法律メモ

大阪弁護士会の弁護士です。ブログはどのPCからでも気軽に書き込めるメモ帳です。

第一審通常訴訟新受事件数(全地裁,事件の種類別)

イメージ 1

 どのような種類の事件が増加しているか検証するために,司法統計から,第一審通常訴訟新受事件数―事件の種類別―全地方裁判所(司法統計第18表)の平成16年から平成26年までの数値を,平成16年対比でグラフ化いたしました。
 なお,平成16年以降を対象としたのは,平成15年以前は事件の種類の分類が概括的であり,平成16年以降の分類がより詳細になっているからです。

 その結果,労働事件(グラフの赤線と黄線)が,裁判事件としても増加していることが分かりました。
 実際に事件を扱っている実感にも合致いたします。

 とはいえ,「その他」のカテゴリー(グラフの茶線と薄茶線)も増加しており,司法統計では捕捉しきれない種類の事件もまた増えているのかも知れません。

その他の最新記事

すべて表示

ヒトラーが現代によみがえって巻き起こすドタバタを描いた小説です。 (wikipediaの項目) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81% ...すべて表示すべて表示

『居酒屋兆治』

2014/9/28(日) 午後 8:10

 DVDを借りて『居酒屋兆治』を観ました。  主題を一言で言うと「いろいろあるけど生きていく。」というもののように思いました。  悪人の出てこない善人ばかりが出てくる話なのですが,笑ってばかりの生活ということでもなく,う ...すべて表示すべて表示

平成2年度から平成25年度までの裁判所の新受事件数,及びそれを弁護士一人あたりに換算した数値をグラフにしました。 資料としては司法統計と弁護士白書を利用いたしました。 下記は若干の分析です。 1,刑事事件及び少年事件 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事