信州小諸通信

定年後の田舎暮らしから気晴らしの気まぐれ通信。姉妹ブログ「信州小諸論壇」

全体表示

[ リスト ]

鼠(ねずみ)宿

   北国街道で上田宿の次は坂木(坂城)宿ですが、その間に鼠宿と言われる間宿があります。国道を通ると信号機に「ねずみ」と掲げてあるのをいつも面白く見ていましたが、ここは正式な宿場ではなく、松代藩が私的に設けた間宿とのことです。したがって本陣や旅籠などはなく、お茶屋があった程度のようです。宿場を思わせる史跡らしいものはありませんが、一部国道の脇に記念ストリートが手入れされています。
イメージ 1
 
    「北国街道鼠宿跡」
  ここ鼠宿は、北国街道の上田宿と坂木宿の間宿(あいのじゅく)であった。真田氏は元和八年(1622)上田から松代に移ると、当時南条村と称していた金井村以南の地を鼠宿村と改め、翌九年に鼠宿村の北部と金井村の南部を合わせて新たに新地村を作ると共に、鼠宿・新地両村の共同経営とする「鼠宿」の宿場造成に着手した。
  上田・坂木の両宿は幕府公認の本宿で、鼠宿は、松代藩が設けた私宿であった。幕主の参勤交代・領内見分、藩士の日常出張等の際の宿泊・休憩の接待や、藩の荷物の継ぎ立てに当たらせ、口留番所を設けて人や物の出入りを取り締まった。
  岩鼻は松代領と上田領の境界で、東・北信を結ぶ経済・政治上の要衝であり、鼠宿の口留番所における人と穀物・酒・漆等に対する取り締まりは関所なみの厳しさであった。
  岩鼻はまた坂木の横吹坂と並ぶ街道の難所で、加賀の前田侯は参勤交代の際岩鼻を通過すると、飛脚をたてて無事を国許に伝えたという。
  宿場の南北の入口に桝形があり、道路は鼠宿・新地両村境でカギ形に屈折し、道路の中央に用水を通し、川の東に沿って柳・榴・海棠等の並木があり、井戸がその間に点在した。
  本陣(正式名は御茶屋)、脇本陣、問屋、馬宿のほか、一般人の休息する茶屋もあって、宿場はにぎわった。宿場南端の会地早雄(おうじはやお)神社は由緒深い社で、境内に江戸時代に建立の万葉歌碑と明治に建立の芭蕉句碑が並ぶ。
  明治維新を迎えて宿場は廃され、明治九年(1876)に北国街道は国道となったが、後信越本線の開通により街道交通はさびれていった。
  以来幾多の変遷を経、今岩鼻の国道は新たな車時代の難所となり、建設省によって急崖が削られ、国道の拡幅、歩道の新設、緑地帯の造成の画期的な工事が竣工した。これを記念し、昔日の面影をしのび、これを記して後世に伝えるものである。
    平成六年八月                                  坂城町
 
イメージ 2イメージ 3              この番所の関所並みの取り締まりは厳しく、品物や人の出入りを見張ったといい、寝ずの見張りがいたので「寝ず見」が「ねずみ」になったという説もあるそうです。 
 
  また、「鼠」をめぐる民話も伝わっているとか。
  昔、この地に風土病の原因の「ツツガムシ」が住み着き、住民が困っていると、大きな鼠が現われツツガムシを退治してくれたそうです。住民は大変感謝して「鼠」を神と崇めたのですが、ツツガムシがいなくなって、鼠は村の産業の「蚕」を食べるようになりはたはた困ってしまいました。そこへ今度は大きな唐猫が現われ、鼠を退治してくれたそうです。そんな関係で鼠という名が残ったそうな。
 
  この民話には、似たような話がいくつかあるそうですが、唐猫に退治された鼠は、苦しさのために当時その千曲川畔にあった湖に逃げ、とうとう逃げる為にその湖の岩肌を噛み切った為に、大氾濫が起こり、鼠も唐猫もその強流に流されてしまったとのこと。そのために、ここの千曲川は東西に大崖が迫った地形になっています。今、岩鼻と言われる山並みが千曲川まで迫って断崖を造っているのに合う話で、楽しくなります。鼠の住民は、ツツガムシを退治してくれた鼠を崖の岩屋に祀り、唐猫は下流の篠ノ井塩崎まで流され、その地の人々に祀られ、現在もある「軻良根古(唐猫)神社」だそうです。なかなかスケールの大きなロマンある民話です。
 
  ここの独特な地形を、下流の戸倉にある荒砥城跡から望めます。
イメージ 4
 
イメージ 5  
  ここの産物には「ねずみ大根」があります。大根ですが、見るからに鼠の形に似ています。辛味が強く、この大根をおろしてうどんを入れる「おしぼりうどん」が名物です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事