全体表示

[ リスト ]

千葉日記 180125

イメージ 1

【らーめん鷹の羽】
 千葉では珍しい牛骨スープの極塩ラーメン
 内房沿いに住んでいるので、千葉駅周辺で遊ぶことが多い。遊ぶといっても食事や買い物や映画や麻雀といったところだ。三越とパルコが潰れて大分廃れてしまうかと思われたが、駅前のSOGOは相変わらず健在だし、リニューアルした駅構内及び駅ビルのペリエは連日盛況で、むしろ以前よりも活気が出たように思える。
 
 一昨年末にリニューアルオープンした駅構内は「ペリエ千葉エキナカ」という名称で、あの「中華蕎麦とみ田」の直営店「松戸富田麺業」や、イートインの寿司屋「魚力海鮮寿司 海鮮魚力」、その他「そばいち」「一得餃子房」「こめらく」などの食事処もあり、「コモンカフェ」「ドリップマニア」「ウナウカフェアンドキッチン」などのカフェや、元気印のメロンパンの販売戸数の世界記録を樹立した船橋の「ピーターパンJr、カスタムコッペが有名な「カワシマパン」といったパン屋、「お菓子工房バニーユ」「菓子工房アントレ」「晴れの日」「モンペリエ」とスィーツも充実している。
 他に、青果・精肉・鮮魚や弁当や総菜などを揃えた「新千葉Local eatsなどスーパーを含め48店舗を併設した。
 
 そして、昨夏にオープンした駅ビル「千葉ぺリエ」はさらに凄い。「そば酒房凛や」「おだしうどんかかや」「おぼんdeごはん」「どうとんぼり神座」「アロハテーブル」「焼肉トラジ」「パパイヤリーフ」「神田グリル」「イタリア食堂ポルチェリーノ」「恵比寿かつ彩」「鎌倉パスタ」「スターバックス」「タリーズコーヒー」「星野珈琲店」といった飲食店から、Lee」「BEAMS」「DIESEL」「サマンサタバサ」といったファッション店まで、なんと107店舗も構え、新たな千葉の顔となりつつある。
 
 その他、映画館が並ぶ千葉中央、風俗店や韓国料理店が並ぶ栄町、キャバクラやガールズバーが乱立する富士見町、そしてその富士見町内にある葭川公園駅に至る通りには「日高屋」「大阪王将」「一風堂」、そして少し前に紹介した「武蔵家」といったラーメン屋や大衆料理屋が並んでいる。
 そう考えると、千葉という町はなかなかユニークな町である。さすがに新宿や上野と比べるとそこまで歴史も奥深さも感じられないが、適当に買い物して美味しいものを食べるには決して悪くない町だ。
 
 そんな富士見町に、私が行く「ウェルカム」という雀荘がある。先月、久しぶりに部下たちと麻雀をやった。部下たちは、私が帰国してから麻雀をするのを楽しみにしていたらしい。お昼に集合して皆でラーメンを食べてから雀荘に行くことにした。最初は「七星」で美味しい白湯ラーメンでも食べようと思っていたのだが、雀荘から少し遠いのとどのくらい並ぶかわからないので、雀荘のすぐ近くにある「鷹の羽」というラーメン屋に行くことにした。
 
 脂っぽい豚骨や家系、ボリューム満点の二郎系のラーメン屋が多い中、「鷹の羽」は牛骨スープをメインとした清湯系のラーメンである。メニューは牛麺(醤油味)・塩ラーメン・鶏そば(焦がし鶏油使用)・海老そば・柚子涼麺・油そば(鶏味・海老味)がある。私はこの店の看板メニューである極塩ラーメンと羽付き餃子を頼んだ。うん、確かに美味しい。この店は千葉駅付近では「七星」に対抗できる実力店だと思った。だが、こういった上品なラーメンって、食べた時は美味しくても意外と後々まで印象に残らないというのも確かではある。
 
 ちなみに、この日は久々に麻雀で大負けした。しかも、元生徒の根本くんにかなり振り込んでしまった…。まぁ、わざわざ蒲田から休みの日に千葉まで出てきた彼が勝って良かったは良かったが。

イメージ 2


不覚にもこの店も写真を撮り忘れたため、以前もここで取り上げた姉崎の「天一」の写真を添付してみました。全然趣向は違うが、「鷹の羽」は淡麗系で美味しいラーメンです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事