カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

6月30日

 大阪市内でインド料理教室を行う日の前日、あれこれ用事があり、大阪から神戸へ。

 用事を終え、遅めのランチは神戸きっての人気店の1つ「ショナルパ」へ。

 メニューを眺めると、いくつものランチセットがある。どれもうまそうだな、などと考えていたら、尊敬するシェフのビジョン・ムカルジーさんがやってきて
「渡辺さん、ビリヤニいかがですか」
 とのひとこと。決まりである。

 不思議なことにショナルパのビリヤニは食べたことがない。以前、ダンチュウdancyu誌に掲載された同店のビリヤニの写真がとてもゴージャスで、しかもおいしそうだったのが強く記憶に残っている。

 ビリヤニのランチセット2200円、まずはスープ。

イメージ 1
 いきなり名物の登場にのけぞる。「トマトスープ」だ。ショナルパに来たら、必ずいただくことにしているスーパースター的存在の逸品である。トマトの酸味とコク、スパイスの利かせ方。すべてが絶妙で、完成度の高さに舌を巻く。

 サラダ(これも一般的なインドレストランのそれとは野菜の扱いが異なり、ウマい)をいただいたら、いよいよメインであるビリヤニの登場だ。

イメージ 2
 食べる前に、まず、その見た目の美しさに魅了される。こういうビリヤニは、インドでも五つ星ホテルなどでないと出会えない。

 食べはじめて、またも感心。ピーマン、赤ピーマン、タマネギ、カシューナッツなどが混ぜ込まれ、味、食感、見た目のすべてにおいて、ナイスなアクセントになっている。

 マサ―ラーのよく浸み込んだバスマティ・ライスはハラハラと軽く、風味もバツグン。そしてゴロゴロたくさん入ったマトンのキューブも軟らかく、ライスとよくなじんでいる。
 つけあわせはライタではなく、軽いテイストのグレービー、そしてタンドゥールでサッと焼いたパパド。

 ビリヤニのおいしさの余韻に浸っていたら、スイーツの登場。マンゴーアイスのマンゴーソースがけだ。さすが、スイーツ天国ベンガル出身のシェフらしい充実ぶりだった。

イメージ 3

 土曜の13時半すぎでもお客様の途切れない人気ぶりも、うなずける。
 
 トマトスープとビリヤニ。2つの名品をいただき、心身ともにハッピーになった私は、悠々と大阪に戻るのだった。

《このブログを書いているときのBGM》
GRETA VAN FLEETの映像をYouTubeであれこれと
 https://www.youtube.com/watch?v=BYC73GX1u_Q


★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事