主婦だって楽しみはそこかしこに!

こちらの意図と反するコメントなどは独断で削除させていただきます。ごめんちゃい。。

全体表示

[ リスト ]

さて新しい年になって半月になろうとしております。
寝っぱなしの日々を過ごすなど既にやる気のなさに満ち満ちておりますが、そろそろ映画館へ出掛けようと
思いまして。
 
それには昨年観た作品の感想を書かない事には始まらない!と妙な律儀さを発揮しております。
あぁ面倒な性格。
 
とはいえやはり書いておいた方が気持ちも穏やかだからね。
新しい年も変わらずまとめての感想になりますがよろしければお付き合いください。
つーかあまりにも前過ぎてきっと一筆分みたいになっちゃうと思うんだけれども。
 
 
 
「ハードロマンチッカー」
 
イメージ 1
 
 
下関に生まれ、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を
無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたりするフリーターのグー(松田翔太)。
ある日、後輩の辰(永山絢斗)とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、
それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走するが……。
 
これはダーリンの部下さんに頂いた株主優待券で観ました。
あぁもうそんな前か。
 
いやーバイオレンスでしたよ。
右も左も前も後も、どっから観てもバイオレンス一色。
小気味いい位のバイオレンスでした。
 
グーの内に秘められた乾きと熱さのバランスみたいなものが凄くよかったですね。
その真ん中のまっすぐさを他人との距離に反映できない、そんな感じを受けました。
 
しかしここまでバイオレンスだといっそ最後までいい話エッセンスなしで走りきって頂きたいと思うのが人の常。
そこをしっかり押さえてくれていたので最初から最後まで楽しめ(?)ました。
 
翔太君は汚れた顔でも美しいですなぁ。
血だらけになればなるほどセクシーってあら素敵。
 
そうそう渡部篤郎さんのスーツ姿に身悶えたのは言うまでもありません。
相変わらず私のスーツのツボ突きまくりだっつーの。
 
 
星は
★★★☆☆
ヒーローショーの様ななんだよこれな嫌悪感はなく、でも息もできないほどの衝撃はなく。
ほどほどな感じでした。
 
 
「1911」
 
イメージ 2
 
1911年、中国は欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は衰退する一方だったが、
業(ごう)を煮やした民衆たちが立ち上がる。
革命軍を束ねる孫文の参謀・黄興(ジャッキー・チェン)は一気に総督府に攻め込むが、
情報が漏れていたため失敗に終わる。この戦いで多くの尊い命が奪われ、敗残兵となった彼らは
次第に戦意を失っていき……。
 
 
これも株主優待券で観賞。
しかしだね。
渋谷の朝一の回を観賞すべく、自宅を早くに出たあたくし。
 
静かな場面に重苦しい雰囲気。
当たり前だが劇場内は静かで。
 
 
ごめん、ジャッキー。
ちょっと寝た。
 
またセリフ用の字幕と内容用(っていうの?)の字幕の2種類が下部と右横に出るので、それを読むだけで
かなり疲れる。
えぇ、字幕苦手じゃないけれどさ。
出来ればきっちりセリフを把握したいのさ。
 
どうりで色んな劇場で吹き替え版が上映される訳だわね。
 
てな訳でジャッキーですが感想、書けませぬ。
史実に忠実なんだろうし丁寧に作られてるとも思うんです。
もちろん興味深い内容でもあるんだけれど。
説明的な部分ばかりが目立ってしまい、映画の良さであるスケール感を感じられなかったのが個人的には残念。
でもきっとこれって中国の人が見たらテンション上がるんでしょうね。
 
全ては私の眠気が悪いという事でお許しください。
なもんで星はなしでよろしくです。とほほ。
 
 
「コンティジョン」
 
イメージ 3
 
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と
密会していたが、せきと熱の症状が出始める。
同じころ香港、ロンドン、東京で似たような症状で亡くなる人が続出。
フリージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)は、伝染病ではないかと考え始め……。
 
いやー、リアルでしたねぇ。
観ていて「こわ・・」と背筋が寒くなりましたよ。
 
パニック映画にありがちなのっけから「ぎゃっふー」的なドタバタがある訳じゃなく。
ちょっとずつ、それでも確実に異変は広がっていて。
そこかしこで人が死んでいくのですがそれがあまりにもパタパタなので余計に怖さが増す。
 
いやー、現実の世界でもこんな事あったりするんじゃないの〜と疑問視してしまいましたよ。
またねジュード・ロウがおバカでねぇ。
久しぶりにお前いい加減せーよ!とこぶしを握りしめちゃうところでした。
 
ラスト、全ての元凶が明かされエンドロールに。
うっはー。
いやはやいつ自分の身に降りかかってもおかしくないんじゃないのと思わせる臨場感はたまりませんでした。
いわゆるシネコンで上映するパニック映画を想像して観るとちょっと拍子抜けするかも。
でも個人的には好きです。
 
 
 
ただね。
観る前にランチをたらふく食っちゃった私。
大好きなマットを目の前にうつらうつら。
ジュード・ロウの悪目立ちのお陰で覚醒出来ました。ありがとう。
 
星は
★★★★☆
3.5ってところでしょうか。
 
 
 
「リアル・スティール」
 
イメージ 4
 
かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、
ただ自分の夢だけに没頭してきた。
だが、西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。
ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして生活していた彼の前に、
母を亡くした息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。
 
あー、なんて楽しい作品なんでしょう。
久々に最初から最後まで大興奮させて頂きました。
 
ダメ父にちょっとおたっきーな感じだけれどもよく出来た息子。
二人の間の時間と距離を埋めてくれたのはロボット。
それもかなり古め、しかもスパーリング用。
 
全てのお楽しみ要素がぎっちりでそこかしこに埋め尽くされているので退屈なんてしてる暇ありませんでしたよ。
 
何よりもヒュー・ジャックマンがコスプレしてないのよ〜。←やっぱりそこかい。
それに息子のダコタ君のキュートさ、ありゃなんだ。
凶器だろう。
母性本能が皆無と言われている私ですらきゅんきゅんしちゃいましたよ。
 
物語も至極単純、でも浅い訳じゃなく濃密にこちらを絡め取る。
 
ラストではヒュー様と一緒に横っ跳びしたい位に興奮している私がおりました。
こりゃー、文句なくお薦めですわ。
 
星は
★★★★☆
でしょうか。
ダコタ君、まっすぐ伸びて―。
 
 
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
 
イメージ 5
 
 
ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。
アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。
イーサンと仲間は組織から登録を消されるも、新たなミッションを言い渡される。
真犯人への接近を図るイーサンは、世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファの高層階へ外部からの侵入
にチャレンジするが……。
 
俺様トム様の代表作となったミッション:インポッシブル。
早くもシリーズ4となりましたね。
今回もカッコいいだろ俺、イ―サンな感じなのかと思いきや。
 
素敵だ・・・。
素敵過ぎるよイ―サン。
 
こんなにトム様に熱い視線を送る自分がいるとは思いもしませんでした。
 
今までのようにあくまでもカッコよくスマートに物事を進めたいイ―サン。
でもね、それを許してくれないのよ。
誰がって?
それが頼れるはずの仲間だっつーから面白くない訳がない。
 
そう、イ―サン以外の仲間がまぁおまぬけ、もしくはずっこけで。
どうしてこれがスパイになれちゃったのよから感情で突っ走っちゃうタイプに、一見クールに見えても実は
イレギュラーな事に弱いタイプとか。
 
もう彼らが今までのお高くとまった(言いすぎだ)イ―サンの仮面をはがしてくださいましたよ。
 
これは出来れば映画館でご覧になって頂きたい作品ですね。
ドバイでのトム様の大活躍は素晴らしいです。
映画というよりアトラクションを見ている感じで大興奮です。
予告やCMではいかにもイ―サンがスマートに事を運ばせているかの様に映っていますが、
今回はいい意味で裏切られますよ。
 
言葉を発する事も出来ずただ頷くだけのイ―サンもなかなか見物ですぞ。
これは昨年のラスト観賞に選んでよかったと素直に思えました。
 
星は
★★★★☆
ですね。
個人的には今後もこの手のトム様をたくさん見たいのでよろしくどーぞー。

閉じる コメント(40)

顔アイコン

anbelnさん>まぁそんな風に仰って頂けると図々しく調子に乗ってしまいますわよ♪
コンティジョンは確か私は12月1日に観た・・・と思います。(あやふやかい)

2012/1/17(火) 午前 11:59 あこまる

顔アイコン

なみぺーさん>あ〜、リアルスティールは出来れば劇場でご覧いただきたかったですね〜。ジャッキーは私も寝ちゃったのでもう一度見直さねばと思っています。
こちらこそ今年もなみぺーさんの感想楽しみにしております!!

2012/1/17(火) 午後 0:01 あこまる

顔アイコン

ちゃーちゃん♪さん>トム様は〆にふさわしかったですね!
トラバありがとうございます〜。

2012/1/17(火) 午後 0:07 あこまる

顔アイコン

ひかりさん>確かに下の3本は鉄板に近いものがありましたね。
バイオレンス、どうぞご覧になってくださいまし。
恋の罪は見逃しましたがいずれは是非「冷たい熱帯魚」について語り合いましょうぞ!!

2012/1/17(火) 午後 0:08 あこまる

顔アイコン

かずさん>トム走り後の吹っ飛ばされには笑わせて頂きました❤

2012/1/17(火) 午後 0:09 あこまる

顔アイコン

るぃさん>はい、ハードロマンチッカーなだけにハードでした。げへへ。
お待ちしてます〜。

2012/1/17(火) 午後 0:09 あこまる

顔アイコン

Magoさん>コンティジョンはなかなか面白いですよ。
DVDになったら是非!
トラバありがとうございます♪

2012/1/17(火) 午後 0:10 あこまる

顔アイコン

リリィさん>はい、簡素にまとめちゃいました。今年はもっとマメになろう(まだ言うか)
株主優待券素敵ですよねぇ・・・私も自分のを入手したいです。
ダコタ君今後が楽しみでもあり心配でもありとなかなか悩ましい存在ですね。

2012/1/17(火) 午後 0:13 あこまる

顔アイコン

HIROさん>いやいや何とも頼もしい娘ちゃまですよ!将来が楽しみですわ。
ワイルドセブン私も見られなさそうなのでレンタルを待ちます!!

2012/1/17(火) 午後 0:18 あこまる

顔アイコン

ルゥさん>私も最後の試合の場面では大興奮で身体が動きそうでした。うはは。
翔太君カッコよかったですね〜。アフロ田中がこれまた楽しみです★

2012/1/17(火) 午後 0:20 あこまる

最近映画から遠ざかってる私。。

あれも見たいこれも見たいと思ってるうちに
どんどん終わってしまいます ガクッ(泣)

いまは評判の「リアル・スティール」「ミッション:インポッシブル」が目標です
見れるのか?見たいな〜 ぽち

2012/1/18(水) 午前 1:05 [ チョコ ]

顔アイコン

チョコさん>私もようやく劇場観賞を復活させました。
わかります、観てないのに終わっていく作品たち・・・切ないわぁ。
トム様は観ても損はないです。というか劇場で観ないと面白くないかもですぞ。ぐふふ。

2012/1/18(水) 午後 10:02 あこまる

旅行時、機内で「リアル・スティール」見ました。ダコタくんは理想の息子って感じだったなぁ。

2012/1/20(金) 午前 1:12 [ - ]

顔アイコン

ひらりさん>おぉ、飛行機でご覧になったのですか!
ほんとダコタ君は素晴らしかったですよねぇ・・・あんな友達の息子が欲しい・・・。←自分のじゃないんだ。

2012/1/20(金) 午前 9:50 あこまる

顔アイコン

まとめちゃいましたねぇ〜(笑)気持ち分かる分かる(笑)
イーサンにぞっこんでコイデイションでうつらうつらになってリアルスティールで大興奮!ですね。よく理解出来ました(笑)最初の2つは見てません。パスしとこ(笑)TBお願いします。

2012/1/20(金) 午後 0:48 dance

顔アイコン

danceさん>はい、最近まとめる事に抵抗を感じなくなってきました。ぐほほ。
まさにその通り!さすがはdanceさん、ご理解が早くて嬉しい限りです。←何さまだ。
トラバありがとうございます〜。

2012/1/21(土) 午後 0:30 あこまる

今までのイーサンとは違う一面が見れましたね♪
仲間との連係プレーも面白かったし、やっぱりアクションは凄いです!!
ドバイでのシーンは面白かったですね〜〜^^

TBお願いします!!

2012/2/11(土) 午前 6:24 れじみ

リアルスティール感動でした。マックス君が可愛かったぁ〜
TBさせてくださいね♪

2012/5/23(水) 午前 9:52 るぃ

ハードロマンチッカーでもTBしていきますねぇ〜

2012/5/23(水) 午前 10:14 るぃ

ミッション:インポッシブルでTBさせてくださいね。

2012/6/6(水) 午後 5:45 るぃ

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事