今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

天体戦士サンレッド

【ジャンル】ギャグ ヒーローアクション(のパロディ) 現代世相 川崎市溝ノ口界隈ネタ 料理レシピ(笑)
【話数】第1期 全26話(2008/10〜2009/3)、現在第2期放送中(2009/10〜)
【原作】漫画(既刊9巻 2004〜) 8巻まで読みました。10巻も近々でるそう。
【ギャグ/シリアス度】ギャグ8:シリアス2 というか、本当はほぼ全部ギャグですけど、人生の哀感感じさせるペーソスものも多いのでややシリアス度を上げてみました(笑)。
【マニアック度(S/A/B)】S ヒーローものの陰部(?)にスポットを当ててます(笑)。
【ドラマチック度(S/A/B)】B コネタの積み重ね。ほぼ全くドラマ性はないかと。
【総合満足度(S/A/B)】S 面白いす。
【お薦め度(S/A/B)】A 真面目な方(特にヒーローものを純粋に愛する方)にはとてもお薦めできないす。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
神奈川県川崎市(の溝ノ口界隈)で繰り広げられる善と悪との壮絶な、もう一度重ねて言おう、『壮絶』な戦いのドラマである…。

って、事になってるのですが…。確かに、OPだけ観るとそういう雰囲気ですね。しかして、その実態は…。
確かに、主人公(?)サンレッドは強い! でも、目茶滅茶自分勝手で生活力もなく、普段は恋人のヒモとしてパチンコに明け暮れる日々。それに対して、世界征服を企んでいるはずの「悪の組織」フロシャイム側は、幹部ヴァンプ将軍を始めとして(一部を除き)すっかり地域社会に溶け込み、健全な活動(?)を行ってます。でも、決して彼らも弱い訳ではないのですが、サンレッドが強すぎて、はなから相手にもされず連戦連敗。

不気味な怪人達の方が正義の味方よりもよっぽど普通の人に見えてきて肩を持ちたくなってきます。特に、カリスマ主夫と化しているヴァンプ将軍は、サンレッドを差し置いて、この作品の真の主人公なんじゃないかというくらい感情移入してしまいます。

膨大な怪人キャラが登場しますが、中でもぬいぐるみ型怪人のアニマルソルジャーズは可愛くて花丸推薦です(笑)。特にうさぎ型のウサコッツ、大好き。自分のPCの壁紙にしてます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事