季節の野鳥(東京周辺)

野鳥を中心にエコな自然観察とアウトドア関係の話です。

カヌー・カヤック

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 (10月30日のことです)
 5年ぶりで奥利根湖のカヤッキング。3年前に来た時、最悪のタイミングで事故が起きていてこの湖は入れず、隣の奈良俣湖に移動したのだった。そのとき、2年ぶりと思ったわけで、それからあっと言う間に3年もの月日が流れてしまっていた。
 8時半に湖につながる林道ゲートが開くと言うので、それに合わせ、5時半ごろ家を出る。もちろんまだ真っ暗。星が綺麗だった。
 予定通り、8時30分少し前に着いたので、ゲートが開くのを待つことになるのかと思ったら、なんともう開いていた。
 
イメージ 1
 
 湖面に出られるのはたしか9時からとなっていたのに、なにやらエンジン付きボートがもう数隻準備して出ていく。ずいぶんといいかげんな規則だと思ったが、早い分にはかまわない。
 湖の水位は最高に高く、船を下すところは狭くなってしまっている。そこにエンジンボートを下す車が順番待ちをしているようなので、私はファルトボートと荷物を全部担いで徒歩で水際まで行くことにした。
 そこでの手続きが、また以前よりさらに細かくなっていた。あの3年前の事故からこうなったのであろう。このようなところは自由に入ることができてもよさそうなものだが、逆らっても仕方がないので、すべて手続きをした。その間、あの重いファルトボートをずっと背負っていた。それが不思議なことに全然疲れなかったのである。最近リュックを背負うことが多くなったので、だいぶ体が慣れてしまったようなのだ。これなら数キロメートルでも平気で歩けそうな気がした。
 
 紅葉は湖畔から見てかなり美しいと思ったのであるが、ゲートの係の人の話では、もう紅葉も終わりだな、と言っているのだった。そう言えば葉が落ちている木も多い。10年前ごろは毎年10月25日辺りが最高に美しい時期だったが、温暖化や今年は紅葉がやや遅いと言う情報もあったので、今日あたりが最高かと期待していたのであるが、やはり25日辺りが良かったようだ。それでもまだ十分に美しいと私は思った。
 さて、ここからがちょっと心配なことが続く。まずはカヤックが万全か確かめていないのである。組み立てにちょっと手こずったところもあったが、それでも約30分でカヤックは出来上がった。その間、エンジンボートを下す車は2台ぐらい来たが、お互いまったく干渉しない位置だったので、それは良かった。そして私がカヤックを下すときは、誰もいなかったのでさらに良かったのだった。
 
イメージ 2
 
 どのパドルにするかはやや迷ったが、一番軽いシューナにした。短いし軽く、ブレードも小さい。カヤックマラソンに出ていたころは、空回りするような軽さで、手応えがなくあまりお気に入りではなかった。でも、本当に久しぶりに漕ぐので、今回は軽い方が良いと思ったのである。結果、それが大正解だったようだ。
 今回、一番心配だったことは、気持ち良く漕げるかどうかだった。また長く漕げるかも心配だった。無理だったら途中で戻ってこようとも思っていた。
 
イメージ 3
 
 と言うことで、どうなることやらと、漕ぎ出したのだった。すぐに感じたのが、先ほど書いたような、パドルが全然空回りするような気がしなかった。これはそれだけ筋力が落ちた証拠である。
 本日使用するカメラはRX100。RAWで本格的に撮れる。それで結果を期待しての撮影となった。
 と言うことで、紅葉を思う存分と撮影してきた。
 
 最終目的地は本流が流れ込む湖の最深部。そこまで片道8kmにはなるので、いきなり往復16km漕ぐことになるが、今の自分にそんな力があるか大いに疑問?
 大まかに言って、絶景がいたるところにあるので、1km進んで撮影で止まる、と言うことを繰り返して進んだ。
 最初の1時間で左の肩がピリピリ痛んできた。これはまずいと思い、出来る限り無駄な力を入れないように漕ぐのであるが、たまにしっかり漕ぐとスピード感があって楽しくなってしまい、ついつい力を入れてしまう。でも、そうしているうちに、体もパドリングを思い出してきたような気がする。
 
 紅葉はもう終わりだ、と聞いてきたのだったが、湖の奥に行くほど灌木の紅葉が美しくなった。これはまだ盛りだ。
 
イメージ 4
クリックで大きくなります。
 
イメージ 5
クリックで大きくなります。
 
 
イメージ 6
クリックで大きくなります。
 
イメージ 7
クリックで大きくなります。
 
 
 滝の辺りは一面オレンジ色。さらに少し進むと、左側奥に神木のようにそびえる木が見える。そこも本当に思い出の場所だ。あのころは一番漕げるころだったので、午後にダムを出発しても、ここまでファルトで簡単に往復したものだ。まあ、懐かしいと言うか、18年が過ぎているのに、あの木は同じように立っていた。
 
 そして、その北はもう湖の最深部、源流が流れ込んでいる。表層の水温もぐっと下がるのだ。ここまで来るずっと前からエンジン付きボートもだれもいない。カヤックは最初から私以外一人もいない。考えてみれば大自然の真っただ中に自分一人いるのであるが、何故かこのときはそんな感じは持たなかった。ただ懐かしいと言うことと、紅葉が美しいと言うことで、胸がいっぱいになっていた。
 
イメージ 8
 
 源流が流れ込んでいるところは、カヤックでなければ来られないので、もう確実に一人だけの世界だった。他にいるとしたら、カモシカやクマである。
 カヤックでも船底がついてしまう地点の岸に上陸した。そこは砂と小石の気持ちの良いところだったので、休憩と軽く食事をした。最高の時間が過ぎていく。
 朝方は寒かったが、気温も上がり、また漕ぐことはけっこうな運動なので暑くなり、上に着ていたフリースは脱いでいたくらいだった。まあ、これ以上気持ちの良い場所はない。紅葉の山、湖、谷に光がいっぱいに射し、透き通った谷川の水が流れこみ、キラキラと輝く。天国はこんなところなのだろうか、と思ってしまう。そよ風で赤や黄色の葉がパラパラと落ちてくるのも、これまた風流である。
 
イメージ 9
 
 ずっとここにいたい気分である。10年前であれば、それも許されたのでそうしたであろうが、今は4時ごろにゲートが閉まってしまうし、戻ったことを示す券を渡さなかったら、警察が捜索に来ると言うことなので、再びカヤックに乗り引き返すことにする。
 
 カヤッキングで一番気になるのは風だ。今日は天気予報に反して帰りは強い向かい風になった。まあ仕方がない、頑張って漕ぐことにする。
 
イメージ 10
 
 
 ここからの帰りは、たいていの場合、太陽が真正面に来て、それが湖面にも反射するので、まぶしくて前を見ることができなくなってしまう。湖面にはさざ波が立っているので、前方はすべて太陽の状態だ。しだいに白波もたちそうなくらい向かい風が強くなり、強くパドリングすることやまぶしさもあり、帰りはほとんど撮影などする余裕はなかった。
 撮影や休憩をあまりしなかったので、向かい風にもかかわらず、帰りは1時間半でダムに着いた。
 
イメージ 11
 
 今回、パドリングで指の一番マメができやすいところに絆創膏を巻いておいたのであるが、その部分を含めどこにもマメが出なかったし、痛くも赤くもならず、まったく何ともなかった。こんなことは記憶にない。 考えられる理由は、パドルをやや短いものにしたことだ。水のキャッチが少ないが、腕や掌の負担が本当に少ない。3年ぶりで漕いだにもかかわらず、撮影のために蛇行したことを考えると18kmは漕いだのに、あまり疲れなかったことと合わせ、今回のシューナと言うワーナーのパドルは優れもののようだ。
 
 ダムサイトでカヤックを上げ、折りたたみ、専用のザックに入れ車に戻った。
 朝方雪をかぶっていた遠くの山の雪が小さくなっていた。まだ根雪になっていなかったようだ。
 山の広い湖でカヤックをしていたのは私一人だけ。最高の贅沢だった。
 
イメージ 12
クリックで大きくなります。
 
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。m(__)m
 

開く コメント(0)

 7月6日(水)に2年ぶりで奥利根湖カヤッキングを決行…のはずが…?
 少し早起きをし、ひたすら関越道を水上まで走ります。
 今回はフォールディングカヤックツーリングです。
 目的地の奥利根湖はダム湖ですが、ダムの入り口だけしか道がなく、湖の周りは歩く道もない全くの大自然の雰囲気。しかもこの時期でも雪が残る高い山が眺められ、なんとなく外国のような景色なのです。そんな場所でのカヤッキングはサイコー!
 
 高速道を水上インターで降り、一般道を走ってると、後ろからサイレンを鳴らして緊急車両が一台?
 東京では見慣れない四駆の警察でも消防でもない車両に見えました。ここには数十回も来ていますが、あまりこのような車両に会ったことはなかったのでちょっと気になったのですがそのまま奥利根湖を目指します。
 平日ですので、湖はかなり空いていることを期待して、天気も最高ですしさぞかし気持ち良いカヤッキングができるだろうと思いながらダムサイトに近づくと、何故か上空にヘリコプターが?
 ダムに着くと、またしても見慣れぬ車がたくさん止まっているではありませんか。周りにいる人たちは警察や消防関係の人のようで、ただならぬ雰囲気が伝わってきます。
 それでも、ゆっくり進んで湖の入り口のゲートまで行ってみたら、なんとそこにいた警官が、
「今日は一般の人は湖に入れません。」と、言うのです。
ガーン、と言う気分ですが、理由を聞いてみると、湖で事故があり、これから捜索が始まるそうなのです。
 まったく2年ぶりに来たというのに、よりによって湖に入れないとは…。
 仕方がないので目的地をお隣の奈良俣湖に急きょ変更。
 来た道を少し引き返して、奈良俣湖まで数十分走ります。この湖も奥利根湖と同じようにダム湖ですが、周りには林道があり、湖岸もコンクリートのところがあることや、遠くの高い山があまり見えないこと、奥利根湖ほど広くないことなど、カヤックをするには少し魅力に欠けるのです。ただ、エンジン付きのボートが一切禁止になったのでそれは奥利根湖よりいいのですが…。
 
 キャンプ場のようになっているところでフォールディングカヤックを組みたて、ようやく水面に浮かぶことできました。
 正午近くになって風が出てきたので、それが少し気になりましたが、湖面は涼しく遠くからオオルリの声とハルゼミの鳴き声が聞こえます。
イメージ 1
 私のカヤックは一人艇のアルピナ1。
 
 フォールディングカヤック(ファルトボート)は最近あまり流行っていないようですが、総合的な性能はかなりのものなので、本格的にツーリングをするならお勧めです。
 特にボイジャーのシリーズは万能で快適に乗ることができます。でも、その前に良い川や湖がなければいけませんが…。
 
 湖のような水面に出ると、周りの景色がすべて大きいので距離感などがおかしく感じることがあります。
イメージ 2
 このなんでもない写真は広さが感じられないのですが、中央にカヤックが写っているのです。クリックして大きくしてみると分かるかと思いますが、自然の中に入るといかに人が小さく自然が大きいのかよく分かりますよね。
 
 私は少し先の方に行って上陸し鳥がいないか探してみます。
 そこは急流が流れ込んでいるところだったので、岸の切り立った崖を用心しながら進んでみましたが、川を何度も渡らなければ奥まで行けそうになかったので、100mぐらい行ったところで休憩しながら周りを眺めていました。
 その場所は流れの音が大きくて小鳥の声がよく聞こえないので、探鳥には向かず、はっきりと見ることができた鳥は残念ながらトビとカケスだけでした。
 
 しばらくして振り返ってみると、こんな景色でした。
イメージ 3
  
 この日に使用したパドルはワーナーの230cmサンワン。ツーリング用としてはブレードが最も大きい部類で、しっかりと水をキャッチするので正しいフォームで漕ぐとぐいぐい進みます。反面あまり長距離を漕ぐと手首がきつくなりますが、日帰りのツーリングでしたら問題ありません。
 
 結局、鳥の写真はまったくなしになってしまいましたが、この後も気持ちよくパドリングして帰ったのでした。
 
 家に帰ってから、夕刊を見てびっくり!奥利根湖の事故が写真入りで大きく載っているではありませんか!テレビニュースでも取り上げられていました。それによると、事故にあわれた方は15年前ぐらいから奥利根湖に何度も来ていた方と言うことです。私が来るようになった時期と同じですので、ひょっとしら顔を合わせたこともあるかもしれない方です。
 水の事故は本当に怖いので充分に気を付けたいものです。
 
奥利根湖(矢木沢ダム)のホームページはこちら→http://www.water.go.jp/kanto/numata/

開く コメント(0)

久々のカヤック

 このブログを始めて以来、鳥撮影がメインの生活になって、カヌー、カヤックの方は全くご無沙汰状態になってしまいました。
 カヤックやカヌーは天気の良い日に水の上に出てしまえば最高の気分になれるのですが、準備や片づけはけっこうな重労働。まして家の近くではカヤックを気軽に浮かべるところなどないので、ついついおっくうになってしまうのでした。
 それでも、2年前までは、カヤックマラソンに出場していて、その練習と言うことで週に1回は20km以上漕いでいたりしました。その他の日は筋トレなんかしちゃったりして、年甲斐もなく頑張っていたのでした。でも、カヤックやカヌーは本来スピードは出ない乗り物。いくら頑張って漕いでも、普通のシーカヤックでは時速10kmも出ないのです。反対にゆっくり漕いでも時速6kmぐらいは出ます。と言うことで、カヤックやカヌーはゆっくり長く漕ぐのが適した乗り物のような気がします。
 シーカヤックレースに出ることはやめたので、昨年シーカヤックは処分してしまいました。全長5m以上もあるシーカヤックを運ぶには、それなりに長さのある車が必要で、当然のことながら無駄に大きな燃費の悪い車になってしまうのです。当然のことながら環境にも悪くなってしまうので、燃費の良い小さな車に買い替えるためにちょっと残念ですがシーカヤックも手放してしまったのです。
 と言うことで、今所有しているのは、ファルトとインフレータブルの数艇で、3日の日曜日にその中のアルピナ1と言う国産のファルトに約2年ぶりに乗ってきました。
 場所は荒川。週末は河川敷に車が乗り入れられる場所が増えるのでそこから出艇です。とは言っても、川岸はどこも釣り人がいて、これまたカヤックを出すところを見つけるのが大変なのです。それでかろうじて釣り人がいないところでカヤックを出せるところがこんなテトラポッドの危険な場所。
イメージ 1
 ここは潮位の変化があり、引き潮のときはヌルヌルのテトラポッドの上をカヤックを担いで行かなければならないので、さらに危険。そんなわけで、この場所でカヤックをしている人は全くいないのです。ただ、戸田の方からは競技ボートの人たちがやってきます。
イメージ 2
 こんな感じでカヤックの速さの倍のスピードで来るのです。
 
 久しぶりにファルトのカヤックを漕いでみると、なんだかちっともまっすぐに進みません。シーカヤックのようにラダーやスケッグがないので、微妙な体重移動や風によってカヤックの進行方向が変わってしまうのです。
 この日乗っているアルピナ1は、追い風のときの直進性が悪く、漕いでいてもイライラするくらいなのですが、久しぶりに乗ると、さらにコントロールに神経を使い全然気持ちよくありません。横の景色など見ているとすぐに進む方向が曲がってしまうので、ほとんどまっすぐ前方を見ていなければならないのです。
 それでも30分ぐらい上流に向かって漕いでいると、少しは慣れてきて、やっとのんびりした気分になってきました。
 その辺りで、埼玉大橋の下をくぐります。
イメージ 3
 
 この写真では小さくて分かりませんが、土手の上には荒川サイクリングロードがあるので、カラフルなジャージのサイクリストが気持ちよさそうにたくさん走っているのです。
 20年ぐらい前までは、この周辺の土手の上は土の踏み跡ぐらいの小道で、快適に走れるのはマウンテンバイクだけでした。ですのでサイクリストもほとんどいなかったので、自転車で来てもカヤックで来ても、私の貸切状態だったのです。
 
 カヤックはあまり安定した乗り物ではないので、この上からの撮影はし難いのに加え、ダブルパドルは上がったブレードからしずくが垂れるので、体やカメラがどうしても濡れてしまい、あまり撮影には向いていません。しかし、野鳥はよく見られるので、私は撮影用に濡れて壊れてしまってもあまり後悔しないような古いカメラを持っていきます。このときはパナソニックのFZ10を使いました。高倍率コンデジでビューファインダーも見やすくそれなりに写るのですが、連写は記録に時間がかかり全然だめです。
 そのカメラで、岸にいたササゴイを撮ってみました。
イメージ 4
 岸のテトラの上に2羽いたので、番なのでしょうか。
 私がササゴイに気がつかずに近づいてしまうと、この鳥たちは飛んで逃げるのですが、100mも行かない川岸にまた止まる、と言うことを繰り返すので、撮影のチャンスは比較的よくあります。この写真でも少しトリミングしてありますが、別の写真をもっとトリミングしてみると…、
イメージ 5
 
 こんな感じです。やはり一時代前のカメラでは画素数も少ないですし、その他いろいろイマイチでとてもトリミングには耐えられないですね。と言うか、コンデジでは今でもトリミングは無理なのでしょうか?
 
 この辺りの左岸の方は、道満グリーンパークです。そこにもサイクリストがたくさん集まっているのですが、最近はインラインスケートの人たちも多く来ています。
イメージ 6
 自転車は道路でも走れますが、インラインスケートは走ることができる場所は限られているのでここに来る人が多いのも分かります。
 
 そこを過ぎると、武蔵野線の鉄橋があります。
イメージ 7
 その鉄橋をくぐり、左岸にある(桜草?)水門です。
 この辺りから秋ヶ瀬取水堰までは釣り人が多く、そっと漕いで行っただけでも釣りの邪魔だと文句を言う人がいるので行かない方が無難です。私なんかは釣り人に近づかないようにしているばかりではなく、頼まれて何度も流されてしまった釣竿を取ってあげたりしているのに文句を言われるのですからたまったものではありません。
 
 ここで引き返すことにして、片道約5km、往復10kmのカヤッキングでした。帰りは川下りで楽にスピードが出て、向かい風になるのでカヤックの直進性が増し、さらに気持ちの良いパドリングができたのでした。(^O^)/

開く コメント(2)

カヌーで鳥撮り

 本当に久しぶりにカヌーに乗って鳥撮りをしてきました。
 去年、シーカヤックマラソンに出場することをやめてから、ついついおっくうになって、カヤックもカヌーもしていなかったのです。
 今回、使用したカヌーは、インフレータブルのカナディアンカヌーです。丈夫で安定しているので、カメラを持っていてもまったく安心です。
イメージ 1
 積載量は450kgとか書かれているくらいなので、一人で乗ると浮き過ぎてしまうほどです。ですので、荷物は出来るだけ多くして、少しでも風の影響を受けないようにします。
 と言うことで、川の上ではこんな感じです。
イメージ 2
 
 場所は、荒川の中流域。カヌーやカヤックをしている人は、週末でもほとんどいませんので、平日はなおさら貸し切り状態です。
 それで、橋から離れると、まったく人はいない自然の生き物だらけになるのです。
イメージ 7
 
 上流に向かって撮っているので、左が右岸、右が左岸と言うことになり、左岸はこんな風景です。
イメージ 8
 植物しか写っていないように見えますが、この中にいろいろな鳥がいるのです。
 また、川沿いに飛ぶ鳥も多いので、ときどきこんな鳥も通過します。
イメージ 9
 なんか、かなり精悍なノスリです。
 カッコいいのでもう一枚。
イメージ 10
 
橋をくぐって来る鳥も・・・。
イメージ 6
 ダイサギでしょうか。
 
 以前はこんな鳥はやってこなかったのですが、今日は何羽も飛んできました。
イメージ 11
 ユリカモメなんですよね。ずいぶんと内陸の方まで来るようになったようです。
 
 頭上ではなかったのですが、川岸を飛ぶ鳥もよく見ることができます。
イメージ 12
 ジョウビタキのメスです。この辺りの鳥は、いわゆる本当の野生と言うか、非常に警戒心が強く、人が来るとすぐに飛んでしまうようです。だから人のいないところに棲んでいるわけですよね。
 
 岸辺に止まっている鳥も、気をつけて見ると沢山います。
イメージ 13
 大きいアオサギは遠くからでも見つけることはできます。
 カヌーでそっと近づくと、鳥たちは、
「なんか変なものが来たな〜。」
 と言う顔を必ずします。(気のせいかもしれませんが、私にはそう感じるのです。)
 
 
イメージ 14
 この時期は、川沿いでもジョウビタキがテリトリー争いでよく鳴き、また数もかなりいるようです。
 
 
イメージ 3
 ジョウビタキと似通った色合いのモズも、この時期、高鳴きをよくしています。
 
 
 カワセミもときどき見ます。やはり警戒心が非常に強く、30m以内に近づくのは難しいのですが、今日は藪の中に隠れたつもりになっているらしいカワセミがいて、もう少しだけ近寄らせてもらいました。
イメージ 4
 
 
 もうすぐ冬眠するカメ(アカミミガメですが)も何が来たのかと、精一杯首を伸ばしてこちらを見ているのでした。
イメージ 5
 
 
 見ただけで、撮影できなかった生き物も沢山いましたが、こんな感じの、秋の川辺の自然でした。

開く コメント(6)

シーカヤック比べ

 今日は鳥見が全くできなかったので、シーカヤックについて少し書きたいと思います。
 シーカヤックに興味はあるが、まだ乗ったことがない方には参考になるかもしれません。
 シーカヤックはその名の通り、海上で乗ることを目的としたカヤックです。他のカヤックと比べて、全長が長いので、見ればすぐに分かる形をしています。川などで使うカヤックは一人艇ですと全長が4.5m以下がほとんどですが、シーカヤックは5〜6mあるのが普通です。
 短いカヤックで海上に出ることも可能ですが、波や風の影響で直進することだけでも難しい場合があります。その問題を解消するように、シーカヤックはできていて、まずその全長を長くすることで、直進性はグンとよくなり、さらにラダーやスケッグといった舵のようなものがついているものが多くあります。
 言葉より写真を見てもらった方がずっとよく分かるので、次の2艇を見てください。
イメージ 1
 どちらも約5mのシーカヤックです。でもこの2艇は対照的な艇なのです。
 まず、右の方の艇は、グリーンランド系と呼ばれていて、細身で舳先も艫もとがって上を向いています。FRP製で軽く積載量もあまりありません。スピードが出ますが、安定感はあまりないのです。でも上級者が漕ぐと、パドリング操作や体重移動で艇をコントロールできる楽しい艇です。
 左の青い艇はアリューシャン系で、全体がどっしりとしており、舳先、艫ともあまりとがっておらず、上にも向いていません。かなりの積載量がりますので、キャンプ道具などたっぷりと積むことができます。長距離でも疲れないようにパドリングは前進のために集中することができ、直進も曲がるときも足のペダルを踏んで後ろのラダーで行うようになっています。この艇はポリエチレン製なので重いのですが、非常に頑丈です。
 白い方は「スパローホーク(ハイタカ)」、青い方は「パフィン(ツノメドリ)」と言うどちらも鳥の名がついているところが面白いですね。
イメージ 2 後ろから見ると、こんな感じです。白い方がだいぶ細いことが分かります。
 青い方のラダーは、陸上や浅瀬では上に上げますが、上げ下げはロープを引くことによっていつでも行うことができます。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 底の方を見ても違いが分かるかと思います。
 これは後方から見たところですが、前方から見ても、同じように白い方がとがっています。
 ちなみに青い方は、海以外でも頻繁に使用して、船底をいろいろなところで擦っているので、傷だらけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4正面から見ると、違いがまたよく分かるかと思います。
 重さは青い方が約30kg、白い方は19kgです。細さ、軽さ、とがり具合、どれを見ても、白い方がスピードが出やすいのですが、ゆったりと安定して乗っていられるのは青い方です。
 初めてシーカヤックに乗る方は、当然青い方ですよね。間違っても白い方のタイプには乗らないでください。たぶん横波が来ただけで転覆します。
 青い方に乗れば、海が荒れていなければ初心者でも10kmぐらいは簡単に漕ぐことができ、川下りなどのカヤックとは違った楽しみ方ができるのです。
 この二つのカヤックをグリーンランダー系とアリューシャン系と最初の方で書きましたが、最近はアリューシャン系で細長く、先がとがっていてスピードが出るような艇が増えたので、この2つの分け方は一般的ではなくなってきているかもしれません。
 艇の重さは水上ではあまり気になりませんが、当然陸上では大問題です。30kgの艇は、担ぐことはできますが、担いで長く歩くことはけっこう困難です。購入をするのであれば23kg以下が無難だと思います。
 日本は周り中に海があるのですから、もっとシーカヤックが普及してもよさそうなものですが、あまり見かけないですよね。東京の近くの海でもトビウオが飛んだり、小魚の群れが一斉に跳ねたりすることが見られて楽しいですよ。

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事