全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】純愛、時代劇、SF(?)、ギャグ
【話数】この話は1話のみ、ただし映画は公開済17作 18作目も準備中。この作品は映画第10作2002年公開。
【原作】漫画…ですが、アニメ、特に映画は独自なものと思った方が良いようですね。
【ギャグ/シリアス度】5:5 どちらかというと、シリアス度が勝った作品のように感じます。
【マニアック度(S/A/B)】A 並の時代劇をはるかに超えた緻密な歴史考証が感涙ものです。
【ドラマチック度(S/A/B)】S 「子供を劇場に連れていった大人が泣く」映画。はい、確かにその通りです。
【総合満足度(S/A/B)】A 傑作ですね。クレしんは実はアニメ(TV)も漫画もあんまり馴染みがないのですが、映画は見応えがあります。特にこの作品は好きです。
【お薦め度(S/A/B)】A 逆説的ですけど、あんまり気軽には観ない方がいいですね。そこそこ覚悟して観た方が良いかも。
【関連リンク】Yahoo!映画/Wikipedia
【コメント】
しんのすけ一家は、ある夜みな、昔の美しい姫君の夢を見る。その翌日、しんのすけはひょんな事でタイムスリップして戦国時代の真っ只中へ。そこで偶然、とある侍の命を救うことになるが…。

この映画、先日 実写化されてましたね。(漫画からじゃなくて)アニメの作品が原作となって実写化されるというのも珍しいように思うのですが、確かにとても元々良い意味で『映画』的な要素がクレしん映画でもひときわ強い作品かも知れません。

クレしん作品は、上にも書きましたけど、TVも漫画もあんまり見ることなかったのですが、CSを入れてから、テレ朝チャンネルで毎月1〜2本ずつ放送してくれるのをなんとなく観てて馴染んできてます。原作者の臼井さんがあのような形で亡くなったのはとてもショッキングで残念でしたが、原作とはやや違った次元で作られている映画は、今後も続けて観ていきたいなあという気がしてます。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

クレヨンしんちゃんは、私の場合もチラホラ観る程度で
詳しくはわからないのですが(^^;
一時期その奔放なしんちゃんの言動は
ちょっとした社会問題みたいにもなりましたよね♪
その辺の背景もあって劇場版などは大人でも泣けるほど
楽しめるクオリティの高い内容にされているのかもしれませんね☆
リンクのレビューをみてもいい作品みたいですし
なによりくあい様のおススメの内容となると
いつもながら気になります☆
テレビでやらないかなぁ・・・・・・

2010/2/21(日) 午後 3:42 さすらいの感動屋 返信する

これは実際に映画館で観ました
まさかしんちゃんの映画で泣くことになるとは…
オトナ帝国の逆襲も感動しますよね

2010/2/21(日) 午後 6:09 朝霧アサギ@主人公(仮) 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん、

実のところ、映画でも『自然児(?)』しんちゃんの行動は問題になりそうなのもあるんですけど、そんなのが気にならなくなってしまうような深い内容があるという感じかも知れません。

そういえば、先日の実写版公開の前にも、この作品、地上波で放送してたみたいな気がします。クレしん映画中でも名作の誉れの高い作品なので、また放送される機会はあるものと思いますよ。

2010/2/22(月) 午前 8:54 くあい 返信する

顔アイコン

アサギさん、

おお、劇場で観たんですか! 感動も一段と大きかった事でしょうね。
オトナ帝国は、実はまだ観てません(^^;。確か録画はあるはずなので、観てないのは自分の時間の関係のためだけなのですが…。近々観たいと思ってます。

2010/2/22(月) 午前 8:58 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事