カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

 南インドとは異なるスリランカ料理の魅力に触れ、スリランカそしてインド料理双方の素晴らしさを認識するミニツアーの締め切りが延長。

★画像をクリックすると拡大可能に。
イメージ 1

イメージ 2

 2日にいったん締め切り、ツアー自体の催行は決定。それが「いまだ検討中」という声もある中(インド関連の人々はギリギリになってアクションを起こすことが多々あるのだ)、関係各位の尽力により、出発1か月前の来週17日ぐらいまで申込み枠を広げ、応募を待つことになった。

 というわけで、今からでも遅くはない。一般家庭とホテル双方による料理教室の実施。庶民派から高級店まで、幅広いチョイスのレストラン巡り。スパイスや野菜などの市場訪問など、本場スリランカの食文化の一端に触れる絶好のチャンスである。

 官民挙げての観光立国としての側面の希薄なインドと違い、スリランカはリゾート天国。今回もリゾート気分の満喫できるホテルを押さえてある。南インドのケーララ同様に充実したアーユルヴェーダのトリートメントも存分に体験できるような準備もバッチリだ。

 というわけで、検討中の皆さん、そしてこれから検討の方も十分間に合う。

【今回のツアーのポイント】
・インド料理とは似て非なるスリランカ料理の魅力に触れられる。
・スリランカ料理の魅力→スパイス使いの独自性。タマネギを含め、材料をすべて鍋に入れ加熱するだけといったユニークな調理法。ドライな炒め煮込み系アイテムをたくさんの種類用意し、ライスの周りにふんだんにあしらう「スパイスカレー」のルーツ的なプレゼンテーションの妙。などなど。
・一般家庭と一流ホテルで、それぞれ料理教室を実施。本場の調理術を体験可能。
・南インド料理として有名な「タミル料理」や「ケーララ料理」が、スリランカでは独自の発展を遂げた。そのユニークさに触れるチャンス。
・スリランカはインド以上に観光に力を入れている。今回も一流のリゾートホテルに連日宿泊。ゴージャスな旅を満喫していただきたい。
・スリランカは、南インドのケーララとともに「アーユルヴェーダ」興隆に寄与した一大拠点のひとつ。今回も、シロダーラほか本場のトリートメントを体験しよう。

 資料請求、問い合わせ、申し込みは
「インダス インターナショナル」(株)
担当:ミシュラさん、久保さん
まで。

《このブログを書いているときのBGM》
EDDIE AND THE HOT RODS『TEENAGE DEPRESSION』(1976)
 ドクター・フィールグッドらとともに、パンク直前の英国ロックシーンを渋く引っ張った名バンドのデビュー盤。
 https://www.youtube.com/watch?v=oPr3n0M9HIs
 ソリッドなビートバンド的側面とともにサイケな色合いも見え隠れ。独特のスピード感が心地よい。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事