今一つはまり切れてないファンのアニメ自評

3年ぶりにインフルエンザにかかりました^^;…

全体表示

[ リスト ]

【ジャンル】終わらない世界、本当の願い、パロディ、よく分からないお話し(^^;…
【話数】この話はこれだけ(1984公開)。映画は全5作+1作あります。
【原作】勿論、漫画が原作ですが、この映画は原作者からは自分と関係ないものであると言われてる事で有名ですね(^^;。
【ギャグ/シリアス度】ギャグ4:シリアス6 TVシリーズや前作の映画等と比べると「ムズカシイ」作品と思われがちですが、ギャグ的なツボもよく押さえてあります。
【マニアック度(S/A/B)】S もしかしたら「マニア」向けな作品の走りの一つ?
【ドラマチック度(S/A/B)】S 初めて観た時はとても衝撃的な作品でした。
【総合満足度(S/A/B)】S うる星やつら(アニメ)全般については、今となっては昔ほどは自分の中での興味は高くなくなってるんですが、この作品は今でも別格です。
【お薦め度(S/A/B)】A いわゆる「うる星やつら」とは違う、やや敷居の高い作品である事は認めます…。合わない人には合わないんでしょうねえ。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
学園祭を翌日に控えた友引高校。準備の捗らないあたるやラムたちの2年4組。今日も徹夜で泊り込んで準備をするが翌朝になると…

うる星やつらのTVシリーズはよく知ってましたがが、この映画の事はあんまりよく知らずに殆ど白紙の状態で映画館(アニメ映画ばかり集めたオールナイト上映)で突然観たのですが、もう心底驚きましたね。こんなとんでもないものがアニメ映画、しかも基本的にノリの軽いラブコメであるうる星やつらをベースにして作ってしまえるなんてと。

冒頭からしてびっくりです。一体何が始まったのか、全然分かんないですよね、あれ。でも、極めて衝撃的な始まり方だったと思います。そういえば、映画のタイトルが最後の最後まで出ないんですよね。それも不思議な感じがしました。

押井監督は、この作品などで「訳の分からない作品を作る」との評価を受けてしばらく干される事になったとも聞きますけど、う〜ん、確かに時代を先取りし過ぎてたかも知れませんね。でも、アニメ映画としては一つの金字塔と言ってもよい傑作なんじゃないかと今でも思いますね。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ビューティフル・ドリーマー!
いやはやまったく、初めて劇場で観た時には
本当に衝撃を受けましたね〜!
何せいつものあのノリをもとめて観にいってみれば・・・・・・
まさにうる星やつらとは思えない展開!
ビックリしました(^^;

そして、いまビックリ!
この作品、押井監督の作品なんでか!?
全然知りませんでした(^^;
でもそういわれてみれば納得できる内容ですね。
なんか長年の違和感がスッと解けた感じです!

余談ですが、個人的に劇場版では
<戦国魔神ゴーショーグン 時のエトランゼ>も
衝撃を受けた作品だったりします(^^;

2010/2/26(金) 午後 0:28 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

こんばんは。
ビューティフルドリーマーはいい映画でしたね。
不思議な世界感で、何回も繰り返し見れる作品です。

2010/2/26(金) 午後 7:01 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん

やはり、ご覧になってましたか。これはほんとに(良い意味で)驚かされる作品ですよね。特に、劇場で観ると印象が更に強いと思います。

そう、押井監督作なんですよ〜。押井守という名前を初めて意識した作品でした。(最初の映画も押井作品ではあるんですけどね、あんまり独自色はでてませんでしたから)

ゴーショーグンは名前ぐらいしかしらなかったのですが、見る機会があったら気をつけてみます。

2010/2/26(金) 午後 11:03 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さんもご存じでしたか。いい映画ですよね。何回も見れる、というか何回も観たくなる作品ですね。見るたびにいろいろと発見することがあるように思います。

2010/2/26(金) 午後 11:04 くあい 返信する

顔アイコン

あどーも、もとよしです。(^ァ^)

ビューティフル・ドリーマー。
私も、封切りの時ではないですけれど、上野かどこかの映画館で見ました。

その頃はまだ押井守って存在を知らず、TV同様、ラムちゃんの映画版のつもりで見に行ったもので、鑑賞しての衝撃は推して知るべし、です。(笑)
また、みてみたくなって来ましたね。(^ァ^)

2010/2/27(土) 午前 9:22 [ もとよし ] 返信する

顔アイコン

もとよしさん、わざわざお出で頂きありがとうございます。
もし気に入って頂けたら、今後も覗いてみてください。

私も観たのは封切りの時ではなかったです。やはり、普通にうる星の映画(前作の事はなんとなく知ってた)を観る程度のつもりだったのでかなり衝撃的でしたね。同じ思いをした方、結構多いんですね(^o^)

2010/2/28(日) 午後 1:47 くあい 返信する

ビューティフルドリーマーのレビューをわたしは、しっかりと書いたことがありませんが、

みなさん の コメントどおり、何回でも観ちゃいます。
貧乏パパは、LDでしか所有しておりませんが 留美子ファンには、
ある意味 申し訳ナイですが、原作をイジリ倒した 押井 守 監督の勝ちです。

おかげさまで、いまだに カメの背中に乗ったままの人生ですよ。

2010/4/22(木) 午前 10:10 [ LDV ] 返信する

顔アイコン

この作品は完全に独立した世界を作り出していて、決して誰にも止められませんね(笑)。仰られる通り、作っちゃったもん勝ちだし、アニメ化作品はそういうもんだと思います。(逆に悲惨な結果になる例もありますけど…)

ちなみに、何故かこの作品(のカメ)の事を考えると、奥華子さんの歌(自由のカメ)を思い出してしまいます。勿論、この作品には全く関係はないのですが(苦笑)。

2010/4/22(木) 午後 1:54 くあい 返信する

くあいさん しつこくて ごめんなさいね。

気になって、ハナちゃん 自由のカメを聴きました。

本当だぁ〜 うる星と ちっとも関係なかったです。(爆)
もしなれるなら、カメになって長生きしちゃおぉ〜ってコトね。

2010/4/22(木) 午後 9:07 [ LDV ] 返信する

顔アイコン

LDVさん
こういうしつこいのは大歓迎です(笑)。ご遠慮なく絡んでくださいませ。

奥華子さんはカメが好き(?)みたいで、確か自分がパーソナリティをやってる千葉ローカルのラジオ番組もカメの名前が付いた番組だったような気がします。(トライしましたが、うちからは聴けませんでした(^^; )

2010/4/23(金) 午前 9:14 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事