☆レプリカ世代発☆

いつもご訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

さてさて、今回の野営はとある森の奥!
ブッシュの中を藪こぎしながら進んでいくと、近くに小川の流れる素敵な場所へ到着します。
水は現地調達しますので、持って行くのは浄水ボトルのみ。
 
今回の遊び心は携帯・カメラ以外の電池禁止!というものでしたw
つまり、LEDのない世界ですので、コンパクトなガスやガソリンなどの燃料系ランタンを持たない
われわれにとっては暗闇が待ってます(笑)
 
お昼頃到着しましたが、薪を集めたりゆっくりしながら、いよいよ暗くなってきました。
イメージ 1
2月ですが、とても涼しげなOさんのスタイルw
 
 
本当であれば、かがり火やたいまつを作ったり、そんなことをもくろんでましたが、お酒が入るとすべての
気力を失わせてしまいます(笑)
しいて言えば、いつもと違って暗闇になってから困らないよう、明るいうちに準備できることは全部やって
おきました。
 
晩飯も16時くらいから早々にスタートしてました(^^;
イメージ 2
 
 
 
 
日が暮れていきます・・・・
イメージ 3
 
 
 
森の中の野宿。とてもいい雰囲気です。
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
出発前、2月ということで、寒い中で暗闇?ほとんどビバーグ状態になるのかと多少の不安はありまし
たが、気温は0℃前後と暖かく、月明かりが残雪を明るく照らし出し、ランタンなしでも動き回ることが
できました(爆)
空を見上げると・・・綺麗だなぁ・・・。
イメージ 6
 
 
普通に快適な野宿とあいなりました。
 
 
キャンドルを中心に森の中で宴。とてもいい雰囲気です。
 
イメージ 7
 
 
僕もツエルト内ではキャンドルを20個持っていってましたので、最大一度に6灯もすれば“豆電球
くらいの明かりを得ることができました。
 
イメージ 8
手前の木の根っこに月明かりが照らしてます。
いい椅子でしたw
 
 
遠くから「お〜〜〜〜い!」という声。
深夜0時頃、もう一人メンバーが座標を頼りに現地まで一人で歩いてきました!ww
残雪に大きな獣の足跡があったり、かな〜り不安だったそうですが、携帯もつながりませんが、
無事に合流!
米軍ポンチョと米軍シュラフのみで一夜を明かしてました(^^;
 
もしも寒いようだったら焚き火の世話をしてますって言ってましたが、今回は天候がよく、快適に
眠れたそうですw
 
 
撮影機材:Canon G1X
 

この記事に


.


みんなの更新記事