カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

6月18日(日)14時〜、17時半〜

 毎回、ひとつの、あるいはひと組のスパイスにスポットを当て、その特徴や魅力、本場のインド料理における使い方、アーユルヴェーダなどにおける健康効果、優良品の見分け方や入手方法など、多彩な情報をわかりやすく解説するトークライヴが「ひとつのスパイスから料理が広がる スパイスセッション」である。

 偶数月に京王新線幡ヶ谷駅下車すぐの世界の家庭料理と自然派ワインのおいしい店「ジッカjicca」で開催しているこのイベント、今月は18日に行う予定だ。

 今回のテーマは「コショウ」。

 なーんだ、ありきたりだなと考える方、残念ながら、それは違う。

 粒のブラック・ペパー、粗挽きのブラック・ペパー、細かい深松のブラック・ペパー、そしてホワイト・ペパー。もとはコショウの木になる、同じ実そして種なのに、インド料理流の手の加え方一つで多様なバリエーションが広がる。

 今回はそんなワイドでディープなコショウの魅力について、デモ調理や試食を交え、掘り下げていく。

【今回の試食プレートの予定メニュー】
・チェティナッド風ラムのペパーフライ
 フライとは北インドのマサラに相当する、濃厚なカレーソースの煮込み料理のこと。スパイスで煮込んだラム肉の仕上げに、粗挽きブラック・ペパーをたっぷりと。ブラック・ペパーを多く生産する南インドならではの逸品といえよう。

イメージ 1
 ラムではなく、マトンのペパーフライ。仕上がりはよく似ている。

・北インド風チキンムグライカレー
 味つけにホワイトペパーのパウダーをたっぷり使用。チキンのクリーム煮込みにも似たマイルドで濃厚な味わいのカレー。

イメージ 2
 見た目よりもスパイシーで香りも高い。

・ペパーラッサム
 ラッサムは南インドを代表するスープカレーで、別名「ペパーウォーター」と呼ばれ、風邪や肉体疲労に効果があるともいわれる。今回は黒コショウを利かせて、大人の味わいに。

・ブリンジャルチョップ
 やはり南インドのチェティナッド料理でナスのスパイス炒め。たっぷり粗挽きのブラック・ペパーをふりかけて仕上げる。

・ギーペパーライス
 健康効果において、ココナッツオイルに続いてブレークしそうなギーと粗砕きしたブラック・ペパー、クミン・シードなどを使った南インドの混ぜご飯。

 参加ご希望の方はコチラからどうぞ。

《このブログを書いているときのBGM》
THE EDGAR WINTER GROUP『SHOCK TREATMENT』(1974)
 ジョニーの弟だが、音楽性の幅広さと独特の奥深さはこの人ならでは。
https://www.youtube.com/watch?v=JA7BKQBLRI4

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事