カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

料理教室

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全123ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

facebookにも書いたが、年末の夜半、都内にあるウチのスタジオ近くのコンクリートの路上で転倒し(なぜか一部の人は、私がインドの路上で転び、流血したと勘違いしていた。インドで流血していたら、さすがにもっとたいへんだろう)、頭部から出血。救急搬送された。
何もない道端でなぜ転んだかといえば、パーキンソン病だからだ。突如として体の自由が奪われ、ところ構わず硬直し、立ちすくむ。意識はしっかりしているのだが、体が動かない。無理して動かそうとすると、バランスを崩して転ぶこともある。

マイケルJフォックスやモハメド・アリが罹って世界的にも知られるようになった病気だが、まさか自分がなるとは思わなかった。

この病気、回復に至る治療法がない。一度冒されたら、病状の進行を極力止めるだけしかできないのだ。非常にむかつく話だが、むかついていても、嘆いていてもはじまらない。病気は待ってくれないのだから。

難病に罹ってしまったが、以前とはちょっ違った目で社会や目の周りのこと、観るようになったのは収穫かもしれない。

それと、周りにいる人々の温かさ、親切、気配り、そうしたものに感謝する機会も増えた気がする。
特に料理教室の生徒の皆さんには、感謝のひとことしかない。病気に侵されてしまった私を、師として扱ってくれる。ありがたいことだ。
私も皆さんひとりひとりの希望やニーズにきちんと応え、世界最高の質を誇るインド料理教室となるよう、思いにならない身体を精一杯使い、他の追随を許さない味を維持するつもりだ。

というわけで、東京西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」の1月レッスンスケジュールはこんな感じ。

いろいろな要素を詰め込もうとしたが、限られた時間ではなかなか難しい。来月以降も継続して、いろいろな楽しい企画を手がけよう。

イメージ 1
 オールドデリーにあるカリームホテルの「マトン・コルマ」。今月は「コルマ」に関するレッスンがある。

《このブログを書いているときのBGM》
リンダ・ロンシュタッド『MAD LOVE』(1980)
 たしか邦題は『激愛』。いわゆるニューウェイヴ色が強い時代の真っ只中に出されたが、今聴いてもカッコいい。ちなみにリンダもパーキンソン病だ。
https://www.youtube.com/watch?v=oQGzsJFdBEI
コステロの名曲。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

12月某日

 都内西荻窪にあるインド&スパイス料理教室「サザンスパイス」の12月スケジュールは、だいたいこんな感じ。

 今月は、クリスマス、年の瀬、そしていよいよ大みそかという、正月に向け否が応でも盛り上がる一か月。レッスン内容やご紹介するレシピについても、そうした色合いを意図的に反映させてある。
 結果、ベジタリアンよりノンベジ。どちらかといえば、見た目も想像しにくい南インドより、どこか見たこと聞いたことのある北インド。さらには、スパイスや特殊なものも含めた食材の調達利便性でも、北が有利と思われる。

 そうした中、新企画として先月突如立ち上がったのが、【イチから始める南インド料理(ビギナーも名人になる新企画)】である。

 この講座、基本的に毎週火曜日夜7〜10時で設定している。今は立ち上り時期なので、当面ある程度レシピのストックを稼ぐまでは、極力毎週レッスンを異なる料理を取り上げる予定だ。

 今月はとりわけ11日がおすすめ。南インドのカレーのうち、最も有名、そして最も本場ぽく仕上げる際の難易度が高いと思われる「サンバル」を取り上げるからだ。もちろん1回習ったからといって、すぐにうまくできるという訳でもない。だからサンバルについては1回だけではなく、今後もしつこく取り上げていく。

 そのほか、地域別料理では、今月ベンガルを取り上げる(5日夜と21日午前中)。メニューはメインが「マスタード・フィッシュカレー」だ。また、8日「スパイシーカフェ開業指南講座」の中でもヨーグルトがベースのベンガル魚カレーである「ドイ・マーチ」を調理する。

 おめでたいときに欠かせないビリヤニも今月は登場頻度が高い上、内容も盛りだくさんだ。
 中でも、炊飯器で炊くレシピは手軽で味もよく、人気が高い。

 ほかにも、魅惑のレシピ多数。皆様のご来場、お待ちしています。

イメージ 1
 「マトン・ペッパー・フライ」。ドライに仕上げたもの。

《このブログを書いているときのBGM》
ELMORE JAMES JOHN BRIM『WHOSE MUDDY SHOES』
 中学生のとき、生まれて初めて買った黒人ブルースのレコード。エルモア目当てだったが、ジョン・ブリムが予想以上によかった。今もCDは愛聴盤だ。
https://www.youtube.com/watch?v=CkF8TUEY7OM
 ヴァン・ヘイレンもデビュー盤でカバーしたジョン・ブリムの名曲
https://www.youtube.com/watch?v=m8xVyr5mzg4
 エルモアのロッキンブルース。これまた名曲で、クラプトンもカバーしている。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 インドにきて、寝ずにこの記事を書いたが、ついさっきまでに2度、長い記事が全部消えた。さすがに頭に来たし、時間もないので、必要事項だけ書く。

 東京西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」のスパイスをテーマにした料理教室11月の予定はこのような感じ。

イメージ 1
9日ほかに登場。鶏肉団子のカレー「チキンコフタマサーラー」

 皆さん、ふるってご参加を。


《このブログを書いているときのBGM》
THE DOORS『MORRISON HOTEL』(1969)
 ドアーズ後期の名盤
https://www.youtube.com/watch?v=hSrmvvKObnw
 朝のインド、デリー。ジム・モリソンの声が格別だ。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

9月某日

 都内西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」10月のスケジュールはこのような感じ

 当初、「インドの居酒屋」を開催したり、酒の肴になるアイテム特集、あるいは屋台料理特集など考えていたが、諸般の事情で、現実的にこうなった次第。

 6日の企画は今回限りで、当分やらないと思う。

 7日のキーマやダールカレーの特集はビギナーから上級者、プロまで、幅広くおすすめだ。

イメージ 2
 サラダ・キーマカレー

 12と16日のウラド・ダール特集、個人的には絶対のおすすめ。

 13日は、何といっても「ムリガタニー・スープ」が目玉。サンバルやラッサムをおいしいと思ったイギリス人が舌の記憶を頼りにそれらを再現しようとしたら、まるで違うものになったということらしい。ロンドンなどの高級インドレストランのほか、インドの五つ星ホテルや国際空港のレストランなどでも味わえる。ひとつの料理としておいしい。

イメージ 1
 ムリガタニー・スープ

 5日と17日、南インドのプラオに似たビリヤニを紹介する。ビリヤニにしては少数派のトマトベースで、米も湯取り法ではなく、生米炊き込み。素朴で力強い味わいにシビレてほしい。

 尚、19〜21日、初の四国料理教室および私が調理担当の食事会を実施する。愛媛の皆さん、よろしくお願いいたします。

 そして27日からは「インドツアー2018」。ラージャスターン奥地で辛いカレーを堪能した後。ムンバイで、ほかの日本人は行かない、知らないウマい場所ウマい味を徹底的にチェックする予定。

 最後に、ブログの更新は遅いが、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムはコンスタントに更新している。そちらでもよろしくお願いいたします。

《このブログを書いているときのBGM》
WISHBONE ASH『ARGUS』(1972)
 ときどきふと聴きたくなるのが、初期のウィッシュボーン・アッシュ。特にこのサードアルバムは哀愁あふれる名盤だ。
https://www.youtube.com/watch?v=hg6zqejXvqI
 ベースのマーティン・ターナーはボーカリストとしても一流。着物のようなコスチュームはご愛嬌?

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

8月某日

 東京・西荻窪にあるクッキングスタジオ「サザンスパイス」の8月レッスンスケジュールは、こんな感じ。

 18と26日、先月に続いてドーサの実地レッスンあり。特に26日は、無発酵生地でできる分、準備も手軽な「ラバ・ドーサ」、やはり無発酵、通常ドーサに使うウラド・ダール(和名は黒マッペ)ではなく、挽き割り緑豆のムング・ダールを使用した「ペサラトゥ」をメインにした。ドーサの世界をより深く知りたい、また手軽に本場のドーサを楽しみたいという方は必須のレッスンといえる。

イメージ 1
 ペサラトゥ。ドーサの内側にグリーンのチャツネが塗ってあり、外側からもほのかにみどり色

 今月スタートの新企画が「ベスト・オブ・ベジー・アンド・ビーンズ」(15日ほか)。今までも、ベジタリアンレシピのレッスンはよくやってきているし、タマネギやニンニクを入れない、より厳格な「ピュアベジタリアン」のレッスンなども実施した実績がある。それらをふまえつつ、私の持つ豊富なレシピのレパートリーから、季節性や味わいのバランス、つくりやすさなどを考慮して、毎回、おすすめのベジタリアンメニューを提案しようという狙いである。今回は「夏にふさわしい南インド料理」が基本コンセプト。

イメージ 2
 エダマメの入らないナスのマサ―ラー

 ビリヤニ講座は5日。南インド、ハイデラバードにある「ULAVACHARU」レストラン(私の「インドツアー」でも、訪れたことあり)の名物メニューとして名高い「ラジュ―・ガリ・コリ・プラオ」(「王様風の炊き込みご飯」というような意味)を取り上げる。

イメージ 3
 元祖ハイデラバードの「ULAVACHARU」で食べた「ラジュー・ガリ・コリ・プラオ」

 肉カレー好きには、絶品ともいえる「南インド式チキンキーマカレー」のレッスン(3日ほか)、シーフードカレーなら、イカの南インド流マサ―ラーが、これまたバツグンだ(7日ほか)。

イメージ 4

イメージ 5
 イカのマサ―ラー。これはグレービーの多いタイプ。

 そのほか、美味しいメニューが盛りだくさん、ぜひおいでいただきたい。

《このブログを書いているときのBGM》
EDGAR WINTER『JASMINE NIGHTDREAMS』(1975)
 日本では、兄貴ジョニーに比べ、影が薄いといえそうなエドガーだが、作品の質は互角かそれ以上。特に盟友リック・デリンジャーと組んだ70年代初期から中期の作品は、ロック史に燦然と輝く傑作揃い立ち思う。ジャケット最悪なこのアルバムも。中味はスゴい。
https://www.youtube.com/watch?v=VJc4E2-HfTs
https://www.youtube.com/watch?v=eu5NcKJh5UU

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ! 「関西インド料理教室」の申込みもこちらからどうぞ。

★個人サイト『誰も知らないインドカレー』からも、「サザンスパイス」レッスンスケジュールや参加申込みは可能!





★アジアン料理ユニット『ヤミーズディッシュ』のブログ
http://yummysdish.exblog.jp/ 

 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全123ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事