信州小諸通信

定年後の田舎暮らしから気晴らしの気まぐれ通信。姉妹ブログ「信州小諸論壇」

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

松代そぞろ歩き

 幼稚園の評議員会が松代であったので、出かけた折りわずかな空き時間に近くを歩いてみました。
 まず、真田弁当つたやという見るからに貫禄のある建物が目につきました。銘菓のお店だそうだけど、信州名物の「おやき」が有名になっているとか。
「大名おやき」の大看板とその能書きが面白い。

イメージ 2イメージ 1








イメージ 3大名おやき 信州名物おやきの話」オラほう(北信濃)じゃ昔っから祭りん時や、おこでれ(おやつ)には、よくおやきを食った。野菜を味噌で味付け、粉をねって丸め、灰ん中で焼いたり蒸したり皆んな独自の味を自慢したもんだ。これがまた素朴な味でおごっつおだった。伝統の味をまもって今に伝承し北信濃の名物として是非一度お召し上り下さい。

  その近くにお稲荷さんがありました。草木に覆われた奥深くに何やら言われありそうな小さな社がありますが、特に特徴あるという建造物ではありませんが、狛犬ならぬ狐の石像がかわいいいでたちです。町内の鎮守として受け入れられている日本らしい民俗風物のようです。
イメージ 4イメージ 5








  懸宮稲荷大明神 
  祭神 正一位稲荷大明神 稲荷大明神は、食物・農業・殖産興業・商業などの神さま。松代西木町の懸宮稲荷大明神は、文政九年(1820)に、松代藩預所が勧進。明治維新後、民間に払い下げられ、社も含め永島新兵衛に渡り、屋敷の鎮守社となった。
 昭和初期、永島家が松代を去り、稲荷大明神は佐藤媒治郎に渡り、西木町のお稲荷さんとして祀られるようになった。

 石の鳥居は文化四年建立、石造手水鉢は慶応三年に水内郡高井郡十六箇村、権堂村他が奉納した。春秋の例祭や初午祭は賑わいを見せている。


イメージ 6

イメージ 7








  松代は歴史的に重要な位置を占める町ですが、鉄道の駅も廃止になり斜陽の町の様相を思わせますが、町の中心地は整備され、気持ちの良い通りです。洒落た大通りと、昔づくりの家並みが組み合わさっている町です。そしてそこここに歴史的息吹が感じられます。


イメージ 8この家の前には、「御使者屋敷の跡」との案内板があります。
「御使者屋敷の跡」
   松代町伊勢町 江戸時代
  松代藩政の時代、他の藩の使者を宿泊させた松代藩の公的宿。佐久間象山が、一時期この屋敷を借りて住み、嘉永二年(1849)に鐘楼との間の約六十メートルを電線で結び、日本初の電信実験を行った。
イメージ 9  なるほどここからその鐘楼がすぐ近くに望めます。また、「伊勢町」の案内棒があり、「伊勢神宮の遥拝所があり町人町の中心地。藩御用達商家を始め大店で賑わった。」と記されています。





イメージ 10 この家の前には次のような案内板が掲げられています。

「山上武夫生家」 
   童話作詞家 
 大正六年(1917)〜昭和六十二年(1987)
    享年七十一歳 菩提寺・證蓮寺
 松代商業学校卒業後、詩作を志し上京。NHKが募集した童謡に「この道ほそ道」が入選。草川信作曲で全国放送されたのを機に、草川の勧めで童謡作詞に転じる。同郷の作曲家海沼実とコンビを組み、「お猿のかごや」(法泉寺に歌碑)や「見てござる」(梅翁院に歌碑)等今日でも歌い継がれる童謡を残した。昭和四十三年「うまれたきょうだい十一人」でレコード大賞童謡賞受賞。
 
 知らないことに出会うとなんだかうきうきとしうれしくなります。















この記事に

開く コメント(0)

 通院の為に、横浜みなとみらいへ行ったところ、目を白黒させるようなことに遭遇。5月8日は、ラグビーワールドカップ日本大会まで500日となった日とのこと。その決勝戦が予定されている横浜では、繁華街にはラグビームード一色になっています。桜木町駅からみなとみらい地区へ架かっている「動く歩道」も満艦飾でいっぱい。ランドタワーも精一杯の飾りです。
イメージ 1イメージ 2








 通路にも趣向をこらした陳列物がいやがうえにもムードを盛り上げようと懸命な装飾です。田舎に引っ込んでいる者にとっては、世界が違う戸惑いでした。
イメージ 3イメージ 4





この記事に

開く コメント(0)

珍しく虹に遭遇

やっと畑仕事をし出したところ、腰痛に悩まされたので、久しぶりに「あぐりの湯こもろ」へ入浴に行きました。夕刻5時過ぎに出たところ、小雨がぽつぽつ。
それよりも、東の空に虹を見ました。西方には夕焼けが見られながらも、東の空は黒い雲の中に、大きな虹が…。良く見るとその外側にも薄く虹が見られ、二重の虹。なにか得したような気分。
イメージ 1イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

君子蘭

平成9年に鮮やかに咲いていた君子蘭、翌年に株分けしてからしばらく音無しでしたが、今年は気の付かないうちに花をつけてつい数日前から開花しました。しばらくぶりねと労い、また家族の一員になっています。三株が競い合ってているようです。
上の画像は3月22日のもの。
イメージ 1
イメージ 2













下のは昨日のもの、成長が早い早い。
イメージ 3イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

満月

昨日、一昨日と満月が望めています。
本当に晴天の夜空に満月が美しい。今、月の出が遅いので、深夜、夜空に目が釘付けです。
真っ暗ながら、森の木枝にかかる満月は、深夜4時頃。
5時半頃、夜空の色が青くなってきたころの月はいっそう極め立っています。
地上のものもはっきりと見とおせます。まだ、桜はつぼみのままなのが残念ですが。
信州は、「月と仏とおらがそば」とはよく言ったものです。
イメージ 1イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

全323ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事