模湖上空付近を過ぎると、朝ごはんです。

イメージ 1

お皿でサービスされるサンドイッチなどのメニューです。

食後には

イメージ 2

紅茶をいただきます。

しばらく雲の上を飛行して雲が切れる頃には

イメージ 3

山口県の角島が見えてきます。

さらに飛行すると、九州へと入ります。

イメージ 4

世界遺産に登録された宗像市の大島が見えます。

そろそろ着陸へ向けて高度が下がります。

イメージ 5

5月に訪れた、志賀島が見えます。

その後は

イメージ 6

海ノ中道、上空を飛行です。

博多湾には

イメージ 7

客船が停泊しているようです。

福岡空港には定刻に到着です。

搭乗機は

イメージ 8

9月に引き続き、搭乗したJA743Aです。

全713ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事