小さな発見、あれこれ in Halifax,Canada

カナダでBEST CLUBに選ばれているALTA GYMで体操コーチ。伝えたい想いを抱えながら、次のステップへ準備中!

全体表示

[ リスト ]

いやん、ありえないことが起きています!!!
時間があり過ぎる今だからこそ、ハマッています。
何って…
「花様少年少女」><!!
イメージ 1

花ざかりの君たちへの台湾編。
イメージ 2


あれま。やばーっっっ。


あのさ、これまでハマッたドラマや映画ってなかったわけ。
もちろん、芸能人とか好きとか嫌いとか興味なかったのよね。
もちろん好きな歌手はいたけど、そこまで熱狂ではなかったし。
ドラマだって、大学入ってから、毎週同じ時間にTVの前にいることが不可能だったから、
通して見たドラマの記憶ない。

原宿で、芸能人の写真を買うために長打の列を作っている女子高生みて、
「がんばってねー」って思っていたりしてたのよね。
コンサートも、あんなに沢山の人でギュウギュウになって、歌を聴くなら、
Mステ見てた方がいい〜(笑)だったし。
「何千、何万のファンの一人」なら、
「誰か一般人の特別な一人」の方がいいんじゃん?って思ったり。


つい最近まで、日本の芸能人では誰が好きなの?
ってルームメイトに聞かれ、ん〜…と困っていたこの状況。
芸能人の名前も出てこないんだから笑


今のルームメイトAさんは、日本のアニメとかいわゆる漫画に興味を持っていて、私より詳しいのよね。んで、ある日、「日本の漫画が原作のドラマ見る?」って言われて、
「見る見る!!」と勢いで見てみました。
それが、今オンエアしているでしょう、花ざかりの君たちへ。
日本にいたら、TVなんて見る時間ないんだから、間違いなく見ていない。
ましてや、学園ものなんて、時間があっても見ていない。
でも、ルームメイトがダウンロードしてまで、誘ってくれたし、
時間もあるし、ってことで1話見ました。


「台湾バージョンも見る?」
へえ。台湾のもあるの?
韓流ブームにも乗らず、興味もない私ですが、
「比較するのは面白いしねー、自分じゃまず見ないだろう…、折角の機会だ」と思い、
「見る見る!!」と、目にした1話。

主人公の瑞希は、日本→男の子には見えないけど、
美人さんだから主人公って感じ、台湾→一見カワイイ男の子。
日本では、主役に抜擢されにく顔立ちだけど、愛嬌ある感じ。
イメージ 3

台湾の方が古風で、日本のは最近の学園ものって雰囲気。
最初は、日本の方が懐かしい〜って感じだったんだけど、
みていくうちに、

「なんて台湾編が面白いの?!」

になってしまい。
言葉はわかりません、字幕は英語なので、何とか必死に読んでいます。←いい勉強になるわ。


あのね〜、佐野役の呉尊が何と王子様なことか!!!!
細かい仕草が素敵過ぎます。
イメージ 4


我等と同じ年頃だから、ドラマは、「おい高校生役かよっ。」だけど笑
今度オンエアされたら見てちょい。
んで、他のキャストの雰囲気もフレンドリーで愛嬌ある感じで、微妙なコメディがまたいい(笑)

ホント、台湾バージョン見た方がいいって!!!ホントに。
なんて、日本バージョンのキャストは、皆ひょろい身体してんだー!!
薄いよねー、ジャニーズ君たち。←まるで、筋肉フェチ発言笑。
あ、そうそう
日本で、台湾編のオンエア決定(って誰かのコメントみたけど?)なんでしょ?
(ゆくゆくは決定になるだろう…という予想から発生したのかなー。)

イメージ 5


「…あ、私何ハマってんだ?」


結構自虐...
はあ。あちゃー><!!


゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。

芸能界に入るまでは僕の生活はみんなと同じだったと思う
ひとつ違っているのは、僕はブルネイで暮らしていたこと
ブルネイは台湾やその他多くの国とはかなり違っている

ブルネイでの生活はシンプルではなかった
なぜなら僕はビジネスをしていたからだ
僕の仕事は時間が不規則で1日10〜12時間働いていたけど
時間はわりと自由に使えた
体を鍛えたり、友達とあったり、家族と過ごしたりと
実はブルネイにはスポーツ、映画、レストランでの食事以外に
休日の娯楽があまりない

僕にとって芸能界に入ることはとても信じがたいことだった
今なお信じがたい
毎日が新しいことへの挑戦、この世界は変化にとんでいてつかみがたい
この仕事での一番の犠牲は、家族と離れ離れなこと

ずっと大変だったけれど、自分自身の達成感にかきたてられ
今までに体験したことのないことをたくさん行った
仕事で大きなプレッシャーに直面したとき
ママを思い出し、無限の励ましとなり僕に力をくれた
結果はどうであれ、おかげで僕の気持ちは軽くなった
思うに、これは心の奥底にある苦しみに対するもっともよい薬

芸能人になることで生活がどう変るのかわからなかったけど
今ならわかる
僕らは市場の商品
10年または20年が過ぎて、芸能界にいるかどうかに関係なく
僕の人生は以前と同じようではないとわかっている
おもしろい?
これがいいことなのか悪いことのことなのか、僕にはわからない
いずれにせよ
僕達はみなチャンスをつかみとるべきなんだ
後悔しないよう、全力を尽くすにこしたことは無い
そうすれば、僕達はさらに楽しく生きられる

最後に僕を応援してくれて感謝している
尽きることの無い君達の応援、ありがとう
君達なしには、今の呉尊はいない
僕の進む道が順調で有意義であることを願う
また僕は世界中のたくさんの人に、僕の喜びを届けたい


過去にとらわれることはない
それは支えへとなり
目の前の未来へとつながっている


゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。*゚+。*゚¨゚゚・゚+。*゚¨゚゚・*:..。゚+。*゚¨゚゚・*:..。

こーゆーコメント見ると、芸能人だからとかでなく、
どんな人間なのか知りたくなる。
人の表情や仕草って、その人の細かい部分がでると思うのよね。

芸能人だけでなく、スポーツ選手や舞台俳優、アナウンサー等、公的な場によくでてくる人の
雑誌のコメント、TVの前の振る舞いもそう。
もちろん、学校や職場でのちょっとした仕草、表情、言葉もそう。

人と人とか顔を合わせて生きている以上、
人の観察は面白いし、

「あの人今どんなこと考えているんだろう、どんな気持ちなんだろう」

ちょっとした言葉のはしっこから、読み取ろうとするのは癖かな。
時々考えすぎ、しょっちゅうわからないけれど。
共感できたらいいなって思う。
人の感覚が知れたらいいなって思う。



ミーハー嫌いの私なので、空港まで追っかけとか、
何時間も並んでサイン会とか、そういう枠にはハマラナイ自信はあるけれど、
今更「素敵☆」なんて、ドラマにハマっている自分が悔しい…笑
いやん…

私には、ハマっている時間が無駄なはず…他に有効活用せよ!!
今カナダにいて、時間があるゆえに…の困った問題です。
早く忙しくならないかなー。
カナダにいるのに、台湾ドラマにはまっている私。
どーなのコレ…
自分的にショックです。笑

Thanks,
AKKO

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事