全体表示

[ リスト ]

図書館戦争

【ジャンル】リアル(?)バトル、プロフェッショナルというか体育会系というか、近未来シミュレーション?、…ラブコメ
【話数】全12話(2008/4〜6)、ただし未放映の13話あり。
【原作】小説 全4巻+別冊2巻、読みました。
【ギャグ/シリアス度】3:7 笑える部分もありますが、結構シリアスな雰囲気が目立つかな。
【マニアック度(S/A/B)】B ディテールの書き込み、情報の盛り込みはなかなか。
【ドラマチック度(S/A/B)】B 1クールで程々によくまとまってます。
【総合満足度(S/A/B)】A 本を巡って武力で戦うという…生ぬるい現実からは想像できない状況にすんなり入り込めてしまいますね、不思議と。
【お薦め度(S/A/B)】B アニメも良いのですが、原作がとても良いので、是非合わせて読んでほしいと。
【関連リンク】公式HP/Wikipedia
【コメント】
「人権」を守るためと称して、あらゆる本が合法的に検閲される事になった日本。国民の知る権利を守るため、図書館は、「図書隊」を編成し実力(武力)を持って検閲と戦う。そんな図書隊に とある事情で憧れを持ち入隊した体育会系 某女子を巡る物語…。

=========================================================
『図書館の自由に関する宣言』(抄)※Wikipediaからそのまま引用
図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

第1 図書館は資料収集の自由を有する。
第2 図書館は資料提供の自由を有する。
第3 図書館は利用者の秘密を守る。
第4 図書館はすべての検閲に反対する。
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。
=========================================================
↑これ、本当に図書館に貼ってあるんですよね。うちの近所の図書館にも貼ってありました。これをモチーフとしてこの作品の原作が書かれたそうですけど、図書館というのは、実はとても高い使命を持った組織だったんですねえ。


というのはさておき、このアニメ、ラブコメ成分がかなり高いながらも、舞台設定はとてもシリアス(場合によっては命に関わる)という、かなり不思議なお話しですね。冷静に考えると「あり得ない〜!」と思うのですが、なんとなく納得させられてしまう背景の細かな描き込みがスゴイです。(これは、原作がスゴイのかも知れませんが)
エンターテインメントなお話しではあるのですが、「何でも自由に読んだり観たりでき、好きな事をブログに書ける」という現実の今の日本の状況が、必ずしも当たり前ではないのだという事も気づかせてくれる深いお話しでもあります。

原作では、聴覚障害者を巡るエピソードも取り上げられていて、これもかなり考えさせられるのですが、TVアニメ化ではその辺はさすがに落とされてますね。TVで放送されなかった13話は、その辺のお話しとも聴いてますが(13話だけ未見です)。


この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

図書館戦争はテレビで1話を軽く流してみましたが
レンタルでじっくり観ようと思って
まだ観れていない作品です(^^;

どちらかというと原作の方がオススメなんですね♪
それにしても図書館の張り紙についての記載など
色々と興味深い記事で
いつもながら非常に参考になりました☆
ポチ♪

2010/3/4(木) 午後 0:23 さすらいの感動屋 返信する

顔アイコン

昨年、CSで放送されていたのを録画し、ほぼ一気に見ました。
最初、「なんだかとんでもない設定だからついていけるかな?」と少々不安に思ったのですが、案外あっさりと作品の世界に入れましたし、改めて振り返ってみても、面白い話だったと思います。
だけど、未放送の13話があったとは知りませんでした。ぜひ見てみたいですね。そしてお薦めだという原作も、いつかは……。

2010/3/4(木) 午後 8:41 かのん 返信する

顔アイコン

こんばんは。
ノイタミナ枠で見ましたが、本当に面白かったです。
時代が進んだら、本当にありそうな設定にも惹かれました。

2010/3/4(木) 午後 10:46 ハニー先輩 返信する

顔アイコン

さすらいの感動屋さん、

そうですね。じっくりとご覧になった方が良い作品だと思います。レンタルだと多分13話も観られるんじゃないですかね。

原作は分厚い本で6冊もあるので、さすがに1クールのアニメでは取りこぼしが多いという事でお薦めなんですけど、アニメ単体でもきれいにまとまってはいますので、まずはアニメをご覧になると良いかと思います。(ちなみに、小説の方も、この作家さんの特徴かと思いますけど、極めて写実的ながらとても読みやすい文章です)

2010/3/5(金) 午前 8:19 くあい 返信する

顔アイコン

かのんさん

確かに、物語のおかれてるシチュエーションの話だけ聴くと「あり得ない!」感じがしますよね(笑)。でも、現実の事のようにすんなりと入り込めるのは不思議ですね。やはり、それだけ丁寧に作られてる作品が故なんでしょうね。

原作は、一度読み始めると結構サラサラと読めてしまうのですが、なんせ量が多いので、確かにためらいが出てしまう知れませんね…。

2010/3/5(金) 午前 8:21 くあい 返信する

顔アイコン

ハニー先輩さん

私もノイタミナ枠で観てました。ノイタミナ初の小説原作作品という事で、どんな感じかな?と思ってましたけど、全然違和感はなかったですね。

近い将来、本当にこういう事もあるのかも知れないと思うと、単なる娯楽作品では終わらない感じがします。

2010/3/5(金) 午前 8:24 くあい 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事