季節の野鳥(東京周辺)

野鳥を中心にエコな自然観察とアウトドア関係の話です。

自宅前の鳥

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ツミ♀

 この春は頻繁に自宅前の森から、ツミの声が聞こえてきます。
とは言っても、毎年のある程度聞こえていて、そのうちにいなくなってしまうので、そんなつもりで聞いていたのですが、今年はどうも違うような感じ。それで数日前からしっかりと観察していたところ、今日は明らかに番で営巣を始めました。こんなときこそ、そっとしてあげないといけないので、近づかないようにしていたのですが、なんと営巣している木が、自宅のすぐ前なのです。それでこんな姿が撮影できてしまいます。
 数年前も、抱卵と思われる段階までになったのですが、その直後ハシブトガラスの群れが来てしまい、ツミは巣を放棄してしまいました。
 東京23区内で最近ツミが増えているそうですので、ここのツミもそう珍しいのではないかもしれません。カラスは減っているので、今年は無事に繁殖できるかもしれません。


イメージ 1
ツミ♀               クリックで大きくなります。

開く コメント(2)

さえずるシロハラ

例年この時期のお楽しみ、夏鳥の到来です!
自宅前の公園にこれから次々と山や北国の夏鳥が渡りの休憩地として訪れ、その間、美しい囀りを聞かせてくれるのです。
今朝はその第一陣?になるシロハラの囀りで、私は目を覚ましたのでした。
シロハラはこの森で越冬地として居つくこともありますが、今シーズンは一度も姿を見せなかったので、この個体は、どこかで冬を過ごし、これから北の国に移動する途中と思われます。ですのでシロハラは日本では冬鳥です。
囀りの声は、「キョロン、キョロン・・・」とほぼアカハラと同じですが、やや声量が少ない感じ。まだ、囀るシーズンになったばかりなので、ぐぜり気味です。それでも、このアカハラにそっくりな声を聞くと、あたかも夏のさわやかな山の雰囲気に包まれてしまうようですね!


イメージ 1
シロハラ               クリックで大きくなります。
まだ、満開に近い桜もあり、そんなところで気持ちよく囀っていたのでした。
これからほぼ一ヶ月間は、このような嬉しい朝が訪れるのです。
次はどのような鳥がやって来てくれるでしょうか?本当に楽しみです。


開く コメント(0)

 午前6時45分頃、最近は少なくなったカラスの声が聞こえたので、窓を開け外を見たら、2羽のカラスが、ほぼ同じ大きさのやや白っぽい鳥を追いかけていたのです。家の前は小さな公園の森で、そこの中をその鳥がこちらに飛んできて、なんだか良いところに止まったのでした。見た瞬間に、追われているのは猛禽だとは思いましたが、種類までは分かりません。夜が明けたばかりでさらに天気が悪く薄暗いので、よく見えない状態でしたが、多分オオタカ! 東京の23区内では珍しい存在です。慌ててカメラを用意し、撮影したのがこの画像。どうやらオオタカの幼鳥のようです。
 数分後に、カラスが近づいてきたので、どちらも飛んで行ってしまいました。


イメージ 1
オオタカ幼鳥?            クリックで大きくなります。

開く コメント(2)

モズの高鳴き

今シーズン、嬉しいことに複数のモズが自宅付近にやって来ました。おかげでモズの高鳴きが頻繁に聞かれます。周辺の植物は年々減っているのに不思議な現象です。
 1型センサーのコンデジで撮影

イメージ 1

モズ              クリックで大きくなります。

開く コメント(0)

窓からオナガ

武蔵野を代表するような野鳥のオナガ!
自宅前の公園にも頻繁にやって来ます。
大抵は遠くの梢付近に止まっているところしか見られませんが、たまに、やや近くの木に止まってくれることもあります。
そして、本当に瞬間的に窓の近くに、移動の途中止まることもあるのです。
そんな3枚の写真です。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

撮影機材 PENTAX K-70+BORG71FLx1.7 手持ち撮影

開く コメント(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事