ここから本文です
あきた立憲ネット
戦争法の廃止と立憲主義の回復を!
「強行採決から1年 戦争法廃止!9・19秋田県民集会」が19日、秋田市中通のアゴラ広場で開かれた。450人が参加した。
主催は、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動秋田県実行委員会。

 主催者を代表してあいさつした山縣稔さん(戦争させない1000人委員会)は、強行採決後1年の運動を振り返り、「参院選は残念な結果だったが、市民と政党が協力して戦う初めてのことが実現できた」と成果を強調、11月には南スーダンPKOに新たな任務を付与した自衛隊11次派遣が行われることなどをあげて「これからは既成事実をめぐるたたかいになる」とのべた。

 秋田弁護士会、民進党秋田県総支部連合会、社会民主党秋田県連合、日本共産党秋田県委員会、あきた立憲ネットの代表5氏がリレートークした。

 湊貴美男さん(秋田弁護士会)「戦争は究極の人権侵害。安保法反対を続けていく。絶対にあきらめない。廃止に向けた活動をする」

 緑川貴士さん(民進党県総務部長)「米軍のために自衛隊員が命を落とすことがあってはならない。法文上は、核兵器の運搬もできる。唯一の被爆国がこんなことを許していいのか」

 石田寛さん(社民党県議)「戦争法を廃止し、立憲主義を取り戻す。総選挙で野党共闘を実現し、半分以上とろうじゃありませんか」

 加賀屋千鶴子さん(共産党県議)「11月に青森の部隊が南スーダンに派遣される。県に問い合わせたら、うち秋田県に本籍がある人は約40人。44歳の母親は『なんでうちの息子が。安倍に直談判したい』といっていた。これは、止めようじゃないですか」

 虻川高範さん(あきた立憲ネット)「参院選、秋田だけ勝つことができなかった。反省点をあげろといわれれば、100あげることができる。しかし一方で100の希望をあげることができる。100の希望をもって1年を振り返ることができる」

 集会は、「引き続き憲法改悪と戦争法の発動に反対し、安倍政権の暴走に対抗して全力をあげてたたかう」アピールを採択した。
 集会後、同市中央街区をデモ行進し、「戦争法は憲法違反、戦争法は必ず廃止、みんなの力で必ず廃止」などをシュプレヒコールした。

イメージ 1
 山縣さん

イメージ 2
 秋田弁護士会 湊貴美男さん

イメージ 3
 民進党 緑川貴士さん

イメージ 4
石田寛さん(社民党県議)

イメージ 5
 加賀屋千鶴子さん(共産党県議)

イメージ 6
  虻川高範さん(あきた立憲ネット)

イメージ 7
イメージ 8

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • あきた立憲ネットからの訴え

    2016/5/6(金) 午後 3:52

    あきた立憲ネットからの訴え (安保法制(戦争法)廃止、立憲主義の回復を求める秋田ネット) 参議院選挙は近づいてきています。一分一秒も無駄にはできません。非常に厳しい選挙戦となります。どれだけ多くの無党派層、若者が投票に行き、意思表示をしてもらうか、ここにかかっています。これまで通りの選挙ではなく、市民主体の新しいスタイルを作れるかどうか ...すべて表示すべて表示

  • 野党統一候補 松浦大悟氏の当選を目指す あきた立憲ネット 5.15決起集会のご案内です チラシ(両面)のダウンロードは 立憲ネットのホームページから

  • あきた立憲大学ネット第3回学習会のご案内   第3回学習会は、学生にとって、若者にとって身近な問題であるアルバイトを取り上げます。 日本の学費は世界一高いと言われています。その為、沢山の学生が学費納入や生活費を稼ぐためアルバイトを強いられる状況にあります。しかし今、ブラックバイトと言われる違法な働かせ方が横行し、『正社員並みに働かせられ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事