季節の野鳥(東京周辺)

野鳥を中心にエコな自然観察とアウトドア関係の話です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全219ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

夏の間に、一度は会いたいコマドリ。
高い山の暗い森で、
「ヒン、カラカラカラ・・・」
と、馬のいななきのような囀りが聞こえてきたら、慌てずにじっとして、目をこらせば、こんな姿を見ることが出来るかもしれませんね?
もっとも、このときは鳴いてはおらず、苔の生えた岩場をチョロチョロと動き回っているところを見つけたので、てっきりミソサザイかと思ったのです。
しばらくして、この個体が囀ったので、オスだと分かり、その場面も撮影したのですが、暗くてSSが上がらず、尾羽やくちばしがブレブレ。それで、じっとしている場面を載せました。

イメージ 1
コマドリ♂             クリックで大きくなります。

このコマドリ、尾羽に白い飾り羽のようなものがあります。毎年、この付近にはコマドリが来て、何度かこの白い羽を見たような気がするので、同じ個体か血縁なのかもしれません。
ルリビタキ、メボソムシクイとこのコマドリは、夏の亜高山帯を代表する小鳥ですね。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

山間部の沢筋を歩いていたら、
「ギィ、ギィ・・・」と言う声と、
「ホイホイホイ・・・」と言う鳴き声が聞こえてきました。
あまり聞き慣れない声ですが、非常に特徴的なので、その声の主はすぐに分かったのです。
その名は、サンコウチョウ。
これまでにも何度か見たことのある鳥ですが、このときは実に尾羽の長い美しい個体だったので、大感激!

イメージ 1
サンコウチョウ            クリックで大きくなります。

今年は何カ所かでサンコウチョウを見かけ、なんだか数が多いような・・・。
このときは、もう一羽、同じように尾羽の長い個体が飛んできて、2羽でしばしばバトル状態になったのです。
2羽が空中で接近し、クルクルと急旋回すると、まるで新体操のリボンのように尾羽が輪を描きます。全く夢のような共演を私一人で眺めることが出来、最高のひとときでした。この様子を撮影出来たら良かったのですが、暗い森の中、しかも葉の茂った枝がたくさん邪魔をして、その間から見るのが精一杯の状態だったのです。
その他の状態ではたくさんシャッターを切れたのですが、ほとんどが枝被り。何しろ尾羽が長いので、全身が見えることがほとんどないのです。
でも、この時間は長いことは続かず、怖いカラスがやって来て、サンコウチョウはどこかに飛んで行ってしまいました。
私は山を歩いた後に、再びこの場所に戻ってみたのですが、いたのはカラスだけ。サンコウチョウは姿も鳴き声も全く確認できませんでした。
「月日星ホイホイホイ」と言う声をもう一度聞きたかったなぁ〜

この記事に

開く コメント(0)

クロツグミ

 渡りの時期には、都内の森でも目にするクロツグミ。
 夏の繁殖場所は、低い山も含まれるので、気軽な登山でも囀りは良く聞くことが出来ますよね。
 ただし、姿はなかなか見ることが出来ない鳥という印象でした。
 やっと見つけても、遠くて撮影する条件ではないことがほとんどです。

 しかし、場所によっては、それほど警戒心が強くない個体がいるようで、今回初めて行ったところでは、こんな感じで撮影が出来たのです。

イメージ 1
クロツグミ              クリックで大きくなります。

 この他に、つがいらしいクロツグミが採餌しているところや、藪野の中の巣立ち雛も見ることが出来、かなりクロツグミの密度が高い地域だと言う印象でした。

 クロツグミの囀りは、声量もありとても美しい声ですが、10年ぐらい前から、ちょっと似た声のガビチョウが増え始め、紛らわしい感じです。しかし、聞き比べると、クロツグミの方が遥かにまろやかで品のある声だと、私は思います。

 山の方では、ガビチョウとソウシチョウがやかましく鳴き、都内ではワカケホンセイインコがこれまた、キーキーと騒々しく鳴いています。外来種をもうこれ以上増やさないように、気をつけたいものです。

この記事に

開く コメント(2)

夏山のルリビタキ♂

繁殖時期には高い山にいるルリビタキ。

美しい囀りが聞こえてきたので、探してみると・・・
姿も美しいこのルリビタキがいたのでした。

イメージ 1
ルリビタキ♂             クリックで大きくなります。

冬には里で同じように美しい姿を見せてくれます。
種類によっては、冬羽と夏羽が全く違うものもいますよね。
自然の生き物の進化?は、本当に不思議ですね。

この記事に

開く コメント(0)

山のキクイタダキ

小さな鳥が、
「チリリー・・・、チリリー・・・、」
と鳴きながら、小枝を次々と飛び移ります。
頭の上の黄色い模様が、菊のようだとか・・・
そんなキクイタダキを山で多く見かけました。

イメージ 1
クリックで大きくなります。

 本当に小さな鳥ですので、鳥好きの人でないと、その存在も分からないでしょう。
冬には平地の里でごくまれに会うこともあります。山の上とは言え、今回のようにたくさん会えたのはラッキーでした。

この記事に

開く コメント(2)

全219ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事