全体表示

[ リスト ]

家に帰ると 宮本亜門からDVDが送られてきた。
イメージ 1



タイトルが「ありがとう20年祭」。 マーマン初演から20年=亜門も演出家20年。
当時のなつかしい映像、出演者達。みんな若いなー。

なつかしい・・なつかしいので懐かしい思い出?を

30?年ぐらい前 ジュリーアンドリュースファンクラブで知り合った小池修一郎から
宮本 亮次(亜門の本名)を紹介される。

1977年 私が劇団四季に入団(スタッフとして)、小池修一郎は宝塚歌劇団に
入団。 お互いにがんばろうなんて言ったような。

1984年 劇団四季退団(卒業?)後、フリーになり
リトルショップ オブ ホラーズの稽古場で振付家の宮本亮二と再会。

1986年 小池修一郎 宝塚 第1作「ヴァレンチノ」の振り付けが宮本亜門でした。

1987年 外国留学から帰ってきた宮本亜門が演出家としてマーマンを演出。
舞台監督としてマーマンの最初から最後まで、公演数500以上。
15年間付き合うとは。

ところで今稽古中の新国立劇場の「たとえば野に咲く花のように」
の演出家の鈴木裕美と出会ったのも1987年でした。

今日は、大崎の六厘舎となりの「ジャンクガレッジ」に行ってきました。
まぜそばが有名ですが、きょうは、ラーメンで全部入れに挑戦。
イメージ 2


もやしを食べるだけで大変。非常に美味しかった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事