カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

3月17日

 あれこれバタバタしているうちに、気がつけば「スリランカツアー」出発の日になっていた。

 参加者全員、成田に集合し、スリランカ航空で出発。

 9時間半ノンストップのフライト。当然、気になるのは機内食だ。
 エア・インディアをはじめとして、シンガポール、タイ、マレーシアなどからJAL、ANAに至るまで、日本とインド、あるいは東南アジア主要都市とインドを結ぶ路線では、たいていインドカレー系機内食がチョイスの1つになっている。 

 エア・インディアの成田デリー線などと同じく、事前に2回食事が出るらしいことが判明。ただし、エア・インディアにしても2回目はサンドウィッチという軽いものだから、今回も初回のランチに期待しよう。

 まずは食前にビールをグビグビ。スリランカのウマい「ライオン・ビール」が出るものと思ったら、アサヒかキリンだという。ちょっと拍子抜け。

イメージ 1
「チキン・ダム・カレー(濃いめのカレーソースで蒸し煮のように仕上げたチキンカレー)とナブラタン・カレー(9種類の具が入ったベジカレー)」がメインだが、ここはベジタリアン仕様でと思い、その旨を伝えたら、カレーとは無関係な牛肉プレートがきた。ベジがビーフに聴こえたのかも。そんなに発音わるいのか。自己嫌悪に陥りつつ、交換してもらったのが、これ。

 右は「ベーガン・マサラ」。つまりナスの濃厚カレーソース煮込みのはずだが、これがかなりショボかった。スパイス感は低く、トマトがやけに多い。ナスとトマトのサブジのようだ。

 左は「オニオン・パコラのヨーグルトカレー」。タマネギをヒヨコ豆の粉末生地で揚げたあと、ヨーグルトメインなカレーソースでサッと煮たものだ。ヨーグルトの酸味が揚げもののクセをウマさに変えてくれて、なかなか。

 ご飯は細長いインドのバスマティ・ライス。

 ほかには炒め野菜のオリーブ添え、フルーツなど。

 ウーム、成田積み込みの機内食はいつもあまり期待しないが、密かにスリランカカレーを想像していた身には、やや拍子抜け。

イメージ 2
 2回目の機内食。軽食ではなくフルポーションとは、これまた意外。しかも、どこにもカレーのチョイスがない。しかたなく、「チキンの四川風」にしたが、全然四川風でなく、がっかり。

 全体的にどこもわるくないし、むしろ的確なサービスがなかなかいい感じのスリランカ航空だったが、行きの機内食はハズレ気味。コロンボ積み込みの帰国便に期待しよう。

《このブログを書いているときのBGM》
THE DOORS『FIRST ALBUM』(1967)
 スリランカ、コロンボで聴くドアーズ。沁みるなあ。
https://www.youtube.com/watch?v=YCohm_CilUY
 
★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事