全体表示

[ リスト ]

キャシャーン Sins

【ジャンル】バトルアクション 生とは?死とは?不死とは? SF ロボット
【話数】全24話(2008/10〜2009/3)
【原作】アニメオリジナル (昔の「新造人間キャシャーン」へのオマージュ…かな)
【ギャグ/シリアス度】ギャグ0:シリアス10 このブログとして初めてシリアス度100%と判定します(^^;。真っ暗なお話しです。ギャグのかけらも見いだせないです…。
【マニアック度(S/A/B)】A 昔のキャシャーンとは全然別の話ですが、知ってるとそれなりに面白い…かも。
【ドラマチック度(S/A/B)】A 最後の方はともかくとして、極度に盛り上がるとか盛り下がるはあんまりないような気がするのですが、毎回一定して程々にドラマチック。
【総合満足度(S/A/B)】B 私にはちょっと重すぎるかも…。あんまり繰り返しては観る気になれないです。(裏を返すと、一度観るだけでもとてもインパクトがあります。)
【お薦め度(S/A/B)】B メチャメチャ真面目な話です。「生きる意味」とか真剣に考えるきっかけになりそうです。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
記憶を失い、荒れ地をさまようキャシャーンをロボット達が襲う。戦いの中で、キャシャーンは自らが犯した『罪』の事を徐々に知っていく。が、それは本当に『罪』なのか…?

原典(?)の往年の「新造人間キャシャーン」も、当時としては(?)相当に暗くて重くて真面目な話だったんじゃないかと思うんですが、この作品から見れば能天気に明るい話に思える…くらいに重苦しい作品ですね、これは。だから、普通の私の嗜好からすると早々に切ってしまいそうなんですが、それでも最後まで観てしまったのは、がっちりとした芯の通った仕上がりになっていたからでしょうか? 特別に観て満足したという訳でもないのですが、何か言葉にできない不思議な魅力というか雰囲気のある作品ではあります。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

そんなにヘビーなお話なんですね(^^;
キャシャーン自体観た記憶はないのですが
くあい様の紹介コメントがうまいせいか
記憶を失った状態で戦いに巻きこまれていくキャシャーンが
徐々に解きほどかれていく記憶と過去の罪(?)にどう対峙していくのか、など惹かれる展開が気になりますね〜♪

2010/2/5(金) 午後 0:32 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。

ヘビーですけど、見応えは確かにありますね。
こういう作品も出てくるというのは、アニメの幅の広さというか、奥の深さをしみじみと感じます。

2010/2/6(土) 午前 11:33 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事