カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

6月6日

 数ある料理系・グルメ計雑誌の中でも、毎号独自の個性を放ち、印象深い『料理通信』の最新7月号は、本日6日発売。

 で、今回の特集が「肉好きも虜にする、みんなのヴィーガン」。

 これまで、ベジタリアン系雑誌などでは特集もあったが、一般書店でふつうに入手可能な料理雑誌で正面からヴィーガンを取り上げたのは、これが初めてではないだろうか。

 内容は想像以上に多彩で、イタリア、台湾、インドなど各国料理におけるヴィーガンの在り方から、ヴィーガンでおいしく調理するのは難しいであろうラーメンやそうめんのヴィーガンバージョン、そして酒の肴やスイーツまで多岐にわたり、掘り下げ方もそれぞれに深くマニアック。レシピは総計55も掲載されているようで、いずれもおいしそうだ。

イメージ 1
涼やかな表紙もイイ。

 私も、4ページをいただき、ヴィーガンインド料理のレシピを5品紹介。南インドのナスの混ぜご飯「ワンギ・バト」や、先日『LOVE INDIA 2019』でも披露した「ベジタブル・クルマ」など、いずれもおすすめだ。

イメージ 2
 写真は美しく、レイアウトもセンスのよさを感じさせる。

 今特集のタイトルにある「肉好きも虜にする」というワンフレーズ。これがあるとなしでは、説得力がまるで違うだろう。
 インドのベジタリアン料理もそうだが、肉好きが肉無しでも物足りなさなく満腹になれるのが、優れたヴィーガンメニューだと思う。
 
 インド料理やカレーファンはもとより、中国からアフリカ、南米まで、世界のエスニック料理に興味を持つ方なら、「買い」の一冊だと思う。
 少なくとも、ぜひ、本屋さんで手に取っていただきたい。

《このブログを書いているときのBGM》
キング・サニー・アデ『シンクロ・システム』(1984年)
 暑くなると聞きたくなるアフリカ音楽の名盤の1つ。
https://www.youtube.com/watch?v=wlPdmAlrJBw
 いい音楽は全然古くならない。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト/~masala/ 『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事