ちょいと一休み♪

そろそろブログの移設先を考えねば

全体表示

[ リスト ]

天空の蜂

イメージ 1

絶対、守り抜く





天空の蜂





史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描いた作品。


原作は東野圭吾で1995年、20年も前に発表された作品です。


原作を僕は大学生のころに読んでいて、すっごくスケールが大きくて東野さんらしいミステリーで骨太だったんですが、


原発のことよくわかっていなかったのもあって脅威に対してピンと来なかったんですね。


でも震災による福島の原発問題が発生して、その危険性を恥ずかしながらようやくリアルにイメージできるようになって、この原作を思い出したんです。


「東野さんが書いた原発の脅威が本当に起こったんだ」と思ったとき、あの作品はとんでもない予言書だったんだと気づき、東野さんの凄さを改めて感じたりもしました。


この作品のことで語るならすごくシ ンプルで、現実にも原作にも沿って期待以上のクオリティでした。


スケール、迫力どれをとっても映画ならではのもので、これはスクリーンで見なければ本当の価値は得られないと断言できる。


だから見るなら劇場で見てほしいです。


この作品は原発の脅威を語りつつも否定もせず、そして肯定もしていない絶妙なバランスをとっています。


原発の脅威は今では周知の事実ですが、その反面今の日本経済、そして我々の生活を鑑みると原子力の力なくて成り立たない環境ではあります。


そうしたのは国なのですが、両面を踏まえあなたはどう捉えますか?と委ねています。


だから真剣に考えさせられるラストとなっています。


それもこれもやはり震災での出来事があってこそです。


これがもし原作が発表された当時に公開されていたらここまでの反響はなかったと思う。


どれだけ警笛をならしても実感がなければ伝わらないってこのことですよね。


本当は起こってからじゃ遅すぎるんだけれど、今だからこそ胸深くに突き刺さるんだと思います。


震災発生後、それをテーマにした作品はいろいろつくられてきた中、原発に触れるものって不思議とあまりなかったですね。


ある意味原発ってタブーな題材だったりしますが、それがこんな大規模なメジャーな映画で真っ向勝負したってことに価値があります。


劇中に出てくるセリフに「痛みを伴わない想像力は、ただの甘い夢に過ぎない」というものがありました。


日本は福島の件で痛みを伴ってようやく原発についての認識が深まったと思うし、長い目で見てこの出来事を風化させず無駄にしないためにも今を生きる我々が真剣に考えていかないといかないなって考えさせられました。


この作品を作った松竹はgood jobですね!


本当に素晴らしいと称賛したいし、そういう意味で今年ベストに入る作品となりそうです。


そして最後に、原発問題を捉えたメインの話ももちろん良いですが、僕は地元警察の室伏と関根のシーンがいろんな意味で一番印象的でした。


※2015.9月 MOVIXさいたまにて

閉じる コメント(48)

顔アイコン

> メィさん、だね!

2015/12/29(火) 午後 5:31 かず 返信する

顔アイコン

> atts1964さん、確かにテロという観点でもタイムリーですよね。
考えれば考えるほどすごいな〜。

2015/12/29(火) 午後 5:32 かず 返信する

顔アイコン

> ゆうゆさん、最初のかじ取りを誤ってしまったような感じですが、大きく方向転換するには時間もかかるしお金もかかるしどうしたらいいでしょうね。。

2015/12/29(火) 午後 5:33 かず 返信する

顔アイコン

> たこ福さん、原作を知る人もこれは納得のクオリティだと思います♪

2015/12/29(火) 午後 5:33 かず 返信する

顔アイコン

> mid*617さん、原作自体が結論付けせずに映画のような触れ方だったので原作に忠実ですよ。
なのでそういう意味合いではないと思いますよ☆

2015/12/29(火) 午後 5:34 かず 返信する

顔アイコン

> ライトモーニングさ、最近確かにこういう作風減ってきてるのでどんどん書いてほしいですね!
楽しみです!!

2015/12/29(火) 午後 5:35 かず 返信する

顔アイコン

> あきりんさん、タイトルがズバリだし巧いですよね!
タイトルって大事だし素晴らしいですね♪

2015/12/29(火) 午後 5:36 かず 返信する

顔アイコン

> えこさん、逆に今だからこそやらなくてはいけない作品だったと思います。
そして一人一人が改めて考えるきっかけになれば。

2015/12/29(火) 午後 5:37 かず 返信する

顔アイコン

> あきちゃそさん、見せ方が絶妙でしたよね。
肯定も否定もしないというのは作品を見た後にじっくり語りたくなっちゃいますよね。

2015/12/29(火) 午後 5:38 かず 返信する

顔アイコン

ダディ、すごい迫力だったよねー!!
これはあたりだわ☆

2015/12/29(火) 午後 5:38 かず 返信する

顔アイコン

> こねこさん、ベスト1にするのもわかりますよー!
僕もベストの中には確実です♪
日本の映画文化はこういう触れちゃいけないものってなかなか作られてこなかったのでメジャー作品として作られたことが一番の驚きだったし、だからこそ松竹は素晴らしいと思いました。

2015/12/29(火) 午後 5:40 かず 返信する

顔アイコン

> ikaznatさん、こちらこそありがとうございます。
映像化に関しては今の時代だからここまで迫力あるものが作れたし素晴らしかったですね☆

2015/12/29(火) 午後 5:42 かず 返信する

顔アイコン

> にこにこくんさん、いいセリフですよね。
ホントその通りだなと実感しました。

2015/12/29(火) 午後 5:43 かず 返信する

顔アイコン

> ルンルンさん、映画も素晴らしかったです☆

2015/12/29(火) 午後 5:43 かず 返信する

顔アイコン

> まうさん、メジャー作品でこういうテーマを描いたのは本当に大きいですね。
素晴らしい功績だと思います。

2015/12/29(火) 午後 5:44 かず 返信する

顔アイコン

> yem*em9**7さん、そうなんですよー!
そんな前にこういう作品を書いているというのが驚きですよね。
当時はホントにピンと来なくてすごさがわからなかったんですが、今ならそれがはっきりわかります。

2015/12/29(火) 午後 5:45 かず 返信する

顔アイコン

> WANTED222さん、僕自身そうだったしきっとそういう人は多いんじゃないかと思います。
警笛を鳴らしてもその時にならないと実感わかないことありますもんね。

2015/12/29(火) 午後 5:46 かず 返信する

顔アイコン

> kazumamaさん、ヒットしたのが裏付けですよね。
評価も高いし意義のあることだった思います。

2015/12/29(火) 午後 5:46 かず 返信する

顔アイコン

> なぎさん、もっと作られてほしいですよね。
そうすることによってみんなが関心を持ってくれるといいしそうすることがよりよい日本にするには不可欠ですね。

2015/12/29(火) 午後 5:47 かず 返信する

顔アイコン

> ともみさん、知らない人が多いなら伝えてあげて〜!
これは見てほしいね!

2015/12/29(火) 午後 5:48 かず 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事