全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全306ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

今回はオールスパイスを使った中華のレシピです。
レシピモニターで頂いたハロウィンにぴったりのものからGABANオールスパイスを使用しました。
お洒落というより親しみのある家庭料理ですが、スパイスをひとふりするだけで凝ったお料理の味に変身します。
オールスパイスはお肉の臭みを消してくれるので、安い輸入牛肉でOKな節約レシピです。

ご訪問ありがとうございます。
先日ぎんなんをたくさん頂いたので時間のある時に下処理をしておきました。
使いきれない分は冷凍すれば、茶わん蒸しなどにちょっと使いたいな〜、という時に便利。
水煮のものより一味もふた味も違います。







イメージ 2

☆牛肉とぎんなんのオイスター炒め

・1人分約300kcal

【材料 2人分】
◆牛モモ焼き肉用・・・200g
<A
○醤油・・・小さじ1
○片栗粉・・・小さじ1
○酒・・・小さじ1
○ごま油・・・小さじ1/2

◆ぎんなん(下処理してあるもの)・・・100g
◆ししとう・・・1パック
◆サラダ油・・・小さじ2
◆オイスターソース・・・大さじ1
◆GABANオールスパイス・・・少々

【作りかた】
①牛肉は1cm幅に切り、<A>を揉み込んで10分くらい置く。
②ししとうは洗って包丁の先か竹串を何か所か刺す。
③フライパンに油を熱してししとうを炒め、一度取り出す。
④そのままのフライパンに牛肉を入れて色が変わるまで炒め、ししとうを戻してぎんなんを加え、オイスターソースとオールスパイスで味付けて出来上がり。味を見て薄いようなら鶏がらスープなどを加えてもOK。









ぎんなんは茶封筒に入れて口を何度か折り返してしっかり締め、2〜3粒爆発する音がするまでレンジで加熱します。
やりすぎると封筒が破裂してレンジの中が大惨事になります(経験済み)。ご注意を。

イメージ 3

そのあとぎんなん割りで殻を割って中を取りだします。
薄皮は取りにくいのであとでお湯の中に入れてお玉でコロコロ転がして取ります。
ぎんなん割りは毎年ぎんなんをいただく家庭以外にはなかなかないと思いますが、ペンチでも代用できます。
その場合、力を入れ過ぎると中味も潰れてしまうので優しく割ります。




我が家ではぎんなんをよく蒸し物やあんかけに入れます。



簡単ですが、小料理屋さん風になります。




金目鯛ではなく、白身のお魚なら何でもOK。
すりおろしたかぶに卵白を混ぜたふわふわがとても優しい味です。


殻つきの食べ物と言えば。

イメージ 4

義父が育てていた落花生です。塩茹ででいただきました。
炒ったピーナッツは苦手なんですが、生の落花生は大好き。
沸騰してから30分くらい茹で、そのまま冷めるまで置いておくとちょうどいい歯ごたえになりました。
生ハムと盛り合わせたのはお気に入りのお店、ottoのアミューズの真似です。
もちろん、お酒はスパークリングワインで♪
シャンパーニュにハマると破産する、と以前ワインオタクから聞いた事があるので、一般庶民の我が家はスパークリングで十分です(笑)

まぁ、¥3000とか¥5000で買えるシャンパーニュもありますけどね。
しかもおいしいのが。北田屋さんなら♪

今URLを張り付けるためにottoのホームページに行ったら、facebookにシェフが入院すると。
なんとまあ。
早く良くなってまたおいしいお料理を食べさせてもらいたいです。
山形シェフ、お大事に。








 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

イメージ 1

今回はみずみずしい冬瓜を揚げだしにしてコクを出したレシピです。
干し貝柱の旨味であっさりした冬瓜が小料理屋さんのような本格的な味に。
主人にも褒められたお気に入りのレシピです。

ご訪問ありがとうございます。
以前自然食のカフェみたいなところで大根でこういうお料理がありまして。
とてもおいしかったので家で自己流に作っていました。
今回は冬瓜を頂いたのでためしに作ってみたら、すごくおいしい!
冬瓜が好きではない主人もこれは気に入ってくれました。


イメージ 2

☆冬瓜の揚げだし、ホタテあんかけ

・1人分約80kcal〜100kcal

【材料 2人分】
◆冬瓜・・・皮とワタを取って300gくらい
◆干し貝柱・・・1個(小さいものなら2個)
◆白だし・・・大さじ1〜
◆うすくち醤油・・・少々
◆片栗粉・・・小さじ1くらい
◆水・・・適量
◆水溶き片栗粉・・・適量
◆揚げ油・・・適量

【作りかた】
①干し貝柱は水と少量の日本酒に浸してひと晩置き、戻しておく。
②冬瓜は大きめのひと口大に切って鍋に入れ、干し貝柱の戻し汁と水をひたひたに注いで白だしとうすくち醤油を加えて火にかけ、沸騰したら5分ほど煮て取りだし、キッチンペーパーの上などでよく水気を切る。
③煮汁は味を見て薄かったら白だしなどを足し、干し貝柱のほぐしたものを加えて煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
④ポリ袋などに冬瓜と片栗粉を入れて下から叩くようにしてまぶしつけ、170℃くらいに熱した油で表面がカリッとなるまで揚げる。水気をよく切っておかないとかなりはねるので注意。
⑤盛りつけてあんをかけて出来上がり。



冬瓜はあんかけのお料理と合いますね。
こちらはエビあんかけです。



こちらはヘチマを使った沖縄料理ですが、冬瓜で作ってもおいしいです。










 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

イメージ 1

今回はカフェやファミレス風のレシピです。
しっかりお肉感のあるハンバーグにふわとろの卵、だしの味のあるソース。
よく合いますね。
ソース味の食べ物は苦手だったんですが、これは違います。おいしいです。
カリスマブロガーさん(言い方古い?)の山本ゆりさんのレシピです。
私自身はそれなりに手を抜きますが、基本的には料理は面倒な作りかたでもいいタイプ。
調味料やスパイスも気合を入れて揃えるのが好き。
おいしいものはある程度手間がかかると思っています。
ですが、おうちにあるモノ中心でお洒落なカフェご飯を作るなんてすごいですよね。
しかも、文章がとても面白くて、レシピブックではなく読み物として本を買ったことも。


ご訪問ありがとうございます。
今回はレシピモニターで頂いた調味料でオリジナルなレシピを作るのではなく、作ったことをレポートするモニターでした。
とっても手軽に作ることができて誰でも好きなお料理です。


イメージ 2

レシピはこちら
レシピブログの山本ゆりさんのレシピです。
今回はアレンジしていいのかわからなかったので(調べろや)、基本に忠実に、完コピで。
かなりガッツリ味で、男性にもお子様にも愛される味です。




その他のオリジナルのハンバーグのレシピも良かったら見てくださいね。

ファミレス風、おもてなしにも。


ソースはお好みのものでOK。
スライスチーズを熱々のハンバーグに乗せることでのり代わりになってくっつくんです。

さっぱり系です。


アルミホイルに包んで焼くことでふっくら仕上がります。
きのこも一緒に包んでうまみたっぷり。





またまたレシピモニターに当選しました。
ハロウィンにぴったりのスパイスです。


イメージ 3

カルダモンをスイーツに使ったことがないので頑張ってレシピを考えてみたいです。
シナモンはお料理に、オールスパイスは定番以外に、と変わった使い方がしてみたいですね。
パンに焼けばオニオングラタンスープ風になると言うスパイスもいただきました。
最近水切りヨーグルトのホエーで作るパンにハマっているので、パンを作って試してみたいです。







 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!
イメージ 1

今回はお刺身用のホタテを使った簡単なレシピです。
簡単でもメインになるお洒落なお料理。
ホタテは比較的お手軽な値段で売ってますよね。
赤ワインに合わせるお料理となるとどうしてもお肉になりがち。
ですが、体のことを考えると魚介類の方がいいですし、カロリーも低め。
ホタテはタウリンが含まれているので、酒飲みさんに必要な食材です。

ご訪問ありがとうございます。
先日義母が頂いたホタテのむき身をおすそ分けしてくれました。
冷凍状態なので使う分だけ解凍して、あとは凍ったまま保存できて便利でした〜♪
冷凍ホタテはまず水に塩を加えて溶かし、そこに氷を入れて冷たい状態で解凍するのがおいしくするポイントだそうです。


イメージ 2

☆ホタテのソテー、フレッシュトマトソース

・1人分約150kcal

【材料 2人分】
◆ホタテ(刺身用)・・・250g
◆塩・・・小さじ1/4
◆オリーブオイル・・・小さじ1
◆酒・・・小さじ1
◆トマト・・・150g
◆塩またはうすくち醤油・・・小さじ1

【作りかた】
①ホタテは水分をよく拭きとり、塩を振る。トマトは皮をむいて種を取り、1cm角くらいに切る。
②フライパンにオリーブオイル入れて強火で熱し、ホタテを片面20秒くらい焼いて返し、酒を加えてもう20秒くらい加熱して取り出す。
③そのままのフライパンにトマトと塩またはうすくち醤油を入れてひと煮立ちさせる。
④ホタテにトマトソースを添えて出来上がり。


合わせたワインはブルゴーニュです。
ピノ・ノワールとホタテは合わせやすいんだそうです。
ユドロ・バイエという有名ドメーヌのワインで普段飲みにはちょっと贅沢な¥3500ほど。
いつもの北田屋さんで店長に選んでもらったもの。
↑ネットショップもあります。ユドロ・バイエも買えますよ〜♪




その他のホタテのレシピもよかったら見てくださいね。



こちらもお刺身用のホタテで。
買うと高いデパ地下のデリも、おうちで作れば安上がり♪
おいしそうなものを見ると横目で見ながら通り過ぎ、家で作る私です(笑)




ホタテの殻を器にして作る可愛いグラタンです。
ホタテとマッシュポテトの相性が良くて、日本酒にもワインにも合います。
こちらも先ほどの赤ワイン、合うかもしれないですね。




新しいレシピモニターに当選しました。
今回はハロウィンパーティーにピッタリなメニューのための調味料。

イメージ 3

すし酢2本です。
これでアイディアをプラスしたお寿司を作ります。
普段すし酢って作れるしなぁ、と思って購入したことがなかったんです。
なので、いい機会を頂きました。
何を作ろうかな〜^^



昨日の夜、うちのネズミたちが騒がしかったので構いに行ったら。

イメージ 4

うわ〜!あずきがかわいすぎる〜!
何このカメラ目線!今までうるさく騒いでたのに、扉を開けたら動きが止まるし(笑)
もうきゅんきゅんしまくりで、親バカのように何枚も写真を録りました。
お気づきでない方もいるかもしれませんが(笑)その後ろのココナッツにささげが入ってます。
ささげ、完全にこちらを無視。眠いんですね。

イメージ 5

アップ過ぎてレンズが曇った(笑)
こんなにちっこい生き物なのに、デグーは体温が高いからか鼻息で曇ったんです。
そしてやっぱりささげはこちらを無視。
小さくて色が地味でネズミ嫌いの人には嫌がられてワガママで食いしん坊ですがとってもかわいいかわいいわが子たちです。







 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

イメージ 1

今回は秋の味覚、栗おこわのレシピです
最近は炊飯器で作る炊きおこわが人気みたいですね。
ですが、やっぱり蒸して作った方が断然おいしいです。
お米の一粒一粒のしっかり感とか、もっちり感とかが違いますよね。
蒸し器がなくても家にあるもので代用できます。
味つけも白だしだけでとっても手軽♪

ご訪問ありがとうございます。
秋になると何度か栗を頂くので、時間のある時にのんびり皮むきをします。
てっぺんに切れ目を入れてから圧力鍋で2分ほど加圧。
水をかけて急激に圧を下げればむきやすくなります。
久しぶりにおこわが食べたいな〜、と思って作りました。
時間はかかりますが難しいことはないので蒸しおこわを作ったことがなくても失敗なしです。


イメージ 2

☆栗おこわ

【材料 2人分】
◆もち米・・・1合
◆栗(下茹でしたもの)・・・お好きなだけ(100gくらい〜)
◆水・・・300ccくらい
◆白だし・・・おおさじ1〜
◆黒胡麻・・・少々

【作りかた】
①もち米は洗ってざるにあげて30分くらいおき、水に白だしを加えて少ししょっぱいかな?くらいにしてもち米を浸けて上に栗を乗せ、一晩置く。
②栗を取りだしてもち米もざるにあげ(つけ汁はあとで使うので捨てない)、蒸し器に入れて平らにならし、蒸し布(なければ丈夫なキッチンペーパーを水にぬらして固く絞ったもの)を乗せてたっぷりのお湯を沸かした鍋の上に乗せて強火で15分蒸す。
③もち米のつけ汁を全体に振りかけ(手に付けて振るか、しゃもじで受けながら少しずつかける)上下を返すように混ぜてまた蒸し布をかぶせて10分くらい蒸す。
④取りのけておいた栗を混ぜて出来上がり。

蒸し器がない場合はもち米の粒が落ちないくらいのざるに入れ、鍋に深めのお皿を逆さに置いてその上にざるを乗せて蒸します。落ちたりしないように糸底がざるの下の部分より大きなものを使います。

もち米を浸けておく時間をのぞけば炊くより短時間で作れます。
4人分くらいまではこの蒸し時間で大丈夫だと思うので、たっぷり(もち米1kgとか)作る場合は虫時間を10分ずつくらい長くします。




白だしも手作りすると、とても簡単においしい料理が作れます。

イメージ 3

我が家では煮物にも炊き込みごはんにもガンガン使っています。
レシピはこちら→cookpad


こちらも本格的な栗のレシピ。
ちょっと面倒ですが、パティスリー並みのおいしさです。



栗の甘露煮から手作り。
マロンペーストもマロンクリームもスポンジケーキも手作りです。




ネイルをハロウィンバージョンにしました。

イメージ 4

ちょっとオレンジがぼやけてますが、色味でハロウィンを表現してみました。
手書きでジャックオランタンとか描くのは無理なので(笑)
このとろみの感じはうまく行ったと思います。


昨日は主人が休みを取れたんですが、朝床屋行ってくるよ〜、と出かけました。
ですが朝イチに着いたにもかかわらず、もう3人も待ちのお客さんがいたそうで、夕方予約を取って帰ってきました。
なので、いつもよりちょっと近場にお出かけしてきました。

埼玉県の北部、羽生でお昼ごはん。

イメージ 5

埼玉県は海がないので、うなぎなどの川魚の有名なお店がたくさんあります。
こちらは以前TVで見て、義父母と行ったことがあります。
今回はお店がリニューアルして、メニューもリニューアルしてました。
うな重に鯉のあらいになまずと野菜のてんぷら。
川魚祭りです。
私は鯉のあらいが大好きなので、単品で頼もうかと思ってたくらい。
なのでこのセットに入っていてうれしい〜♪
こちらはうなぎのたれが独特で、お醤油が強めでおいしいです。
このボリュームで¥2500(税抜)安いです〜♪

そのあとイオンモールで主人がずっと買いたいと言っていた行田の枝豆を買って帰宅。

来週はどこに行こうかな〜。





 レシピブログ(おつまみカテゴリ)に登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)

いつもありがとうございます!

全306ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事