カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

8月某日

 食事会のレポートもようやくフィナーレです。

 銀座「カイバル」の名物はタンドゥール料理、チーズ・クルチャそしてビリヤニ(インドのごちそうご飯料理。カレーの炊き込みご飯です)だそうで、これをオーダーしない手はないなということで、ビリヤニの中でも最もポピュラーといえるマトン・ビリヤニ(お店の方は「ラムです」と強調。それは承知していますが、インド料理のセオリー的に、ここはあえて「マトン・ビリヤニ」と表記させていただきます)をお願いしました。

イメージ 1
 刻んだ香菜や青唐辛子がふんだんにトッピングされています。ラムはジューシーでやわらか。ご飯はやや酸味が強めの味つけでしたが、こういう感じは本場にもあります。日本で食べられるものとしては、かなりレベルの高いビリヤニといえましょう。

 ヨーグルトベースのマサラ(カレーベースですね)でバスマティ・ライスを絡めつつ、蒸し上げて作ってあるようです。ご飯の周りにヨーグルトっぽい感触のものがコーティングされ酸味のある味わいなのも、そうした結果といえましょう。

 本場のビリヤニは
・バスマティ・ライスを使う
・カレーはヨーグルトベース(ただし、南インドやヒンドゥ系はその限りではない)
 というのが基本。これらを忠実に再現した、本格ビリヤニを体験できました。

 カイバルで印象的だったことの一つが、青唐辛子。
 刻んだ青唐辛子がカレーを中心に、これでもかという感じでよく使われていました。香りと辛さがヒートアップし、現地度も満点。こういうレストランは東京にも少ないと思いました。

 タンドゥールやカレーの代表的メニューを楽しむ食事会、締めにマンゴー・クルフィ(マンゴーを加えた、インド独特のアイスクリーム)やチャイをいただきました。

 夏の夜のインド料理食事会、楽しんでいただけたようです。
 お店の皆さん、ありがとうございました。

《このブログを書いているときのBGM》
FRANK ZAPPA『ZOOT ALLURES』(1976)
 リアルタイムでサッパ先生を聴きはじめたのは、この頃からでしょうか。今聴くと、とにかくギターの音が美しくて唸ります(中村とうようさんも同じこと、指摘していました)。
http://www.youtube.com/watch?v=_c-NMnYhM3Q
 名曲です。ファンカデリックぽくもありますね。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へどうぞ!


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事