ここから本文です
PERFECT BITES! ON THE SHORE
離島でのロックショアゲームを楽しんでます。

書庫全体表示

記事検索
検索

全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

October Rock Shore Fest

ようやく秋っぽくなってきたかと思ったら、
夏のような暑さが戻ったりと、
夏仕様でいくか、秋仕様でいくか・・・
ウエアや装備に頭を悩ませては、
パッキングした磯バッグを再びゴソゴソと取り出したりと、
釣行準備が悩ましい季節でもあります。
 
南紀方面も、風物詩のように初秋の磯にシオが回り始めている時期でもあり、
遠征前の試運転がてら、行ってみることに♪
 
開始早々に、完全シオ狙いでジグをシャクってるにもかかわらず、
ぺんぺんシイラやダツがアタックしてきます。
サイズはともあれ、なんとか狙いのシオを釣るべく、
小型シンペン(懐かしのザウルス・シコトゥイッチャー)にサイズダウンしてると、
今度はツバスラッシュ・・・
 
イメージ 1


イメージ 2

ポイントを変更し、午後の後半戦では、潮が変わってきたタイミングでようやく念願のシオをキャッチ♪
イメージ 3

同行者は、パターンを見出したのか、ジグでワンキャストワンヒット(1CH)状態に!
僕も、パターンをようやくつかんだ頃に、残念ながら納竿となりました。
ほんま、慌ただしい終わり方でした・・・汗
 
 
で、10月の連休は、待望の秋の遠征に♪
珍しくというか、メンバーが良いのか(笑)
天候にも恵まれて快適に夜明けから日没まで、さらに、夜中まで(爆)釣りができました!!
 
ここでも、高活性だったのは、シイラ。
しかも、かなりの巨大なやつ。
何本かファイトすると、トレーニングしてきたにも関わらず、
足腰に効いてきて、体力が奪われます(苦笑)
イメージ 5

イメージ 4

しかしながら、同じタイミングで、キハダも回遊しているので、
とりあえずは、しっかりとフッキングせざる得ません!
そんな状態の中で、対シイラ用ファイトしていたら、
寄せてみると、キハダでした・・・(汗)
イメージ 6

イメージ 7

ジグでは、1CHでシオ、ヤイト。
足元には、うじゃうじゃとコマサとツムブリが。
もちろん、見過ごすわけにいかず、いい大人がムキになって、キャッチしちゃいました(笑)
イメージ 8

イメージ 9

 
夜の部では、一投目から、予想外のナイト・ヒラマサをキャッチ!
30センチぐらいのサバを丸のみで、40号のクエ針が閂にしっかり貫通してました。
イメージ 10

勢いに乗って、本命を狙うものの、
エサ取りの猛攻にあい15kgの冷凍サバがどんどん減っていきます。
相手は、常連客のウツボではなく、イズスミのような感じで、
サバの肉だけ喰われて、きれいに骨が残ってきます。
 
さらに夜が更けて、体温も下がってくると、睡魔との戦いになります。
穂先のケミ蛍が2つ、3つに見えてきて、
クルクルと回り始めたので、これは気力・体力の限界と悟り、
寝袋に入ったら即死でした(笑)
 
けど、3日間を通して、いろんな魚が遊んでくれたので、かなり楽しめた釣行でした☆彡

この記事に

The sea of Japan

先日の連休は、日本海の離島へショアゲームに行ってきました〜。
どこのエリアも天候が不安定ではありましたが、
とりあえず行ってみることに。

道中に、予想外のどんでもない爆音に悩まされ・・・苦笑
で、結局、寝不足のまま磯に。

なんとか磯に立てたものの、うねりは強くなるばかりで、
危険と判断し、2時間程度で早上がり。

季節外れのシイラがアタックしてきた程度で初日は終了↓

しかも、メータークラスのシイラをぶち抜こうとした際に、
ロッドを破損してしまうというアクシデントもあり、いきなり出鼻を挫いてしまう。

二日目は、グーグルマップを駆使しつつ、少ない情報を元に地磯をランガンすることに。

開始してから全く生命反応もなく、

このままダラダラ一日を過ごすことになるのかなぁ〜という悪い流れを感じていると、

潮目が寄ってきたタイミングで、一気に海全体の活性が上がる。

沖ではマグロのような大型魚が捕食しており、手前でもボイルが多発!!

そんな中で、一番活性が高かったのは、

やはり季節外れとも思えるシイラ・・・

しかもデカい。10キロオーバーがウヨウヨといった感じ。

もう、予備のロッドが無い状態なので、しっかりと弱らせてからランディング。

群れの中でも比較的小さかったけど、メーターオーバー。

イメージ 1


午後も、潮通しのよさそうな磯で竿を振るものの、

シイラの猛攻に遇う。。。

トランペットに、複数のシイラが奪い合い、

フロントとリアフックにそれぞれメータークラスのシイラがダブルヒット!

ジャンプも、うまくシンクロナイズされていて、なんだかイルカのショーみたい(笑)


最終日は、うねりもマシになり、沖磯に♪

イメージ 2


あれだけいたシイラの姿もなく、ベイトもいなくなっていたが、

あきらめずにキャストしていると、ヒラマサがチェイス!

本命なのに、昨日、一昨日の状況を経験しているだけに、

予想外の出来事のように感じてしまった。


その後も、ガンマLのサイズを変えながら誘い出すと、

チェイスと派手なバイトが多発!するものの、何故かフッキングしない。

マイクロベイトパターンか!?と思い、

スケルトンのダイペンにチェンジすると反応は消える。

小型のイワシパターンのようなので、ダイペンをサイズダウンし、

浮力を落としたタイプに変更すると、ドバッ!

ついにフックオン。

80㎝足らずではあるものの、満足の1本!

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5


さらに、やや角度を変えて攻めてみると、同サイズがヒット。

その後も断続的にバイトが続き、アッという間に納竿タイムとなりました。

いよいよ秋のヒラマサシーズン到来かな〜♪





この記事に

Dead Bait Style

9月に入り少し涼しくなったので、南紀の沖磯へ♪
台風のうねりが残っており、朝は安全優先で湾内に近い磯でキャスト開始。

潮色があまり良くなく、ベイトもいない。
潮は下っており、流れも悪くないので、状況が変わることを祈りつつ、
トップ、ジグをローテーションしながら、キャストを繰り返す。

慣れないベイトでのキャストを繰り返すが、
オズポート10号+シーハンター20号10m+フロロ50号のラインシステムでは、
飛距離が出ない。
当然と言えば当然か・・・

イメージ 1


時間だけが過ぎていくというよりも、
時間が過ぎていくのをただただ待つといった状況になってしまい、
昼頃までは、グタグタと時間をつぶす。

うねりもマシになってきた感じで、昼から沖に出た磯に移動することができた。

幾分かは、潮色も良いが回遊魚はダツぐらい。
今年はシイラが少ない。
シイラが少ないシーズンは、代わりのフィッシュイーターが入ってくる事があるが、
それも無さそうな状況。

とりあえずお土産確保☆彡ということで、
ワームでボトムを探ってみると、アカハタがコンスタントに釣れてくれた。
サイズがいいのだけをキープして、後はリリース♪

イメージ 2


あとは遊ぶのみなので、
もう一つの目的であるベイトスタイルでのデッドベイトの完全フカセに切り替える。

イメージ 3


ムロアジはサバやメジカと違い、臭いも大して臭くないので、助かる。
5、6匹投入した頃に、ベイトを抑え込むようなあたり。


どうせウツボやろ〜っと思ってたら、横にラインが走ったので、
少し送り込んでから、アワセを入れる。

ベイトの巻き上げ力とパワーハンドルを最大限生かして、
ゴリ巻!

上がってきたのは、

なーんや!こいつかっ!って感じでしたが・・・

イメージ 4



まあ、楽しませてくれたグッドファイターでした。

口から優しく♪フックを外してあげて、そっと海に帰してあげました。


その後、ハンマーの姿もあったけど、誘いきれず・・・

すっかりサメが本命になってました♪




この記事に

Summer Break and New Tackles

サマ−シーズンに入り、

盆休みも無いので忙しい毎日を過ごしていますが、

先月からの備忘録としては、旅行&タックル強化月間って感じでした。  
日本海日帰り釣行に、南紀灼熱の磯にも行ってました♪ 
 
7月上旬は、毎年恒例の香港・マカオに!
ここ2年間で3回目というハイペースなヘビー・ディスティネーションになってます♪


友人がインスタにFacbookにアップしたいと言うので、
香港ではインスタ映えする飲茶に、アフタヌーンティー〜☆
イメージ 3


イメージ 2


マカオでは足つぼマッサージに、エッグタルト〜☆という、

オッサン3人とは思えない行動でした。


イメージ 1

トランスフォーマーにも登場する超密集マンションにも行ってきました。

 
マカオのカジノでリフレッシュ♪

買ったら欲しいタックルを買っちゃう作戦です(笑)
まあ、そんなに世の中うまくは行きませんね・・・

イメージ 4
イメージ 5


家族旅行では、今年は久々に国内旅行にして、北海道に☆彡
湿度もなくて、涼しくて気候も最高やし、
食べ物も旨いし、ラフティングやったりして、あっという間の4日間でした!

イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8


さて、マカオのバカラで買ったわけではありませんが、

秋からの後半戦に向けてタックル強化!  
イメージ 9
イメージ 10



思い切って、ベイトタックルにもチャレンジしてみることにしました。

リップルのRUNNER EXCEED 105BHHにタリカ16(左巻)

ハンドルはスタジオコンポジットのカーボンハンドル

ラインは、オッズポート10300m
スペーサーはSSアシスト35号、シーハンター25号、石鯛用PE20号など
用途によって使い分けてみようと考えてます。  
 
イメージ 11
イメージ 12


ベイトスタイルの目的は2パターンで考えてます。

  デッドベイトでのスタンディング(ターゲットはクエ)
  ビッグルアーのキャスティング ※これが難しい・・・  
うまく使いこなせるようになるまで、一に練習、二に練習!!

というわけで、近所の野池にキャスト練習に行ってます♪ 


イメージ 13


先ずは、バックラッシュせずに60〜70%の飛距離を目指すのが目標です(笑)

この記事に

Looking back the past memory

ブログの更新がかなりご無沙汰になってしまいました・・・汗
えーっと?はて、いつから更新してなかったっけ〜?って状態です。
 
最近、年のせいか、ほんまに毎日が忙しいのか、
時があっというまに過ぎていきます。
1日が数分で、1週間が1日ぐらいの早さで過ぎていく感覚です。
いや、きっと、年のせいでしょうね〜(苦笑)

という事で釣行をいくつか振り返ってみれば、
 
5月の遠征では、Nさんとビッグワンを狙いに行きましたが、
かなり状況が厳しくルアーでは撃沈でした。
けど、Nさんのパワーキャスティングは、
見ているだけでもホレボレしてしまいます♪
僕ももう少しパワーアップしなければと実感しました。
 
ナイトゲームでは、新調したガーラ用磯竿のスタンディングスタイルで、
小型ながらもクエをキャッチすることができ、
オリジナルなスタイルの可能性を感じる事ができました。
イメージ 1

 
また、ご一緒した底物師から、大好物のイシガキをもらって、
刺身に潮汁に♪上品な脂が絶品でした!
Mr.ISHIDAIさんありがとうございました!!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

6月の遠征では、トビウオパターンのヒラマサを追いかけましたが、
ややシーズンがズレた感もあって、結局ノーヒットでした。
まあ、2日間ビッグプラグばかりを投げ倒したやりきった感はありましたが・・・。
イメージ 5

和歌山では、五目釣りのライトゲームをして、
時々、青物を釣ったり、釣友に隣で鰤をキャッチされたり(苦笑)
楽しませてもらいました♪

イメージ 6


イメージ 7

さて、これからのサマーシーズンは、
なんといっても、
究極の贅沢☆彡
 
冷房の効いた部屋で、
ネットショッピングでタックル強化ですね(爆)
 

この記事に

全55ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事