カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全734ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

25日14時〜 17時30分〜の2部構成

 毎回好評のトーク&クッキング・ライヴ「ひとつのスパイスから料理が広がる スパイスセッション」

 今回のテーマは「ガラム・マサラ」だ。

 盛り込む予定のトピックは
★そもそもガラム・マサラとは何か?
★ガラム・マサラにはどんなスパイスが使われるのか? また、逆に使われないスパイスはあるのか?
★使うスパイスがわかったとして、その配合比率は?
★ガラム・マサラがその力を存分に発揮する料理は何か? 
★逆にガラム・マサラ不要、あるいはガラム・マサラが合わないメニューは?
★ガラム・マサラを入れる3つのタイミング
 〇転紊
 △曚のパウダー・スパイス、そして塩といっしょに
 2写として素材にまぶす、もみ込む
★ガラム・マサラにはパウダーのほか、ホール・スパイスもある
★ガラム・マサラ自作のすすめ→市販のガラム・マサラとの違い
★「インドの家庭やレストランでは、それぞれの家庭あるいは店ごとに独自のガラム・マサラがある」はホントかウソか
★市販のガラム・マサラをおいしくする方法
★ガラム・マサラを使うときのコツ、あるいは注意点
 ‘料理は多め、野菜のメニューには控えめに
 投入するタイミングにより、香りの強さ、味わいの落ち着き方が変化する
 H圓前のホール状態で大量にキープしておくことの意味合い
★ガラム・マサラの賞味期限
★ガラム・マサラの保存方法
★ガラム・マサラのライバルたち
などなど。

【試食用プレートのメニュー予定】
.ぅ好蕁璽犲哀船ン・カレー
 フライド・オニオンにヨーグルト、そしてガラム・マサラという最強な組み合わせの北インド式チキンカレー
イメージ 1

▲ーマ・ダール
 こちらはトマトベース。ふだんガラム・マサラは使わないダール(挽き割り豆のカレー)に、ガラム・マサラで調味した挽き肉カレーを合わせ、さらにガラム・マサラも追加
イメージ 2

アールー・ベーガン・サブジ
 ジャガイモとナスのスパイス炒め蒸し

で鮨筏のスパイス焼き
 魚の切り身にガラム・マサラをメインにした各種スパイスをまぶし、香ばしく焼き上げたもの

ゥラム・マサラ・プラオ
 ガラム・マサラ風味のインド式炊き込みご飯

 おいでいただいた皆さんには、私のオリジナル・ガラム・マサラを少しだけだが、おみやげとして、持ち帰っていただく。

 参加希望の方はコチラからどうぞ。

《このブログを書いているときのBGM》
THE STOOGES『FUN HOUSE』(1970)
 最新アルバムも絶好調なイギー師だが、やはりこのアルバムから『RAW POWER』の時代は無敵だ。
https://www.youtube.com/watch?v=uLyX4SQhDS4
 パープルの「スモーク〜」のリフは、この曲をパクッた気がするのだが…。 
 
★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2月某日

東京・西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」2月の予定は以下アドレスの通り。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~masala/southern%20spice%20cooking%20class%20feb%202018.html

サザンスパイスのレッスンではないが、25日の「ひとつのスパイスから料理が広がる スパイスセッション」(幡ヶ谷ジッカjiccaにて)は要注目。テーマはガラム・マサラ。

イメージ 1

《このブログを書いているときのBGM》
THE DOOBIE BROTHERS『TOULOUSE STREET』(1972)
 セカンド。
https://www.youtube.com/watch?v=--xzZqu5xGI
 
★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今月15日、都内某所に3種類のインド料理を各100名分以上、調理・搬入する企画があります。
当初、私ひとりで全部やり切る予定でしたが、前日14日の夜、「よみうりカルチャー錦糸町」でレッスンがあるなど、なかなか仕込みと搬入準備がタイトな状況。
そこで、14〜15日、私と一緒に動いていただける方を急遽募集します。
基本ボランティアスタッフなので、交通費等経費以外の報酬はお出しできません。しかし、企画が成功すれば、薄謝をご用意できるかも。

【募集内容】
・14日午前〜同日終電近くまで。また、15日午前中早くから昼前まで、都内西荻窪クッキングスタジオ「サザンスパイス」で調理とケータリング準備。
・さらに昼頃スタジオ出発、午後3時すぎスタートのイベント会場(代官山ヒルサイドテラス)で、盛りつけ等補助〜撤収等手伝い。
・基本的に、クッキングスタジオ「サザンスパイス」に来たことのある方のみ対象。
・募集人員、2名。
・具体的には業務手順は以下の通り。
・「メカジキの南インド式マサ―ラー」「パオバジ・バゲット添え」「グレープフルーツのライタ」を各140人分調理(それぞれフィンガーフード仕立てなので、1人分40グラム程度で各6キロ程度。レストランでの調理ならたいした量ではありませんが、当スタジオの設備ではたいへんです)。
・調理済み品をジプロック等に入れ、梱包。クルマで会場搬入。
・会場に鍋持参し、温め、カトリに盛りつけ。
・本番
・備品洗浄し、返却準備。撤収。お疲れ様でした。

いろいろ勉強になるいい機会。
ご連絡は私宛メールにて。
よろしくお願い申し上げます。

イメージ 1
メカジキのマサ―ラー

イメージ 2
同アイテム。カトゥリ盛りつけイメージ

《このブログを書いているときのBGM》
THE DOOBIE BROTHERS『TOULOUSE STREET』(1972)
 ドゥービーズのセカンド。
https://www.youtube.com/watch?v=--xzZqu5xGI
 名曲ぞろい。 

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 南インドとは異なるスリランカ料理の魅力に触れ、スリランカそしてインド料理双方の素晴らしさを認識するミニツアーの締め切りが延長。

★画像をクリックすると拡大可能に。
イメージ 1

イメージ 2

 2日にいったん締め切り、ツアー自体の催行は決定。それが「いまだ検討中」という声もある中(インド関連の人々はギリギリになってアクションを起こすことが多々あるのだ)、関係各位の尽力により、出発1か月前の来週17日ぐらいまで申込み枠を広げ、応募を待つことになった。

 というわけで、今からでも遅くはない。一般家庭とホテル双方による料理教室の実施。庶民派から高級店まで、幅広いチョイスのレストラン巡り。スパイスや野菜などの市場訪問など、本場スリランカの食文化の一端に触れる絶好のチャンスである。

 官民挙げての観光立国としての側面の希薄なインドと違い、スリランカはリゾート天国。今回もリゾート気分の満喫できるホテルを押さえてある。南インドのケーララ同様に充実したアーユルヴェーダのトリートメントも存分に体験できるような準備もバッチリだ。

 というわけで、検討中の皆さん、そしてこれから検討の方も十分間に合う。

【今回のツアーのポイント】
・インド料理とは似て非なるスリランカ料理の魅力に触れられる。
・スリランカ料理の魅力→スパイス使いの独自性。タマネギを含め、材料をすべて鍋に入れ加熱するだけといったユニークな調理法。ドライな炒め煮込み系アイテムをたくさんの種類用意し、ライスの周りにふんだんにあしらう「スパイスカレー」のルーツ的なプレゼンテーションの妙。などなど。
・一般家庭と一流ホテルで、それぞれ料理教室を実施。本場の調理術を体験可能。
・南インド料理として有名な「タミル料理」や「ケーララ料理」が、スリランカでは独自の発展を遂げた。そのユニークさに触れるチャンス。
・スリランカはインド以上に観光に力を入れている。今回も一流のリゾートホテルに連日宿泊。ゴージャスな旅を満喫していただきたい。
・スリランカは、南インドのケーララとともに「アーユルヴェーダ」興隆に寄与した一大拠点のひとつ。今回も、シロダーラほか本場のトリートメントを体験しよう。

 資料請求、問い合わせ、申し込みは
「インダス インターナショナル」(株)
担当:ミシュラさん、久保さん
まで。

《このブログを書いているときのBGM》
EDDIE AND THE HOT RODS『TEENAGE DEPRESSION』(1976)
 ドクター・フィールグッドらとともに、パンク直前の英国ロックシーンを渋く引っ張った名バンドのデビュー盤。
 https://www.youtube.com/watch?v=oPr3n0M9HIs
 ソリッドなビートバンド的側面とともにサイケな色合いも見え隠れ。独特のスピード感が心地よい。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』も情報満載!




★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2月18日

 前日の大阪料理教室に続き、この日は神戸の名店「クスム本場家庭料理」で食事会兼交流会を行います。

「渡辺玲の関西インド料理教室 食事会兼交流会」
日時:2月18日(日)12〜14時
場所:神戸市 三宮駅徒歩7分「クスム本場家庭料理」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28007069/
会費:1500円
【予定メニュー】
ベジタブル・パコラ(ペースン衣のフリッター)
カーマン・ドクラ(緑豆生地の蒸しケーキ風)

コフタカレー(野菜団子のスパイス煮込み)
パラクパニールカレー(ほうれん草とインド式カッテージチーズのカレー)
ダルカレー(挽き割り豆や金時豆のカレー)

チャパティ(全粒粉の薄焼きパン)
ナーン
クルチャ(丸いナーンでスパイシーな具入りのことが多い)
ジーラ・ライス(クミン風味のスパイスライス)

グラブジャムン(ミルクボールを揚げてシロップに浸けたデザート)
チャイ

【参加人数】
約20名様

★申込み方法
17日同様、下記にも掲載された「サザンスパイス」トップページの「レッスン」をクリック。「受講料」にある「予約フォーム」に記入の上、送信のこと。
ご希望の月日→2月18日
時間帯→午後
講座名→クスム食事会 クスム 食事会 など
とお書きください。

東京では食べられない、美味なる「北インドのベジタリアン家庭料理」を満喫しつつ、皆さんとの交流・親睦を楽しみにしています。
多くの皆さんのご参加、お待ちしています。

イメージ 1

イメージ 2

《このブログを書いているときのBGM》
RORY GALLAGHER『CALLING CARD』(1976)
 たしか、元ディープパープルのベーシスト、ロジャー・グローバーがプロデュースしたはず。そのせいか、ギターの音もハード。
https://www.youtube.com/watch?v=8ClvqM6dj7M

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全734ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事