法律メモ

大阪弁護士会の弁護士です。ブログはどのPCからでも気軽に書き込めるメモ帳です。

全体表示

[ リスト ]

評判の芳しくない『平清盛』を,最初から最後まで,はじめてきちんと観ました。

松山ケンイチの鬼気迫る演技と,複雑な時代背景を可能な限り判り易くまとめた脚本,写実主義の映像とメイク。
惹き込まれて,あっと言う間の45分間でした。

何故,視聴率が振るわないのか不思議です。

松ケンはすごく頑張っているのに,ちょっとかわいそうですね。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

第47回「宿命の敗北」も良かった。
前回同様,あっと言う間の45分間でした。
やはり清盛は悪役のイメージですね。

2012/12/2(日) 午後 11:10 [ 布袋 ] 返信する

こんばんは。キャスティングがイマイチだと職場の人たちは言っていましたが、前の「江」の設定の馬鹿馬鹿しさといい、大河ドラマは売り出し方が最近失速気味かもしれませんね。

2012/12/5(水) 午後 9:17 [ ミミ ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。

「江」の設定が馬鹿馬鹿しい(江を良いものにするための事実の捻じ曲げということですよね。)のはその通りだと思います。

でも「清盛」のキャスティングはイマイチなのかなぁ。
他のキャスティングは良く分かりませんが,主役の清盛を演じる松ケンの演技力はすごいと思いますよ。

2012/12/6(木) 午前 3:16 [ 布袋 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事