全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

今回はメカジキの切り身を使ったレシピです。
メカジキといえばソテーなど焼いていただくのが定番ですが、お鍋もおいしいです。
しかも、お刺身用の中トロなどを使わなくても脂がのっているので経済的♪
味付けもとっても簡単。おうちにあるならすき焼きのたれでもOKです。

ご訪問ありがとうございます。
義父の畑からネギを抜いてきたのですが、とてもしっかりしていて食べごたえがありそう。
ということで、大きめに切って焼いてお鍋に入れました。
カジキの旨味を吸ったおネギが甘くておいしかったです。


レシピブログに登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!


イメージ 2

☆カジキのネギマ鍋

・1人分約250kcal

【材量 2人分】
◆カジキの切り身・・・2枚(約200gくらい)
◆長ネギ(青い部分も含めて)・・・好きなだけ

<割り下>
○めんつゆ・・・大さじ2
○醤油・・・大さじ1
○ザラメまたははちみつ・・・小さじ1〜3
○酒・・・大さじ1
○みりん・・・小さじ1〜3

◆卵・・・適量

【作りかた】
①ネギは白い部分を食べやすい長さに切ってグリルで焼き色がつくまで加熱する。
 青い部分は斜め切りにする。

②カジキは2センチくらいの幅に切る。

③鍋に割り下の材料をすべて入れてひと煮立ちさせる。

④一人用鍋などの小さめの鍋などに割り下を入れて沸騰させ、ネギ、カジキを入れて煮る。

火が通ったら溶き卵につけて召し上がれ。
割り下だけだとしょっぱすぎると感じる場合もあると思うので、その場合水を加えます。


そのほかの鍋料理のレシピもよかったら見てくださいね。



フードプロセッサにかけたトマトを濾すと、こんなにきれいなトマトのエキスが取れます。
それをジュレにして。火にかけると溶けていくのを見るのも楽しいお鍋です。




赤ワインに味付けをしてお肉をしゃぶしゃぶ。
とても簡単でおいしいです。




珍しいきのこを購入したら、シンプルにきのこ鍋がおいしいです。
だしだけしっかり取って、あとはきのこの旨味にすべてをゆだねる感じで(笑)




我が家のネズミたちはとっても仲良しなんですが、ご飯の時は別。
たまに先に食べ終わったほうがまだ食べてるほうのを奪いにいくので隔離になります。

昨日は最初から別にしました。
そうしたら面白い写真が。

イメージ 3

自然界でご飯を食べてるみたいになったささげ。
これはもらったはいいけどビジュアルがイマイチでいらない(小声)カレンダーです。
役に立った〜(笑)
我が家では切り取ったカレンダーでよくこの子たちを入れる箱を作るのでありがたいですね。
うちのささげ、肩に乗っているときはたまにしかしませんが、よくテーブルでおしっこをしてしまうので、こういう厚めの紙があれば安心。
テーブルの上を走り回っているときにおしっこの気配がすると、新聞の上に乗せます(笑)
だいぶ予兆がわかるようになりました(笑)
あずきは暴れだすのでおうちに返すとおうちの中でするんだけどな〜。
デグーはトイレのしつけができない動物と言われていますが、あずきは大丈夫です(親バカ)。







↑クリックしていただけると励みになります↑


イメージ 1

今回はパスタです。
最近ハマっている「のらぼう菜」を使ったレシピです。
もちろん小松菜でもおいしく作れます。
モニターで頂いた「エルブ・ド・プロバンス」で和風っぽいパスタが一味変わります。

ご訪問ありがとうございます。
義父が作っている「のらぼう菜」、とってもおいしいんです。
主人は茎の部分のほうが好きだと言っています。
独特の風味が強いからかな。
パスタともとても良く合いました。

レシピブログに登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!







イメージ 2

☆しらすとのらぼう菜のペペロンチーノ

・1人分約400キロカロリー

【材量 1人分】
◆パスタ(スパゲッティー二)・・・80g
◆のらぼう菜(または小松菜)・・・好きなだけ
◆釜揚げしらす・・・30gくらい
◆にんにく・・・1/2〜1かけ
◆唐辛子・・・1本
◆オリーブオイル・・・小さじ1
◆アンチョビペースト(なくてもOK)・・・少々
◆GABANエルブ・ド・プロバンス・・・少々
◆塩または醤油・・・少々

【作りかた】
①のらぼう菜は食べやすい長さに切り、にんにくはスライスする。
 唐辛子は種を取って小口切りにする。

②塩少々を入れたたっぷりのお湯でパスタを表示時間の1分前まで茹でてざるにあげる。
 ゆで汁は50ccほど取っておく。

③フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて火にかける。
 香りが出てきたらのらぼう菜を加えて少ししんなりするまで炒める。

④パスタ、しらす、茹で汁、エルブ・ド・プロバンス、アンチョビペーストを加えて炒める。

⑤味を見て薄ければ塩か醤油で味を調える。








そのほかのパスタのレシピもよかったら見てくださいね。



ちょっと贅沢に、ミョウバンを使っていない生うにか、塩水うにで作ります。
トマトとウニがとっても合います。
こちらはものによりますが赤ワインとの相性も良し♪




とてもさっぱりしたパスタです。
作り方も簡単。
鶏むね肉に片栗粉をまぶしてあるのでパサパサしません。




全部お鍋に入れるだけ。調理がとても楽です。
こちらはショートパスタで作りました。
干ししいたけとトマトって合うんですよ〜♪





イメージ 1

今回はレシピ?というくらい簡単なタコを使ったお料理です。
スペインバルのタパス(小皿料理)の「ガリシア風」。
たっぷりのパプリカがポイント。タコの風味と甘い香りがとっても良く合います。
シンプルなお料理なので塩、オリーブオイルはぜひいいものを使ってくださいね。

ご訪問ありがとうございます。
比較的値段が安定していてお得なタコも、バル風にすれば立派なおもてなし料理に。
今回はロゼのボージョレ・ヌーヴォーと合わせました。
テーブルがピンクと赤のファンタジーカラーに(笑)

味は…忘れた(笑)その後のすき焼きに合わせた赤がガッツリ系で(笑)
また今日飲んで勉強します。

ヌーヴォーもおいしいワインショップ115北田屋本店
ブログも面白いです。マリアージュの勉強させてもらってます。

レシピブログに登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!







イメージ 2

☆タコのガリシア風

・1人分約100kcal

【材量 2人分】
◆茹でダコ・・・160〜180g
◆塩・・・小さじ1/3くらい
◆GABANパプリカ・・・適量
◆エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1くらい
◆パセリ(あれば)・・・少々

【作り方
①タコは一口大に切り、沸騰させて火を止めたお湯の中に30秒ほどつけて温める。
*長く置くとタコが縮んでしまうので注意。

②ざるにあげてよく水けを切り、盛り付けて全体に塩を振る(和えてもOK)。

③パプリカをたっぷり振りかけてその上からオリーブオイルを全体にかける。
 あればパセリを振る。

超簡単♪茹でたジャガイモを加えてもおいしいです。
というか、つい最近までガリシア風ってジャガイモが入っているものだと思ってました。

パプリカを振っているとき、「間違えてカイエンペッパーだったら大変なことになるな(笑)」
と思い、ボトルを2度見してしまいました(笑)








そのほかのタコを使ったレシピもよかったら見てくださいね。




魚介類ですが、赤ワインに合う料理です。
タコは加熱すると縮むので、少し量を多めに。




昨日はタコにロゼワインを合わせて、赤ワインにはすき焼きにしました。

お肉はもちろん義母の差し入れ。
我が家ではすき焼きは義母からお肉(しかもいいの)をいただいた時しかすき焼きはしません(笑)

イメージ 3

春菊と長ネギは義父の畑のもの。
黒いのは生麩です。
白菜もなくなったら義父の畑のが採れるので楽しみです。
久しぶりのすき焼き、ぜいたくな気分でおいしかった〜♪







↑クリックしていただけると励みになります↑


イメージ 1

今回はお刺身用の切り落としマグロを使ったおもてなしにも使えるレシピです。
和風マリネ…要はヅケですね(笑)
ですがわさびではなく、ホースラディッシュを使っているところがミソ。
ちょっといつもと違う味になるので、主人にも「おいしいね、これ」と言ってもらえました。
すごく簡単なのに(笑)

ご訪問ありがとうございます。
今日もボージョレ・ヌーヴォーに合わせたおつまみです。
何せ我が家には5リットルの樽と12本セット、さらに義母から差し入れの2本のヌーヴォーがあるので、毎日新酒祭りが開催されているのです。

マグロのお刺身とボージョレ・ヌーヴォーの相性はとっても良し♪
このお料理も合わないはずはありません。

レシピブログに登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!








イメージ 2

☆マグロの和風マリネとクレソンのサラダ

・1人分約130キロカロリー

【材量 2人分】
◆マグロの刺身(切り落とし)・・・200g
◆クレソン・・・1束
◆ベビーリーフ・・・ひとつかみ

<A>
○醤油・・・小さじ4(大さじ1と1/3)
○ハウスホースラディッシュ・・・5cmくらい
○酒・・・小さじ1
○みりん・・・小さじ1/2〜1
○ごま油・・・小さじ1/2

【作り方】
①マグロは<A>の調味料を混ぜたものに10〜30分漬けこむ。

②ベビーリーフは洗って水けを切り、クレソンは食べやすい長さに切る。

③食べる直前にマグロと野菜を和える。

とーっても簡単でした。
マグロはヅケにすると安いものでもねっとりとした食感でとてもおいしくなります。
なので、節約お刺身の時はヅケがおすすめ♪








そのほかのマグロを使ったレシピもよかったら見てくださいね。




たっぷりのネギがポイント。
マグロは味噌味ともよく合います。上の乗せたのは揚げた湯葉です。




ソースはレンジで簡単に作れます。
マグロとアンチョビの相性抜群♪
この時は白ワインと合わせましたが、ボージョレ・ヌーヴォーも合うかも。




飲みたくなったらすぐにできるクイックレシピです。
味付けがゴマとマヨネーズでしっかりしているので、特売のびんちょうなどでOK。
節約レシピでもあります。




先日こんな面白い晩ごはんをしました。


イメージ 3

青菜だけのしゃぶしゃぶです。
大根葉、のらぼう菜、菜花、ほうれん草、春菊です。
ほうれん草以外は義父の畑のもの♪
完全無農薬栽培なので、土が元気で味が濃い野菜たちです。
なのでこういう調理法でもとてもおいしくいただけます。

たれはすべて自家製で、ポン酢、ごまだれ、香味ピリ辛だれです。
香味ピリ辛だれは、刻んだネギの青い部分、しょうが、にんにく、ニラに、醤油、酢、ラー油、好みで砂糖を加えたものです。
お肉のしゃぶしゃぶにも合います。

この写真は前のカメラで撮影したのですが、やっぱり全然違います。
腕がなくてもきれいに撮れるカメラがあると、写真が楽しくなりますね♪







↑クリックしていただけると励みになります↑


イメージ 1

今回は今の時期おいしい白菜のレシピです。
自家製の白菜漬けというと難しそうなイメージですが、そんなことはありません。
少し時間がかかりますが、基本的には放置でOK。
手作りで無添加のお漬物は安心で、もちろん味も最高です。

ご訪問ありがとうございます。
我が家ではこれからの時期白菜をたくさんいただきます。
丸2個とか、3個とか。
なので、白菜漬けは定番常備菜なんです。

ふと思いついてボージョレ・ヌーヴォーと合わせてみました。
これが驚くほど合うんです。
ボージョレ・ヌーヴォーはお寿司などと合わせられるので、昆布とも大丈夫みたいですね。
ぜひ、今年のボージョレ・ヌーヴォーに自家製の白菜漬けを合わせてみては。

レシピブログに登録しています。
 

↑クリックしていただけると励みになります↑
(よかったら「ナイスフォト」&「おいしそう」もお願いします)
いつもありがとうございます!



イメージ 2

☆白菜のお漬物

・本漬けしてから1週間程度の日持ちがします。

【材量 作りやすい分量】

<下漬け>
◆白菜・・・1/2個
◆塩(粗塩)・・・白菜の重さの3%

<本漬け>
◆塩(粗潮)・・・絞った白菜の重さの0.5%
◆昆布・・・10cmくらい
◆唐辛子・・・1本
◆ゆずの皮・・・適量
*その他好みで干した柿の皮やりんごの皮を入れるとよりおいしくなります。

【作り方】

<下漬け>
①白菜は根元だけ包丁を入れて切り込みに手を入れて二つにさく。ざるなどに乗せて天気のいい日に半日ほど天日に干す。

②白菜に土埃などがついていたらさっと洗い、葉がはがれないように根元を1枚ずつめくりながら塩を振っていく。

③漬物容器などに押し込むように入れて(葉先は丸められれば丸めて隙間ができないように)、
 中蓋をし、白菜の重さの2倍の重石をして(ペットボトルなどでもOK)
 水が上がってくるまでつける。
*3日くらいたって水が上がってこない場合は呼び水(少し水を加える)する。

<本漬け>
①昆布ははさみで細く切り、唐辛子は小口切りにする。ゆずの皮は千切りにする。

②白菜は水分を絞り、下漬けの時と同じように葉の間に塩を振る。
 唐辛子、昆布、ゆずの皮もまんべんなく間に挟む。
*面倒な場合は塩だけは間に振り、それ以外は上に乗せてもOK。

③白菜と同じくらいの重石をして2〜3日漬けこむ。

酸っぱくなったらサラダ油かバターで炒め、しょうゆ少々で味付けして卵を落とします。
飛騨名物、「漬物ステーキ」に。
これは酸っぱくなってないとおいしくないんです。




先ほど姪っ子が遊びに来ていたので、ちょっと遅めの更新になりました。

ボージョレ・ヌーヴォーが解禁して、我が家のワインセラーがえらいことになってます。


イメージ 3

120本入る、ワイン通かスクールを主宰している人が持つサイズのワインセラー。
我が家はそのどちらでもありません(笑)

毎月一度の頒布会で購入するちょっといいワインが飲めなくてたまっていく(笑)
そして、主人の生まれ年などのもっと値段の張るものはさらに飲めなくてたまっていく(笑)
そこにネットで買った普段飲みワインに、12本セットで買ったヌーヴォー。
というわけでもう入りません。
義母も2本ヌーヴォーを買ってきてくれたんですが、それはこのセラーを置いてある食品庫に置いてあります。
今の時期なら温度変化もあまりありませんしね。

ですが、この満員御礼状態もそんなに長くは続きません(笑)



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事