あきらのブログ

食う寝る遊ぶに関すること

全体表示

[ リスト ]

房総半島横断

 10月14日、どうしても温泉に行きたくなって、近場で行ける温泉はないかなと思い、鴨川温泉に行きました。
 しかし、それだけではありませんよ。うちのかみさんはパン屋が好きでインターネットでパン屋検索するのです。
 そして、ターゲットとなったのが、君津にある「クロワッサン」というパン屋です。千葉市や市原市にもあるのですが、朝7時からやっているということで君津店に決まったのです。
 場所は国道127号を木更津方向から行くと右手にジョイフルホンダがあるので右折して君津警察署方向に向かいます。しばらく行くと右手にあります。
 結構早くに到着したのですが、すでに混雑ということはありませんがお客さんが来ていました。
イメージ 1

 朝ご飯にこれだけのパンを買ってみました。おいしかったですよ。
イメージ 2

 房総スカイラインを走って終点から鴨川方向に少し行くと、「きみつふるさと物産館」という施設を発見したのでトイレ休憩をかねて覗いてみることにしました。
 かみさんはちゃっかり「長ネギ」と「ミョウガ」を購入しておりました。
イメージ 3

 鴨川有料道路を経て鴨川市街地に入り、目的地である「魚眠庵マルキ本館」という旅館に到着しました。旅館ですが日帰り温泉としても利用できます。ただ注意することは、「天然温泉」と「ミネラル温泉」の2つがあり、男と女でどちらか一方になることです。私は天然温泉、かみさんはミネラル温泉という具合に分かれました。日によって入れ替わるのですかね。
イメージ 4

 温泉旅館を後にし、鴨川から西へ房総半島を横断するように昼食ポイントである「保田漁港」に向かいました。
 そこには「番屋」という食堂があり、磯料理などが手頃価格でたくさん食べられます。
イメージ 5

 何を注文するかは、カミさんがあらかじめ下調べしており、まずサバ漬寿司(5カン350円)です。私としてはサバ大好きで、寿司屋に行っても〆鯖にぎりに始まり、〆鯖にぎりでしめるというくらい、しかも生の新鮮なサバは初めてで感激しました。
イメージ 6

 次に、その日の朝に漁港にあがった魚をにぎりにした「朝獲850寿司」(10カン入りで850円)を注文しました。カミさん曰く、「シャリが機械にぎりだったのが残念だけど、値段が安いのはよい。」
イメージ 7

 さらに、「イカかき揚丼」(800円)を注文しました。サービス品ということもあって、すごい量でした。大きなイカ入りのかき揚げがご飯(見えない)の上に4枚ものっていました。
イメージ 8

 そのほか、番屋には500円で入れる炭酸泉の風呂があります。
 満腹になったところで、帰宅するため東京方向に走りました。少し行くとおみやげ屋さんと寿司屋さんと日帰り温泉施設のある場所に来ましたので、ちょっと休憩。
イメージ 9

 富津中央インターをすぎてからしばらく走ると、「東京湾観音」という看板を発見したので、ちょっと見に行くかと山の上にある巨大な観音様を見ました。
 この前、福島県会津村で見た観音様よりは小さいかな。
イメージ 10

 保田漁港の「番屋」にはまた行きたいです。メニューがめちゃくちゃ多いのです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事