主婦だって楽しみはそこかしこに!

こちらの意図と反するコメントなどは独断で削除させていただきます。ごめんちゃい。。

全体表示

[ リスト ]

ブラック・スワン

 
「ブラック・スワン」
 
イメージ 1
 
 
 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで
優等生のような女性。
芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、
新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。
そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、
狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。
 
主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。
えぇ、そら受賞しますわな、しなかったらおかしいでしょ、と思わせるほどの怪演でございました。
 
 
バレエ団の中に今一つ溶け込めず、家へ帰れば過干渉だろうと思わずにはいられないままんがいるニナ。
 
どちらにいても心休まる時間などなく表情はいつもすぐれずに態度も気持ちおどおどしている。
 
あぁ、もうその表情が切ないんだけど美しいのですよ。
今回も決してSじゃない私ですが「もっとその表情をゆがませたい・・」と自らがゆがんだ願望を抱きながら
観ておりました。
えぇ、ちょっとイケない世界に入ってたみたいです。
 
ニナとままんの関係はぱっと見共依存か?と思ったりもするんだけれどどちらかというとままんが
自立出来ていないのかなぁとちょっと感じたりもしていました。
娘が念願の白鳥に抜擢され、お祝いのケーキを買ってきたままん。
けれどもニナは食欲がないと手をつけるのをためらうんですよね。
普通の親子だったら「あら、どうしたのかしら、心配だわ」ってな展開になると思うのですがこのままんは一味違う。
 
あっという間にキレてあわやケーキはゴミ箱いきになるところです。
この辺からニナの心の闇にはかなりの度合いでままんが関係しているんだろうなという事が感じられます。
 
稽古でも自宅手も追い詰められるだけのニナ。
 
自宅には娘を愛しているんだけれどもそれがいきすぎてしまう、その上実は自分の夢を娘が奪ったと
思ってるんじゃないかと感じさせる母親がいる。
 
バレエ団では欲しても欲してもどうやっても己のものにならない官能的な雰囲気を持つライバルのリリー、
その存在に憧れ、自分も後に続けたらと思い続けるそれこそバレエ団の女王と君臨していたベスの引退。
そして自分がプリマに選ばれた事によりその座をベスから奪ったという現実。
 
四方八方から彼女を攻め立てる毎日にバレエという幻想的な世界に身を置きながら、己の精神維持が危うくなる
ニナ。
徐々にままんとの関係にも影が写り込み始める。
 
そう、やはり愛情と憎悪は紙一重でございますな。
ままんは自分の夢をニナを妊娠するという現実で諦めなければならなくなり、その夢を娘に託す。
託すんだけれども自分以上の存在に登りつめようとしている娘を嬉しく思う反面、この子だけが何故?的な
発想が言葉の端々に見え隠れする。
 
でもね、愛情あるのも伝わるんですよ。
不器用で痛く切ない愛情。
 
もちろんニナだって可哀想で臆病なだけの少女では決してなく。
 
プリマに選ばれなかった事に不満(疑問?)を持ち、トーマスのところへ行く時には普段つけない口紅で
唇を彩る。
 
この口紅にも意味があるんですよね。
この辺りも観ている側をとらえて離さない、魅力に溢れています。
 
 
少しずつ母親との関係にひびが入り始め、母親の存在が疎ましくさえ思えてくるニナ。
 
これまで二人三脚で生きてきたであろうママンにはどうしたらいいかわからん辛い現実でしょうね。
 
明日はいよいよ本番という夜に自分を見失ったニナを当日は起こすことなく家に閉じ込めようとする。
 
そうかー、そこで守ろうとするのか。
でもさ。
これってプリマになれなかった自分の腹いせが若干入っていたりしない?と思う私は汚れすぎてますでしょうか。
 
母親と決定的な離別を果たし(?)いざ本番。
 
今まで手に入れたくても決して自分のものにならなかった官能的な世界を見事に演じるリリーが
ニナの代役を演じる為に準備をしている。
 
あぁ、あぁもうもう。(またか)
 
こっからはナタリー・ポートマンの独壇場ですよ。
 
白鳥を演じながら楽屋での事件に恐怖し身が入らず失態を演じてしまう。
それでも今までのニナとの違いはその失態を相手役のせいだと言い切るところ。
今までだったらうじうじするだけだったのに、この辺りから彼女の内側の変化が如実に表れてきますな。
あぁゾクゾクするっす。
 
そしてこれまで自分を苦しめるだけ苦しめてきた黒鳥の演技。
ここはもう圧巻です。
本当に同一人物なのか、今自分が観ている物が実は物凄いものなのではないかという背筋が寒くなる様な
興奮が観ている側を包み込みます。
 
楽屋での出来事が現実ではなかったと知ったときにニナが少しだけ見せる安堵の表情が切ないです。
だってそのあとには違った意味で絶望的な現実が待っているのですから。
 
 
やはり鉄壁の鳥籠から外へ出るには無傷ではいられないのですな。
痛みも悲しみも絶望も、全てがついてきてしまう。
 
ただ彼女が飛び立つ方法としてあれしかなかったのか。
それを考えると胸が痛みます。
 
 
星は
★★★★☆
でしょうか。
 
闇へと向かって走る続けるしかない人間の悲しさ、空しさなどがゾクゾクする様な快感と興奮とともに
こちらを最初から最後まで魅了する極上な大人の為の作品だと思います。
 
 ただセリフも演出もかなりエロチックなので苦手な人にはきついかも。
でもあれはやはりニナが手にしたいと思い追い続けた官能の世界として必要な事なのかなぁと思ったりもします。

閉じる コメント(20)

これは劇場で観ます♪
ナタリーの演技が楽しみ!!

2011/5/23(月) 午後 8:13 れじみ

アカデミショー主演女優賞に偽りのない極上な作品でしたね!
コメ&TBありがとうございました。

2011/5/23(月) 午後 9:13 [ MA2DA裏BLOG ]

顔アイコン

これ迷ってるの〜〜!
どうしようかな〜。
軽く読んだけど。。面白そう。。


って。読んだんかい〜〜(。-(エ)-。)

2011/5/24(火) 午前 8:24 きみこ

これは秀逸意外何物でもなかったですね。
そそこの親子問題があったんですよね〜プリマに選ばれたのにそれはそれで不満・・・何とも色んな葛藤が・・・
監督ドSさに・・・(笑)
そういう私もなんだか監督が観客を「ひえ〜」って言わせたくてしてるんだろうと思い始めたらみんな怖いって言ってる部分が全然平気でしたが(笑)
これでレオンから脱出!ブラックスワンのナタリーのなれましたね〜TBお願いします。

2011/5/24(火) 午前 11:29 ひかり

アバター

ナタリー・ポートマン、ここ最近観た作品では全裸になったりと、文字通り身体を張った演技が目立ちまして、ついにこの映画で開花しましたね。
あれは「宮廷画家ゴヤは見た」と「ダージリン急行」と併映の短編「ホテル・シュヴァリエ」だったかな。
全裸…(←そればっか)。
僕は結構怖かったですねぇ。並みのホラー映画以上だと思いました。
これは傑作です。

2011/5/24(火) 午後 8:16 出木杉のびた

いろんな意味で せつない辛い作品であったような〜(^_^.)
辛かったのは ウィノナさんと 久々のバーバラさんでしたが、それにしてもナタリーさんの女優根性、30前でバレリーナ特訓とは。

2011/5/25(水) 午前 8:53 たんたん

顔アイコン

れじみさん>これは是非是非!!
ナタリー・ポートマン、凄いですよ〜。
見ごたえたっぷりです!!

2011/5/25(水) 午後 6:17 あこまる

顔アイコン

MA2DAさん>これはナタリー・ポートマンの受賞文句なしの作品でした。
こちらこそトラバありがとうございます!

2011/5/25(水) 午後 6:18 あこまる

顔アイコン

きみこさん>悩んでらっしゃるんでしたら思い切って劇場へ!!
損はしないと思いますよ〜。

2011/5/25(水) 午後 6:19 あこまる

顔アイコン

ひかりさん>バレエ団はなんとなくこんなのもあるかもなぁと思えたのですがやはり親子関係はちょっと・・・ドキドキしちゃいました。
母親がまた不器用で・・・
あ〜、確かに「怖がれ〜」って感じ、受けましたね。
ナタリー、ようやくレオンを卒業ですな。
トラバありがとうございます!

2011/5/25(水) 午後 6:20 あこまる

顔アイコン

のびたさん>子供の頃に印象の強い役を演じるとそれを脱却するのは大変なんでしょうね。
ナタリー・ポートマンはいい作品に出会えたんじゃないかと。
トラバありがとうございます!

2011/5/25(水) 午後 6:22 あこまる

顔アイコン

たんたんさん>はい、女優さんにはちょっとひやひやしちゃいました。
ほんとあの年齢からバレエの特訓、女優魂ですねぇ!
トラバありがとうございます!

2011/5/25(水) 午後 6:23 あこまる

顔アイコン

この本番のときの黒鳥になったニナ、、、目が怖ぁ〜〜い。バレエもすんごいダイナミックになるし、これぞ女優!ですよね。
翼があるようにうっすらと腕の下にCGで翼をつけたり、腕を鳥肌みたいに見せたり、微妙な効果がこれまたニクイですよね。
いやぁ〜〜、、いいモン観たわ。

2011/5/28(土) 午前 0:43 ぢゅんちゃん

顔アイコン

見応えありましたね!母との関係もそうですが見事な人間の奥底の世界を見せてくれました。マイッタ!こちらかももTBお願いします。

2011/5/28(土) 午前 11:11 dance

顔アイコン

ぢゅんちゃん>そう、あの演出は絶妙でしたね。怖かったわぁ。
あれが本物の女優の演技か!と大興奮でした。
ほんといいもん観ましたわ。

2011/5/30(月) 午後 3:43 あこまる

顔アイコン

danceさん>ほんと見ごたえたっぷりであっという間に終わってしまった気がします。
トラバありがとうございました!!

2011/5/30(月) 午後 3:44 あこまる

顔アイコン

もっと話聞いてあげるからそんなに思い詰めないでって想っちゃいましたw怖w

2011/5/31(火) 午前 1:24 miyu76m

顔アイコン

miyu76mさん>そうなのそうなの。
ニナ個人をもっと知っている人が周りにいたらここまで追い詰めなかったのかも、と思うと切なかったですねぇ。

2011/6/7(火) 午後 3:49 あこまる

あのままんは怖かったですね〜^^;
あんな母親、絶対嫌です…。
ナタリーの黒鳥の演技、これはもう鳥肌立ちまくりでした(^▽^)/
それはもうオスカー受賞も当然ですね!!

TBお願いします!!

2011/8/5(金) 午前 5:49 れじみ

顔アイコン

れじみさん>ままんももうちょっと器用ならよかったのかもしれないですねぇ。愛はたっぷりあると思うんです。
ほんと黒鳥の演技は圧巻でしたね!!
トラバありがとうございます。

2011/8/5(金) 午後 10:20 あこまる

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事