カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

3月某日

 都内・西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」の3月レッスンスケジュールはこんな感じ。

スリランカツアーが入ったり、沖縄に行ったりで、レッスンの日程もやや少なめ。

 和食材をインド料理に合わせる企画もお休みだ。

 一方、ビギナー向けのレッスンでは、いよいよガラム・マサラを取り上げることにした。

 インド料理におけるスパイス使いの真髄は、2つ以上のスパイスをミックスして粒や原形のまま、あるいは微細に挽いてから使う「マサラ(マサ―ラー)」という形態に集約されると、私は考えているからだ。

 今回は初の試みとして、5種類の《ホール・スパイス》を挽いて「ガラム・マサラ」にする。
 通常、私がガラム・マサラをつくる際、カルダモン、ビッグ・カルダモン、シナモン・スティック、クローブ、クミン・シード、コリアンダー・シード、ブラック・ペパー、フェンネル・シード、ベイリーフ、メースの10種類のスパイスを使う。5種類となったら、これらのうち、何を使うのか。これ以外の出番はあるか? レッスンで説明しよう。

 そのほか「マンガロール風モツ入りポークカレー」「ベジタブル・コフタ」「ダム・アールー」「キーマ・ビリヤニ」など新アイテム、あるいは以前レッスンしたが未体験多数のレシピを取り上げた。

イメージ 1
ベジタブル・コフタ。野菜団子を揚げ、トマトベースのマイルドなカレーソースでサッと煮る。

イメージ 2
 レッスンの申込みはこのページ下にある「サザンスパイス」のHP、あるいはやはりこのページ下の個人サイト『誰も知らないインドカレー』からどうぞ。

《このブログを書いているときのBGM》
JESSE ED DAVIS『ULULU』(1972)
 最も好きなミュージシャンのひとり。
https://www.youtube.com/watch?v=wWTgUoUvrbU
 ジョージ・ハリスンの曲。
 
★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事