全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】推理、名探偵(タイトルそのままだなあ)、『本格』ミステリ、1930年代のイギリスの風俗、少女の成長ドラマ
【話数】全39話(2004/7〜2005/5) 昨日までBS hiで再放送してました。
【原作】小説(アガサ・クリスティのポアロとマープルものの長編及び短編小説)
【ギャグ/シリアス度】ギャグ2:シリアス8 というか、あんまりお笑い的な要素はないのですが、ミステリにしては暗い要素もあんまり感じないのでこんなものかと。
【マニアック度(S/A/B)】B 特別に詳しくないので何とも言えないのですが、特別に凝ってるようにも感じなかったのですが。
【ドラマチック度(S/A/B)】B 原作が立派なのでそこそこ面白いのですが、まあ想定の範囲内というか。
【総合満足度(S/A/B)】B 続けてみてるとそれなりに面白いです。時代考証や風俗の描写はうならされるものが多かったです。しばしば出てくる汽車の描写も本格的だったと思います。
【お薦め度(S/A/B)】B いかにも『NHK』のアニメですという雰囲気が滲み出てる作品かもしれません。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
女子校に通っていた16歳の少女メイベル。自分らしい生活を求め、女子校を止め私立探偵エルキュール・ポアロの助手として働くことに。大叔母に市井の探偵ミス・マープルを持つメイベルは、二人の名探偵の元を行き来しながら様々な事件に関わり人間的にも成長していく…。

原作では、この二人の名探偵が直接的な関わり合いを持つことはなく、このアニメでも二人が接触することは全くないのですが、オリジナルキャラクターであるメイベルを介して、ストーリーが展開します。

非常に抑制的で、よく言えば理知的、悪く言えばパンチにかける作品という印象ではあります。が、まあ、丁寧には作られてるのできちんと観てればそれなりに面白くはあります。

声優さん的には、ポアロとマープルを始めとして かなりアニメ的ではなかったかも知れませんね。
メイベル役の折笠さんは好きなんですけど、(勝手ながら)あたしンちの『みかん』がどうしてもついて廻ってしまって(^^;。

なお、原作のチョイスとしては、『ABC殺人事件』と『雲の中の死』以外は実は知らない作品が多かったです。ポアロの作品というと、やはり『アクロイド殺人事件』、『オリエント急行殺人事件』、そして最後の『カーテン』あたりが最高水準なんじゃないかと勝手に感じてます。犯人の意外性から言うと、この3作で、考えられうる推理小説パターンの極限をほぼ究めてしまってると思いますけど…。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

なるほど〜!
刺激的な面白さは少ないとはいえ
質の高い名作といった感じがうかがえますね〜☆

横道に逸れて恐縮ですが
探偵アニメといえば
名探偵ホームズとかが好きでしたね〜

2010/2/11(木) 午後 0:42 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

いわゆる『アニメ』好きな層にはちょっと馴染みにくい面があったような気もしないでもないのですが、かなり手間隙はかけてる感じはしました。

ああ、ホームズですか、なるほど。かなり雰囲気が違いますけど、あれも面白いですよね。OPがとても好きです。

2010/2/12(金) 午前 9:02 くあい 返信する

顔アイコン

放送していた時は楽しく見ていたのですが、実はあまり印象に残っていなかったりします。
言われて見ると、私も原作を読んだことのあるエピソードが「ABC」しか無かったです(苦笑)
ゲスト声優さんに関しては、まぁ……ごにょごにょ。

そして私もホームズ好きです♪ と付け加えてみます(笑)

2010/2/12(金) 午後 2:22 かのん 返信する

顔アイコン

私も観たそばから忘れてたみたいで、hiでの再放送は、初めて観たかのように観れました(笑)。

ホームズは、良いですよね、確かに。
ポアロも、狸かなんかにしてアニメにしたら面白かったりして…(著作権者の許可を得るのが絶望的に難しいとは思いますけど)

2010/2/12(金) 午後 4:08 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事