全体表示

[ リスト ]

猫の恩返し

【ジャンル】猫、余計なお世話、ファンタジー、冒険
【話数】全1話(映画) 2002年公開
【原作】漫画
【ギャグ/シリアス度】7:3 ほぼ全編コメディ色のやや強い雰囲気
【マニアック度(S/A/B)】A 耳すまのスピンアウト(?)
【ドラマチック度(S/A/B)】A 型通りと言えばその通りですが。
【総合満足度(S/A/B)】A 初めて観た時は「えっ? それだけ?」みたいな印象を持ったのですが(短いし…)、過度に期待を込めないで観れば結構面白いです。ウクレレの入った主題歌が特に好き。
【お薦め度(S/A/B)】B ファンタジーが好きな方にはお薦め。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia/「耳をすませば」について書いた記事
【コメント】
ややぐうたらな普通の女子高生ハルはある朝 車に轢かれそうになった猫を助ける。が、その猫は、実は猫の国の王子だったため、様々なお礼を猫たちにされるが、どれもこれもありがた迷惑なものばかり。挙げ句の果て、猫の国に連れて行かれてしまうが…。

「耳をすませば」の主人公 雫が書いた物語という位置づけのお話しだそうで(ただし、この映画の中ではもちろん何にもそんなこと言われてませんけど)、バロンやムタと言った猫が共通キャラになってますが…。全く異なる雰囲気のお話しですね。耳すまのようなものを求めて観ると全く肩すかしになってしまうような気もします。

が、ファンタジーと思って気楽に観るとそれなりに楽しめます。あんまり深みのある話じゃないですけど、ほっと和める作品かと思います。


この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

まさに和める作品ですね♪
やはりファンタジー色が強めですから
好みは分かれるかもしれませんね☆
強烈な面白さというか刺激を求めるのには不向きでしょうが
まったり観るにはいいですね〜
バロン渋いし♪
猫だけどハルが惚れてしまうのもなんだかわかります(^^;

2010/3/2(火) 午前 8:51 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

どんな話だったか、一瞬思い出せませんでした。結局、先に歌を思い出した私って…(笑)

確かに、耳すまとは全然雰囲気が違いますねぇ。初めて見た時は、あれ?って感じだったんですが、2回目に見た時は、まぁまぁだと感じました。(でも結局、2回しか見ていません)
それにしても、ジャンルの「余計なお世話」ってのに吹き出しそうになりました。

2010/3/2(火) 午後 3:36 かのん 返信する

顔アイコン

こんばんは。
正直ファンタジー色が強すぎて、自分的には微妙な感じでした。
バロンは格好いいのですが・・・

2010/3/2(火) 午後 6:51 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん、

そうですね、確かに好みは分かれるかも知れません。私自身も初めて観たときは?と思ったんですけど、もう一度観てみたら結構面白く思えました。バロンはかっこいいですね、ホント。

2010/3/3(水) 午前 8:32 くあい 返信する

顔アイコン

かのんさん

ああ、私も初めて観た時は、内容はともかく歌は結構良いかもという感想でした(苦笑)。今でも主題歌はよく聴いてますよ。

本編は、耳すまに比べると中毒性はかなり落ちるかも知れませんね。

それにしても、「恩返し」というタイトルですけど、実は単なる傍迷惑な話ですよね。

2010/3/3(水) 午前 8:35 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

そうですね、微妙という感想、分かるような気がします。
少なくとも、高度なメッセージ性のあるお話しとは違いますね…。

2010/3/3(水) 午前 8:45 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事